2022年今のジャンプが読むものがない?おすすめの看板作品を紹介

少年週刊ジャンプと言えば、週刊誌のマンガでは一番人気がある雑誌だと思います。

ジャンプ作品は、非常に有名な作品も多くてブームになった「鬼滅の刃」もジャンプで連載してました。

今回は、2022年連載中のジャンプ作品でおすすめ作品の口コミをまとめて紹介します。

目次

2022年今のジャンプが読むものがない?

  • ワンピース
  • 呪術廻戦
  • ヒロアカ
  • ハンターハンター

など

今の少年週刊ジャンプで、特に人気がある作品といえばワンピースです。

ワンピースだけを読むためにジャンプを読んでる人も多いと思うぐらいです。

そのため、今のジャンプは他のマンガで読むものがないと言われるぐらいだと思います。

他のマンガも読んでみたら、面白いと思うのもあるのかもしれませんが、なかなか読もうとまでならない部分があります。

ここからは、今少年週刊ジャンプを読むなら、これがおすすめ!というジャンプを読んでる方にアンケート調査した口コミをまとめましたが、予想以上にワンピース一強でした。

ワンピース

最終回に向けて激アツな展開になっているためです。

当初からいろいろな考察がされてきた内容が徐々に明らかになり、スピード感のある物語となっているため、今が一番おすすめです。

また、当初からずっと連載をしているだけあってストーリーの構成が他とは違った面白いものになっています。

世界中のワンピース愛好家たちが最も知りたい情報が今このタイミングで伏線回収がされており、おそらく他の連載作品よりも圧倒的に読む価値があると思います。

呪術廻戦

元々はHUNTER×HUNTERの連載再開を待っている間の、言い方は悪いがつなぎのような感じで読者は読んでいたと思います。

それでもしっかりとキャラクターや話の筋ができているので面白く、呪術の相性のようなゲーム性というものもあり、どちらかと言えば令和版の幽遊白書的な感じになってきていて子供から大人の読者まで読んで満足する内容だと思います。

少しダークな展開が続いていますが、先が読めないこともあり来週の連載が楽しみ、と言える作品だと思います。

HUNTER×HUNTER

長期休載してましたが、ついに最近連載開始しました。

王道のバトル漫画ですが、かなり凝った設定で複雑すぎて時々わからないこともあります。

しかし、いろいろな伏線が貼られていて理解するととても見ごたえのある漫画です。

特にキメラアント編は強敵の出現に心が踊りました。

また王の心境の変化、王の最後の姿には非常に感動しました。

あれだけ面白く、泣ける漫画はそうそうありません。

かなり多くのキャラクターが出現しますが、どのキャラクターにも得意技である念能力があり、キャラクター一人一人の設定がとても魅力的です。

自分が中学生くらいの頃から連載が始まっており、20年以上経った現在ですらファンが待ち望んでいたというジャンプ史上稀に見られるほどの長寿漫画で、書き込みの量が半端なく視覚的にもストーリー的にもとても楽しめる作品です。

初期と比べて現在はかなり文字が増えているので、年齢を重ねた読者としても、絵だけでバンバン飛ばして読むというよりもしっかり読み込めることができるので、一瞬で読み終わるということがなく心理戦などを熟考できるのが楽しいです。

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)

王道の異能力バトル漫画です。

個性豊かなキャラクターが個性豊かな個性と言われる異能力を駆使し、成長していく姿、対立する姿、壁を乗り越えていく姿が楽しめる漫画になっている。

また、絶望的な敵組織と相対する場面でも、敵側のバックボーンなども丁寧に描写されており、ヒーロー側だけでなくヴィラン(敵側)にも感情移入でき応援してしまうストーリーも魅力の一つである。

個性豊かなキャラクターが多く、イケメン、美人、カワイイ系、獣、異業種など男女問わず魅力的なキャラクターが多く必ず推しが見つかる。

高校生家族

家族全員が高校生(ペット含む)というぶっ飛んだ設定のギャグ漫画でありながら、時折熱い展開、泣ける展開を見せるなど、様々な面白さを見せてくれる。家族それぞれが主役と言ってもよく、父、母、兄、妹、猫で、それぞれ異なるストーリーを楽しめるオムニバス形式のドラマとも言える。

個人的にはバレー部に励む父のエピソードが好みで、若い高校生に混ざって戦うおっさんの姿がカッコ良く感じられる。

緩やかに時間もちゃんと流れ、彼らも先輩となっているので今後の展開も楽しみ。

マッシュル-MASHLE-

魔法を使えることが当たり前で、強い魔法が使える人物程、地位、名誉、権力が手に入る世界観です。

そんな世界で主人公マッシュは魔力を一切持たないので、なら鍛え上げた肉体と筋肉で勝負してやろうじゃないかと、魔法に対物理的な筋力で勝負していくというのが面白いです。

マッシュは筋肉こそパワーであるという設定なんですが、いわゆるマッチョでも暑苦しいわけでもなく逆に飄々としているところもギャップがあって面白い設定です。

魔術や魔法に対して、物理攻撃で反撃したり攻撃を仕掛けていったり、強靭な我が身の筋肉を盾にしたりという戦闘や、マッシュの仲間は魔法が使えるので、魔法対魔法の戦闘もあって両方見れます。

話の展開としては戦闘が主ではありますが、合間に挟まれるギャグも面白いですし、ジャンプならではの友情を固めていくストーリー展開も熱いです。

世界観と主人公の設定や雰囲気から、ハリポタやワンパンマンのような雰囲気がかなり強めではあるので、この辺の作品が好きで、似た雰囲気の漫画でもかまわないと思える人なら楽しめると思います。

ちなみにアニメ化も決定しています。

SPY×FAMILY

少年週刊ジャンプではないですが、ジャンプ+で読むことが出来て大ヒット作品なので紹介しておきます。

何よりも!登場人物が個性的で魅力的です。スパイ、殺し屋、超能力者の仮の家族が少しずつ「かぞく」になっていく様子が愛おしいです。不思議な愛の形を描いていると思います。

娘のアーニャは有名かと思いますが、父のロイド、母のヨルも魅力的な人物です。彼らを取り巻く人間たちも個性的で温かさを感じます。

アニメはあまり見ない私ですが、話の流れも速すぎず、超越展開で冷めてしまうこともなく、隔週更新を楽しみに読んでいます。

まとめ

少年週刊ジャンプといえば、ワンピースですが、最終章に入りあと2〜3年で完結すると言われてます。

ワンピースが完結してしまったら、読むマンガが無くなってしまうと思う部分がありますね。

今後、面白いと話題になる作品も出てくる可能性はあるので、ジャンプには期待したいところです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる