高いカメラは無駄?スマホがあれば一眼はいらないのか

最近は、スマホのカメラ性能が上がっており、一眼レフカメラやミラーレス一眼の需要が落ち込んで、売上が下がっているみたいです。

ソニーとキヤノンのフラグシップモデルの一眼カメラを使用していた時もありますが、もうスマホのカメラで十分かなと思いカメラ機材は、全て処分したぐらいです。

今回は、高いカメラは買っても無駄になるのか?についてまとめました。

目次

高いカメラは無駄になる?

先に結論ですが、写真撮影を趣味としてやプロとして収入を得ていきたい人は、高い一眼カメラを買う価値はあります。

スマホと一眼では、やはり写真の出来が違います。

日中では、スマホカメラの性能もかなり上がってきているので、そこまで大きな違いは無いレベルにはなって来てます。

しかし、夜の撮影や撮影の楽しみは、一眼の方がまだまだ上です。

スマホのメリットは、ポケットに入るサイズでどこでも持っていって気軽に撮影出来て、それなりの写真が簡単に撮影出来るところが良いです。

一眼のデメリットは、荷物が重くなる常に持ち歩くのは面倒など、買っても使わなくなる可能性が非常に高いです。

完全に撮影することが趣味以上の人は、買って後悔することはないんですが、一般的な人はスマホ・カメラで十分です。

一般人は、高いカメラを買ったところで月に1回使うかどうかだったり、全く使わずに居るなんてことにもなると思うので、それだと無駄な買い物にしかならないと思います。

正直、普通に暮らしてると一眼でわざわざ写真撮影するなんて機会が少ないです。

高いカメラを買ったから、いい写真が撮れるわけではなく撮影する難易度が下がったりするぐらいです。

スマホの方が常に持ってるものなので、撮影するチャンスとしてはかなり多く思った以上にスペックも良いので、スマホ一つで問題ないと思います。

最近のカメラとレンズは高すぎる

せっかく一眼を購入するなら、APS-Cのセンサーサイズではなくて、フルサイズが欲しいと思います。

現行機のEOS R6のボディ本体だけで、30万円近くします。

一眼は、ボディとレンズが必要になるので、それなりのレンズを購入するなら+10万円〜20万円ぐらいが必要です。

他にもストロボ機材やスタンドなど購入していくと、更にお金が掛かります。

そう考えるとカメラ機材を揃えると結構高額になってきます。

APS-Cサイズのセンサーサイズにしたり、中古カメラならかなり安く手に入れることが出来るので、費用を抑えたいという人は、過去の中古カメラがおすすめです。

中古カメラなら、予算10万〜15万円で、そこそこ良いカメラを買うことが出来るので、これぐらいの費用なら趣味として出してもいいかなという感じですね。

そこから、カメラ沼にハマって色んな機種に手を出すと合計100万円とか超えたりするので注意は必要ですけどね。

ソシャゲのガチャやギャンブルとかにお金を溶かすぐらいなら、まだマシかもしれませんがw

趣味で買うならフルサイズ中古カメラがおすすめ

今は、一眼レフカメラからミラーレス一眼に変わっていってるので、中古一眼レフカメラをかなり安く手に入れることが出来ます。

10年前の機種になりますが、写真のクオリティは最新のミラーレスと比較しても、そこまで大きなさはないと思います。

昔は、プロも使用していた機種になりますし、当時20万円以上していた一眼レフカメラなので、趣味で使う分には問題ありません。

ミラーレスと比較すると重たかったり、AFの精度は劣りますが写真撮影する楽しみなどは、一眼レフの方が上だと思うのでいいと思います。

レンズは、単焦点レンズなら比較的安く購入が出来て、F2.8通しの高級レンズよりも画質が良かったりするので、コスパを考えるなら単焦点レンズがおすすめです。

まとめ

私は、もう写真は荷物を減らすためにもスマホだけに集約させてしまいましたが、写真撮影が好きな人はカメラ趣味いいと思います。

こだわればこだわるほど、お金が掛かってしまう趣味ですし

外出時の荷物管理が大変なので、個人的には辞めて良かったかなと思います。

今は、お金を掛けずに楽しむことが出来る趣味は多数あるので、コストが高いカメラ趣味は個人的にはコスパ悪いなって思いました。

スマホの写真でも、現像スキルがあれば、かなりキレイになりますしね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる