kindle paperwhiteはいらない?口コミレビュー買う価値は?

kindle paperwhite口コミ

「kindle paperwhite」は、今後電子書籍に移行するのを考えてる方やiPadなどのタブレット端末では、目が疲れるため購入するか検討してる人がいるかと思います。

「kindle paperwhite」だと、本当にkindle専用端末になるため、他のことが出来ないデメリットがあります。

それなので、わざわざ買うほどの価値があるのかについてアンケートを取ったりして、ブログの記事としてまとめました。

目次

kindle paperwhiteは要らない?

結論:kindle paperwhiteは、一部の人にはかなりメリットがある商品です!

kindle paperwhiteは、「防水性能」があるので、お風呂でも気軽に持っていけることが出来ます。

またスマホやタブレットと比較してもバッテリー持ちが以上に長く、目に優しい仕様で目の負担が少ないです。

他にも本の書籍よりも優れている部分は、本を保管して置く場所が必要じゃないところです。

現実問題、本の書籍の持ち運びは通常2〜3冊で10冊以上持ち運ぶのは、重量や物理的に厳しいものがあります。

電子書籍なら、100冊でも1000冊でもデータとして保管しておくことが出来て、この本を読み返したいと思った時に、サクッと検索を掛けて読み直し出来る良さがあります。

ただ、紙の本は商品としてコレクションすることが出来たりするため、本当に大好きな書籍は、紙の本で購入して置くのも良いと思ってます。

kindle paperwhiteとiPadとの違いについて

「iPad」は、カラーですので雑誌やカラー本などを綺麗に読むことが可能なので、「kindle paperwhite」の上位版と言って差し支えないと思います。

他にもゲームやApple Pencilでメモ書きをしたり、ウェブサイト閲覧、動画視聴など色んなコンテツを使用することが出来ます。

でも、防水性能が無かったり、価格面がキンドルと比較すると圧倒的に高いと言うデメリットもあります。

iPadだと読書以外のことが出来すぎるため、読書だけに集中することが出来ないというところもあったりするので、機能的には万能ではありますが使いこなすのは難しいと感じる部分もあります。

kindle paperwhiteの口コミ

ここからは、実際に「kindle paperwhite」を購入して利用している人達の口コミレビューをまとめました。

kindle paperwhiteを購入した理由

うさきち

Kindleの電子書籍を毎月大量に購入していてスマホのKindleアプリで読んでいたのですが、スマホで読書をしていると視力が落ちるのではないかと考え、画面の光が目に優しいKindle Paperwhiteを購入しました。

ぺんた

電子書籍のリーダーとして購入しました。通勤時の時間つぶしに利用しています。以前はタブレットで読んでいましたが、目が疲れるため、目に優しいkindle Paperwhiteを使い始まると目の疲れが無くなりました。

kindle paperwhiteの商品説明

うさきち

AmazonのKindleストアで買うことの出来るKindle書籍を読むための専用のリーダーです。重さも軽量で文字の大きさも自由に変更が可能なため、小さい文字を読むのが辛くなってきた方にもおすすめできる製品となっています。

ぺんた

Kindle Paperwhiteは読書に特化した端末です。読書以外の機能はなく、読書に集中できます。液晶はバックライト方式ではなく、直接目を照らさないフロントライト方式で、目に優しく、実際のインクを使用しているため、文字がくっきりと表示されます。

薄さ8.18mm、重さ182g (wifiモデル)と一般的な紙の本より軽いので、片手でも疲れにくく、好きな本を何冊も持ち運べるから、通勤・通学中の読書に適しています。バッテリーの持ちがよく、一度充電すれば、数週間使うことができます。

kindle paperwhiteのおすすめポイント

うさきち

特に文字主体の書籍は読みやすいです。
本体内蔵のストレージでかなりの量の本を収納できます。
持った感じ軽く、読んでいて手が疲れません。
目に優しく、画面を見ていてもドライアイになりにくいです

ぺんた

・軽くて片手で疲れない
・フロントライト方式で目が疲れない
・バッテリーが長持ちするのでこまめな充電が不要

kindle paperwhiteのデメリット

うさきち

本体の挙動がどうももっさりしている点。
ページ送りは物理ボタンがあった方が便利。
漫画を読むのには適さない点。

ぺんた

・読書以外できない
・価格がやや高め
・白黒しか表示できない

kindle paperwhiteを買って変わったこと

うさきち

Kindleで格安で販売されている書籍を前にも増して買うようになりました。紙の本を買うということがほぼなくなり、電子書籍9:紙の本1くらいの割合になりました。
読書熱が再燃し、電車での移動中やベッドで横になりながらなど、色々なタイミングで活字と触れ合っています。
読書量は平均で月3,4冊だったのが、10冊以上まで増加しました。
部屋の収納のことを考えずに本を購入できるので、今まで興味はあったけどなかなか手を出さなかったジャンルに挑戦できています。

ぺんた

一般的な紙の本より軽いので、片手でも疲れにくく、好きな本を何冊も持ち運べるから、通勤・通学中の読書が快適になりました。また、一度充電すれば、数週間読書を楽しむことができ、バッテリー切れといったことが無くなりました。Kindle Paperwhiteは本物の紙のような読み心地のe-inkスクリーンを搭載しており、小さな文字もくっきりキレイに見ることができます。目に優しいフロントライト搭載で、スマートフォンやタブレットのバックライトのように目に向けて光を当てるのではなく、ディスプレイの表面を照らすので、目が疲れにくく、寝る前の読書にぴったりです。

kindle paperwhiteはどういう人におすすめ?

うさきち

読書が好きという方であったら、まず買って損はないデバイスだと思います。
あとは自分のように部屋の本棚が一杯になってしまい、本を買いたくても買えないという方であれば、その悩みを解決してくれることでしょう。最近の新刊はほとんどKindle版が併売されるように鳴っています。
紙の本で集めたいという気持ちは痛いほどわかりますが、電子書籍は場所を取らず、いつでもどこでも好きな本を持ち歩けるという利便性があります。
通勤のお供として最高ですよ。

ぺんた

・紙の本より軽いので、片手でも疲れにくく、好きな本を何冊も持ち運べるので、電車での通勤・通学で読書を楽しみたい方。
・月に数十冊読むよな読書家にお勧めします。「Kindle Unlimit」に加入すれば、200万冊以上の本が読み放題なので、書店、図書館に何度も行く必要が無くなります。
・目に優しいフロントライト搭載で、スマートフォンやタブレットのバックライトのように目に向けて光を当てるのではなく、ディスプレイの表面を照らすので、目が疲れにくく、寝る前の読書をされる方にお勧めです。

kindle paperwhiteまとめ

「kindle paperwhite」は、紙の本が好きだった人にも目に優しいことや充電するのが手間だと感じる方には、非常に向いてるガジェット端末ですね。

そこそこの値段がしますが、防水性能だったりもあるので、日常的に読書をする習慣がある方やこれから読書を趣味にしようと考えてる方は、200万冊以上の書籍が読み放題の「kindle unlimited」のサービスも合わせて利用したいところです。

ちなみに「kindle unlimited」は、スマホや「iPad」などでも利用することが出来るサービスなので、契約しておけば共有して利用することが可能になってます。

初めて利用する方は、30日間無料体験することが出来て、即解約しても30日間はずっと利用することが可能で、解約金も一切掛からないので試して損するサービスではないので、一度気軽に利用してみてください。

▶「kindle Unlimitedの評判は?デメリットやメリットまとめ」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる