ツイッターの有料化いつから?無料で使い続けることは出来る?

Twitter

ツイッターをイーロン・マスクが買収したことにより、色々ツイッターが賑わってます。

社員半数以上解雇になったりしましたが、フォローしてる人のタイムラインがしっかり流れるようになったり、シャドウバンが解除されたりとツイッターユーザーからは、好評だったりします。

ツイッターは、ずっと赤字を出していたサービスなので、無駄な人件費のカットと有料化して収益を上げる体制にするのが、全て間違ってるわけではないと思います。

今回は、ツイッター有料化はいつからになるのか?今後も無料で使い続けることは出来るのか?について調べてまとめてみました。

目次

ツイッター有料化はいつから?

ツイッターの有料化は、「Twitter blue」というサービスで2022年11月10日からサービス開始しました!

有料化されるのは、ツイッター公式マークであるユーザーアカウント認証が月額1200円でした。

有料化によるメリットは、公式バッジが付きます。

今後は、優先的に検索に表示されやすくなったりする予定みたいです。

そのため、ほとんどの一般ユーザーは、今まで通り普通に無料で使い続けることが出来そうでした。

現在、公式バッジを付けているような人達は、芸能人だったり、インフルエンサーだったりとツイッターを活用して、ビジネスに繋げてる人が多いと思います。

そういう人達にとっては、必要経費だと思うので月額1200円程度なら支払いっても問題ないと思います。

相互フォロー1万とかじゃなくて、純粋にフォロワーが1万人以上居るような人なら、なにかしら収益化させることが出来ると思うので、公式マークと一定のフォロワー数までは無料とかにもなるかもしれませんね。

通常の利用でも有料になるならツイッターは使わない?

普通に使ってるユーザーがツイッター有料化した場合は、辞めるという人が多かったです。

実際、無料だから使っているけど有料ならツイッターを使う人はかなり減ると思います。

この辺は、わかっていると思うので、今までのほとんどの機能は無料で使えると予想しました。

ただし、今後「ハッシュタグ」の使用だったり、DMなど一部の機能が有償化する可能性はあるなと思います。

基本的には、他のサービスが無料で出来てることを有償化してしまうと、そっちに人が流れてしまうのでやらないはずです。

SNS有料化により、SNSを辞めることが出来たら、人生的にはそっちの方が幸福度はあがりそうな感じはします。ツイッターとか無駄に時間を浪費してしまったと感じることが多いですからね。

ぴよきち

SNSは、使用する時間を決めたりしないと無限に時間を使ってしまう

ツイッターが有料化したらmixiの時代に戻る?

もし、ツイッターが有料化してしまった場合は、mixiに戻るという意見が結構ありました。

たしかにツイッターが流行る前は、SNSと言えばmixiが凄く人気があった時代がありました。

mixiは、日本のIT関連企業なので、日本のことを考えるとmixiの利用の方が良いと思いますが、有償化は一部だけだと思うので、mixiに戻ることはないのかなという感じですね。

まとめ

ツイッターの有料化は、公式バッジの人だけだったり、一部の機能のみが有償化だと思います。

一般ユーザーまで、月額制のサブスクサービスになったら、わざわざツイッターを使いたいという人はかなり減ると思います。

今のところは、ツイッターが使いやすく色々良い方向で改善されているので評価はいいです。

有料化になるのが、一部の機能だけなら普通に使い続ける人が多数だと思うので、そうあって欲しいです。

ビジネス目的として活用したい人からだけ、お金を取る形にしてほしいですね。

ツイッターでは、特にスパム的なアカウントがかなり邪魔な存在になってるので、そういうのは潰して健全にしていって快適に使えるようにしてもらいたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる