有機ELテレビは液晶とはかなり違う?満足度は高い?

有機ELテレビは、昔かなり値段が高くてパネルの焼き付き問題もありましたが、2019年モデル以降ぐらいから焼き付き対策もしっかりされて不具合を聞かなくなりました。

どんどん値段も下がってきたので、そろそろ液晶テレビから有機ELテレビに乗り換えるかと思ってる人も居るかと思います。

今回は、有機ELテレビは液晶テレビとはかなり違うのか?満足度はどれぐらいなのか?について口コミを合わせてまとめました。

目次

有機ELテレビは液晶とはかなり違う?

黒色の表現は、圧倒的にキレイでこれは液晶テレビとは全く違うことがわかります。画質に関しては、有機ELテレビが上です。

ただし、値段に関しては、画面サイズにもよりますが液晶より3〜5万円ほど高くなるイメージです。

そのため同じ金額を出すなら、大画面を取るか画質を取るかになりそうです。

メインで使うテレビの予算は、だいたい10万円〜20万円ぐらいかと思います。

コスパ重視ならLGがおすすめでかなり安く有機ELテレビを買うことが出来ます。(どこのメーカーの有機ELでも全てがLG製パネルのため)

ぴよきち

テレビは、基本的に去年の型落ちモデルを狙うと値段も安くておすすめです!1年ぐらいでは、ほとんど性能や機能面変わりません。

SHARP 48型 4T-C48CQ1

購入金額:22万5,000円
使用期間:1年5ヶ月

さすが有機ELテレビなだけあって、映りが非常にキレイです。

映り込みもほとんどないと思います。

以前のテレビだと暗い場面になると何が映っているのか良く分からなかったのですが、こちらのテレビに変えてからはハッキリと見えるようになりました。

画面が非常に薄いので埃が溜まりにくいのもありがたいです。角度調整もスムーズにできます。

Amazonプライムビデオ、Netflix、YouTubeの専用ボタンがリモコンにあるので、初期設定でWi-Fi接続をしてしまえば、わざわざ「Fire tv」など外部接続機器を購入せずとも見たいと思ったらボタンひとつですぐに利用できて便利です。

悪かったところとしては、何の前触れもなくいきなりプツッと電源が切れたような状態になることがあることです。

そこからPCのホーム画面のような表示になり、時刻が表示されるようになります。

この表示が出たときは、リモコンでテレビ番組のチャンネルボタンを押すと普通に番組が見られるようになります。

何か解決策があるのかも知れませんが、とりあえず先程の対応で間に合っているので特に問題にはしていません。

それでも度々起こる現象ではあるので、大丈夫かな?と心配になる時があります。

ソニー BRAVIA XRJ-55A80J

やはりなんていっても画質です。

これが一番感動しました。4K動画を見るとその違いが良くわかります。

とくに黒は有機ELならではの黒で、液晶のなんちゃって黒とは違い、真っ黒です。動きも液晶でよくあるスーとしたぼんやり残像がなくてハッキリとしています。

このおかげでゲームもとてもやりやすく感じます。

私がもっているゲーム機がPS4のslimなので4Kに対応していないのが悲しいですが、それでもとくに粗さが目立つわけでもなく楽しんでいます。

テレビの応答性は、普通という感じです。しいていうなら地デジのチャンネルを変えるときにもう少し反応がよければいいなとは感じました。

このランクのテレビだからといって特に早いわけでもなく、以前使用していたテレビとそんなに違わない気がしました。

音に関しては、画面から出ているのでとても新鮮な感じがします。映画館のようなすごいシステムではありませんが、このようなスピーカーシステムにはとても新鮮に感じます。

音質はよく、特に聞きにくい感じはしませんでした。低音もそれなりに聞こえますから、必要充分の音量がでていると思います。

このテレビのいいところはやっぱり画質(画像)です。

それ以外の機能はこのランクのものならいたって普通ではないでしょうか。

自分の中ではとても買ってよかったと思っています。

まとめ

有機ELテレビを購入した人は、画質に関してかなり満足してるみたいでした!

個人的には、テレビの画面サイズは大きければ大きいほど良いと思ってるので、予算があればなるべくデカイのをおすすめします。

一度購入したら、すぐに買い換えるようなものではないので、せっかく買うなら有機ELテレビで自宅の視聴環境を良くしてほしいところです。

Amazonで有機ELテレビの値段をチェックする

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる