すずめの戸締まりはつまらない?面白い?感想まとめ【映画】

ついに前作「天気の子」から、3年振りの新海誠監督作品「すずめの戸締まり」が2022年11月11日に公開されました。

映画は、公開当日に行くに限るので初日から行ってきましたが、結構席は空いてたため視聴する環境としては良かったです。

前回、映画館に行ったのがワンピースのフィルムレッドでかなり満員だったので、今回も混雑するかなと思いましたが、拍子抜けするぐらい空いてました。

上映回数が異常に多いのと上映してる劇場が多いのも理由でしょうけどね。

今回の「すずめの戸締まり」は、面白かったのか?つまらなかったのか?について、ネットの口コミも合わせてまとめてみました。

映画のネタバレも含む内容になってますので、ネタバレを気にする方は気をつけてください。

目次

すずめの戸締まりの感想は?

今回のすずめの戸締まりという作品は、震災が一つのテーマとなっているので「災害描写注意」で観る人を選ぶ作品でした。

特に震災の被災経験がある方は、トラウマがある人場合、視聴するのを考えてから見た方が良いかもしれません。

すずめの戸締まりを観に行ってきた人の感想を見ていると評判はいい感じでした。

ただし、攻めたストーリーだったので苦手だと感じた人は居ると思います。

映像に関しては、やはりキレイで凄いところです。

興行収入的には、今回そこまで話題になってる感じではないような感じがするので、そんなに伸びないような気はしてます。

すずめの戸締まりのレビュー

前までの作品だとちょっとわかりにくいところ満載だったのですが、今回の作品は結構単純明快というか私的にはわかりやすく良かったです。

題材的には新海誠らしいというか描画、内容ともにふんだんに盛り込まれています。

主人公の声優がどちらもうまく、今までの作品の中では一番だったのではないかなと、特にストーンズの松村君が流石朝ドラ出身だけあって声優さん張りに秀逸でした。

内容を掘り下げていくと、猫が魔法を使って男の子を椅子に乗り移りさせたり、よくわからん設定もあるのですが、前回みたいにん?といえる部分は減っており、低年齢層でも楽しめる内容になっているのですが、後半部分で3.11地震を彷彿させる場面があり、テレビ放送になった場合もしかしたら賛否両論あるかもしれません。

ただ最後に言いたかった、前を向いていれば希望があるということは前回の君の名はと通じることがあり、新海誠の真骨頂が楽しめると思います。

また、たくさんの懐メロがでてきますが、今時の大学生の若者が音楽アプリで聴くもんかいなとちょっと違和感がありましたが、山下達郎コンサートに若い人が行くくらいですから納得させました。

スポーツカーに乗っていたことから昔の事に郷愁を感じている若者の設定なのでしょうか?

全体的にエンターテイメントとしては前回までの作品より楽しめると思います!

ネタバレありの評価

まずは震災という重いテーマを取り扱った監督、そして美しい背景を作った美術スタッフに敬意を示したいです。

綺麗な絵で、声優の演技力も良く、ちゃんと起承転結がありますし、決して悪い映画ではありません。

ただ、「どうしてその人がその場にその時間にいるのか」の説明が始終欠けており、ご都合主義感は拭えませんでした。

主人公が困ると必ずたまたま助けてくれる人がいるのですが、何でその人がそこに立ち寄る必要があったのかの説明がなされないことに加えて、その人の背景事情も少ししか分からず、良い人であってもあまり感情移入できなくて、もやもやした気持ちになりました。

個人的に気になったのが、主人公が途中で労働をさせられていること。

旅館はともかく、2人の子供の子守とスナックでバイトなんて高校生にやらせることだろうか。

ちゃんとアルバイト代をもらったのでしょうか。

また、他の人も感じたことじゃないかと思うのですが、ジブリへのオマージュがしつこすぎます。

耳をすませばについては映画の中で名前を出してしまってますし、画面の構成は全体的にもののけ姫っぽいと感じることが多かったです。

ミミズがデイダラボッチっぽいなと感じたことに始まり、荒廃した町に緑が戻り、主人公が草むらで目を覚ますところなんて、もろにもののけじゃないでしょうか。

扉を閉じる時に唱えるセリフも、タタリ神を鎮めるセリフと似てますよね。

さらにテーマソングはナウシカっぽくて、主人公が旅館で掃除するシーンは千と千尋を思い出させます。せっかくなら、もう少し独創的な映画にしてほしかったです。

また、日本で実際に起こった震災をテーマにしたのも賛否両論あると思います。

私は反対派です。

震災をテーマにしつつ、見ている人が自然と3.11、あるいは他の震災について思い起こさせる方が、実際に「この映画は3.11を描いている」と決めるよりも良いと思います。

その方が、3.11についてあまり強い思いを持たない外国人の心にも届くと思うのですが(実際にこの映画は既に海外でも上映が予定されています)。

3.11という言葉を出すことで、映画のストーリーで泣かせるのではなく、3.11の悲劇を思い出させて見ている人を泣かせようとしているような印象を受けました。

悪いことを多く感じましたが、日本のアニメ映画としては一流であることは間違いありません。

音楽はしっかり場面に合っていますし、変にアイドル声優などを使っておらず演技派の声優で固めており、違和感がありません。

日本の各地を旅するところは、自分のよく知っている場所が映って場面に入り込めました。

背景の美しさは言わずもがなです。

全体的として、「君の名は」には届かない、普通の評価としました。

まとめ

映画では、省かれた部分も小説版で解説されてる部分もありますので、気に入った人は小説版も読んでいいと思います。

もちろん、小説から入ってる人も多いです。

「天気の子」や「君の名は。」など新海誠監督作品はU-NEXTで見れます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる