すきま時間で聴く読書「Audible」今なら30日間無料

iPad mini6でイラストを描くのは小さい?どの用途に向いてる?

ipad

iPad mini6は、アップルペンシル2にも対応していて、ワイヤレス充電することが出来るようになりました。

これでイラストを描くのもかなりラクになりましたが、難点は画面が小さいことです。

その分、値段が抑えられていたり、かなり軽いからこそ持ち運びに向いてるiPadになります。

今回は、iPad miniはイラストを描くには小さすぎるのか?どんな用途にこんなサイズが向いてるのかについてまとめました。

iPadシリーズは、今まで6台ぐらいminiからProまで、ほぼ全シリーズのサイズを触ってきた実体験を元に書いてます。

目次

iPad mini6でイラストを描くのは小さい?

先に結論ですが、iPad mini6で絵を描けないことは無いですが、正直画面が小さすぎて描きにくいと思います。

ただ、ちょっとした落書きとか練習なら、この画面が小さいおかげで取り回しがめちゃくちゃラクなので、どこでもiPadを持ち運び出来るところがあります。

絵を描く機会が増えるほど、絵を上達させることが出来ますので、取り回しを重視したいという人は、買う価値ありです。

iPad Pro 12.9インチは、これ一つでイラストもマンガも描けるぐらいのスペックと画面サイズですが、ちょっと外出先に持っていくには邪魔になるかなと思う時もあります。

このサイズのタブレットは、持ち運び出来るカバンも選ばないといけなくなってくるところは欠点です。

それでも、私は「クリスタ」を使ってると色々機能を使うので、12.9インチでもギリギリラインですけどね。

基本的にイラストを描くなら、画面は大きいほど良いです。12.9インチなら、液タブが無くてもいいかなとなんとかなるかなと思えるぐらいになります。

iPad mini6のイラストレビューは?

なんだかんだで、iPad miniの満足度は高いみたいです。

画面が小さい分、持ち運びの快適さが圧倒的に良いからこそ、出先や家の中のどこでも持って行けて気が向いた時に絵が描きやすいのかもしれません。

小さくて軽いというのは、使わないかもしれないけど、とりあえずカバンに入れておいてもいいかなと思えるのが大きなメリットですね。

サイズが大きいiPadだと毎回持っていくという選択をすることはなく、使う可能性が高い時しか持ち運びしません。

気軽に絵を描くことが出来ますので、ツイッターなどのSNS投稿用の絵を描くには丁度良いと思います。

メイン端末として使うのは、少し厳しいかなと思うので、サブとして使いたいという人向けかなと判断しました。

iPad miniで絵を描くなら、イラストアプリは、プロクリエイトが買い切りソフトなので買っておくことをおすすめします。

iPad mini6活用方法

iPad miniは、スマホよりもサイズが大きいので、電子書籍や動画の視聴も捗ります。

片手でも持つことが出来る重さとサイズなので、このサイズ感が丁度コンテンツを消費するなら最適だと思う人も多いです。

ただし、外出先で使うなら、wi-fiモデルではなくセルラーモデルで通信が出来るタイプがおすすめになります。

Wi-fimモデルでも、通信はテザリングですることも可能ですが、毎回テザリングをするという手間が掛かるので、iPad miniの手軽さをあまり活用出来ません。

面倒なことが増えるほど、使う機会が減ってしまうのは実体験でも感じたので、せっかく買うならセルラーモデルがおすすめです。

まとめ

iPad mini6でも、絵を描く機会が増えて普通にイラストを描くことが可能です。

ただし、十分な画面サイズとは言えないので、本格的に絵を描いていきたいと考えてるなら、「iPad Pro 12.9インチ」がおすすめです。

このサイズぐらいから、プロのイラストレーターも使ってるぐらいになります。

趣味で軽く絵を描くぐらいと考えてる人は、値段的にも「iPad mini」でいいかもしれませんね。

コンテンツ消費なら、1番使いやすいサイズ感なのは間違いないと思います。

スマホのゲームとかもやりやすいですよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次