オタクだけどアニメグッズをあまり買わないようになった理由

アニメグッズ

アニメやマンガのアニメグッズは、毎回色んな商品が発売されますよね。

好きな作品なら、どれも欲しくなるところですが旬が過ぎるとグッズの処分に困ることになることも多くなると思います。

今回は、アニメグッズをあまり買わなくようになった理由をまとめました。

集めてる時とか欲しい時は嬉しいんだけどね。買いすぎると後悔なんてあるわけある。

目次

オタクだけどグッズをあまり買わないようになった理由

グッズをあまり買わなくなった理由ですが、これは不要になったグッズを「株式会社JUSTY」にグッズを買取依頼に出したことが、今後のグッズを購入することを考えるきっかけになりました。

買取依頼に出したグッズは。未使用品が大半だったこともあり、少なくとも3,000円くらいにはなるだろうと思い送りました。

しかし、予想をはるかに下回る金額だったため、査定結果を見た時は言葉も出ませんでした。

アニメグッズを買取査定に出した結果

キーホルダーやクリアファイル、色紙、短冊ポスター、ブックカバー、トレカ、クッションカバー、クッション、ボトルなど全部合わせて23点で180円の買取査定です。

うさきち

そんなのってないぺこじゃん!

さすがにこれは、安すぎると思い送料自己負担で返送できたため、電話連絡をして着払いで返送してもらいました。

査定結果はメールで連絡が来るにも関わらず、キャンセルの連絡はメールでは出来ないようになっているシステムに不信を感じたこともありました。

キャンセルの連絡をする前に、インターネットで口コミ情報を検索したところ、「未使用品100点以上送って査定結果が300円だった」といった記事や、「キャンセルのために電話をかけたら長時間の保留に加えたらい回しにされたあげく、キャンセル対応を行う気が無いようで喧嘩別れとなって商品を取り返すこともできなかった」といった内容の書き込みが多数出てきました。

これなら「事前にクチコミを読んでいたら、絶対に送らなかったなぁ」とただただ後悔するばかりでした。

意を決してキャンセルの電話をかけたところ、幸い保留もたらい回しにも合うことなく、すぐにキャンセル手続きを行うことができ、数日後に無事商品が返ってきました。

しかし、緩衝材に包んでいた商品は開封された形跡はなく、「商品を見ずに査定が行われている」というクチコミ情報を体験する結果となりました。

今回の件で、私が思ったことは、「売りに出しても良いと思ってしまうようなアニメグッズはそもそも買うべきではない」ということで、この日以降、ボールペンやマグカップといった実用品以外のアニメグッズは買わなくなりました。

まとめ

基本的にグッズを沢山集めたところで、実際に使用したりするようなものはかなり少ないかと思います。

写真撮影をして、SNSにアップするために大量のグッズを購入したりする人達も居ますが、そこで大量のお金を消費するのは後々後悔することになりやすいです。

最近は、ミニマリスト的な思考になってる部分もあり、本当に毎日使うようなものだけを買うようにしてますが、大量に物があったときよりも快適に過ごすことが出来てます。

あまり物は持たないけど、本当に欲しいと思った商品だけを厳選して使うことで、無駄な浪費を減らすことも出来て満足度も高まるのでおすすめです。

物理的なものがどんどん増えてしまうと、荷物の整理も大変になりますし、それだけのものを置く場所が必要になるので、無駄な物の家賃を支払うことになります。

今の時代は、あまり物を所有しなくても満足度が高い生活を送ることが出来るようになってるので、そういうのにも気がつくきっかけとなりました。

アニメの視聴に関しても、全て動画配信サービスに切り替えたお陰で、Blu-rayを購入することもなくなりました。

ぶっちゃけ、ブルーレイで視聴するよりも「ユーネクスト」などの動画配信で視聴した方が便利ですね。

「U-NEXTの詳細についてはこちらから【31日間無料】」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる