すきま時間で聴く読書「Audible」今なら30日間無料

ゲーミングチェアは必要ない!拘るならデスクの方が重要

在宅ワークや自宅で長時間ゲームをする人は、肩凝りや腰痛が気になるところですよね。

そこで、ゲーミングチェアの購入を検討する人もいるかと思います。

私はゲーミングチェアを2つも持ってたのにどちらも手放しましたので、実際にゲーミングチェアを使って感じた理由となぜ手放した理由についてを合わせてまとめることにしました。

もし、同じように椅子から離れる生活に切り替えることが出来たら、健康的な生活を送ることが出来るようになることが出来る可能性があります。

目次

ゲーミングチェアは必要ない

実際に購入して使ってたゲーミングチェアの一つは、こちらの商品で当時39800円で購入した商品でした。

一日中椅子に座ってパソコン作業をすることが多かったので、いい椅子には自己投資しておかないと行けないと感じて購入しました。

ゲーミングチェアの購入を検討してる人なら、だいたい同じような考えをしてると思います。

実際にゲーミングチェアの座り心地に関しては、通常の椅子よりもなかなかいい感じでした。

特に角度を自由に変更することが出来たり、肘を置く場所の高さを自由に変えれるところとかは使ってみて良かったですね。

しかし、ゲーミングチェアは、結構重たいです。

重量が22kgもあるので、そこは仕方がない部分ですが、結構サイズもあるので場所も取るため邪魔だと感じることも多かったです。

通常の椅子としては、なかなか座り心地がいい商品なのは間違いないですが、それでも長時間イスに座ってると普通に肩凝りになってしまいました。

ゲーミングチェアで肩凝り改善っていうのは、なかなか難しいところです。

そこでゲーミングチェアが不要になるほどの良い商品を見つけて利用することにしたら、肩凝りや腰痛すらなくなりました。

昇降型スタンディングデスクで椅子は不要になる

最近、結構流行ってきてると思ってるのですが、ゲーミングチェアを購入するぐらいなら電動の昇降型のスタンディングデスクを購入すべきだと思ってます。

実際に自分自身もスタンディングデスクで、パソコン作業をしたりしてるのですが、基本的にはずっと立って作業することにしたので、椅子のスペースも一切不要になりました。

椅子に座らないので、椅子を購入する費用も掛かりませんが、一応安物のよくわからないブランドの椅子は持っていて、普通に椅子に座ることもあります。

その分、こういった良いデスクを購入して欲しいところです。

使わなくなったゲーミングチェアは、場所を取るだけで邪魔になってしまうので売却してしまいました。

購入金額を考えるとかなり安く手放すことになりましたが、ここは仕方がないところです。

高さを自由に変更することが出来るので、椅子に座って作業することも自由に出来ますが、せっかくのスタンディングデスクなら、出来るだけ立って作業するようにしたいですね。

立って作業と座って作業するのを半々ぐらいにするのが良いかもしれません。

スタンディングデスクは初めは疲れる

普段、椅子に座ることに慣れていると立って作業するスタンディングデスクは、1時間もせずに疲れると思います。

しかし、1,2週間もすると体力がついたり慣れてきて、一日中立ちっぱなしでも問題なくなります。

日本人は、座り過ぎと言われてる部分もありますし、いま在宅で外に出かける機会が少ない人ほどスタンディングデスクを導入すべきだと思ってます。

立って作業するようにするだけで、日常の消費カロリーを簡単に増やすことも出来るので、最近太ってきたなぁと感じてる人にもおすすめ出来たりします。

わざわざ運動するために時間を割くのも大変だと思うので、それなら立って作業して日常の消費カロリーを少しでも増やすのは非常に合理的です。

スタンディングデスクのメリットが凄い

簡単にスタンディングデスクのメリットを簡潔にまとめるとこんな感じです。

  • 集中力の向上
  • 生産性向上
  • 眠気対策
  • 肩凝り、首の痛み対策
  • 運動不足解消

主にこの5つの効果をスタンディングデスクに切り替えることで効果を得ることが出来るとされてます。

実際に眠気対策と運動不足解消に関しては、間違いなく自分でも効果があると感じました。

端的に言うと座りっぱなしの生活から立ちっぱなしの生活に切り替えることで、数キロ単位で痩せることが出来ました。

結構ダイエット効果もあります。

もちろん、消費したカロリー以上食べてしまったら意味がないわけですが、それでも運動不足の解消にはなります。

これは、ゲーミングチェアでずっと座ってたら得ることが出来ない大きなメリットですよね。

スタンディングデスクを活用するには、モニターの画面の高さだけは気をつけたいところです。

モニターの高さは、目線とほぼ同じぐらいにしないと首に負担が出たりします。

それだと結局肩凝りになったりするため、立って作業する椅子に座ってするの関係なくモニター画面の高さは自由に変更出来るモニターアームは使ってほしいところになります。

電動式のスタンディングは、高さを登録することが出来るので、椅子に座ってる時の高さと立って作業する時の高さを登録すると、ワンボタンで簡単に高さを変えることが出来て便利です。

まとめ

  • ゲーミングチェアは不要
  • スタンディングデスクを使えば椅子はなくても大丈夫
  • ずっと同じ姿勢は、どちらにせよ良くないので適度に切り替えるのは良い

ゲーミングチェアの購入を検討してるなら、まずは是非ともスタンディングデスクの導入を考えて見てほしいところです。

はじめは、立って作業するのが苦痛かもしれませんが、慣れたら色んなメリットを考えると立って作業した方が良いなって思えるはずです。

ほとんどの人が椅子に座って不健康になっているからこそ、みんなと違うことを実践することで快適な生活を送ることが出来るようになれます。

スタンディングデスクは、高さが簡単に自由に変更出来るやつじゃないと自分の最適な高さを選択することが出来なかったりするので、テーブルにしては高いですが購入するだけの価値は、ゲーミングチェアよりもあると思ってます。

今は、電動式のスタンディングもゲーミングチェアと同じぐらいの価格で購入することが出来るようになってます。

昔は、電動だと10万円近くしてました。

自分も2つのゲーミングチェアを手放したけど、後悔なんてあるわけないですからね。

本当に購入して良かった商品の一つです。

椅子に座りっぱなしじゃ太って仕方がないので、よく立ったままアニメなどを視聴したりしてます。

Amazonで電動式のスタンディングを探す

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次