すきま時間で聴く読書「Audible」今なら30日間無料

呪術廻戦2期はどこから?今までのあらすじも簡単に振り返り

呪術廻戦2期はどこから?今までのあらすじも簡単に振り返り
エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用

呪術廻戦2期がどこまでのストーリーかと、アニメ1期を振り返ります。

2023年呪術廻戦2期放送が発表されて、待ち遠しい中、ジャンプフェスタ2023でついに2023年7月より放送開始されることがわかりました!

呪術廻戦2期が放送されることが決定して、連続2クールであるということも発表され、少しずつ情報解禁されていくなか、ついに7月スタートが明らかになりました。

情報解禁されたので、「呪術廻戦」のアニメ2期のストーリーがどこなのかと、1期の振り返りを簡単にしていこうと思います。

目次

呪術廻戦2期はどこから?

呪術廻戦2期は1クール目が「懐玉・玉折(かいぎょく・ぎょくせつ)」、2クール目が「渋谷事変」?

呪術廻戦2期の1クール目が2023年7月~、2クール目が10月~ということになります。

1クール目がはじまるのが7月からで何日からかがわからないですが、1クールは12~13話が主流です。

2クールで全24話~26話だと考えられます。

まずは、それぞれどんな話か簡単に見ていきます。

ぺんた

ちなみに、1期は1クールが13話、2クールが11話の全24話でした。

呪術廻戦1クール

1クール「懐玉・玉折(かいぎょく・ぎょくせつ)」

1クール目は劇場版に続き、過去のお話です。

劇場版よりももっと過去のお話です。

うさきち

メインは五条先生たちです。

虎杖君をはじめ、1年生もいない時のお話です。

五条先生、夏油、梢子ちゃんの学生時代のお話です。(高専2年生)

まだ、五条先生と夏油が親友の時のお話です。

ティザービジュアルで重要な人物がうつりこんでいる!

といわれていた天内理子(あまない りこ)がその重要人物です。

公式でもキャラクター発表されていますよね。

天元様に関わるお話が「懐玉」です。

コミックス8巻65話~9巻75話までです。

その後のお話が「玉折」です。

高専3年生の時のお話です。

夏油の思考が180度変わってしまい、ついに夏油と五条先生が決別してしまいます。

コミックス9巻76話~79話までです。

夏油がなぜ変わってしまったかがメインのお話です。

過去編の後少しあって渋谷事変になるのですが、そこも1クール目に入るのかなと思います。

ここまでが1クール目だとするとちょっと余裕のある構成な感じがしますね。

呪術廻戦2クール

「呪術廻戦」2クール「渋谷事変」

こちらには、ばっちり1年ズ(虎杖悠仁、伏黒恵、釘崎野薔薇)も2年ズ(パンダ、狗巻棘、禪院真希)も出ます。

バッチリ主人公虎杖君もいます!

最初は五条先生がやはりメインなお話?

こちらはボリュームたっぷりなバトルの多いストーリーになります。

五条先生と虎杖君(宿儺)がポイントのお話です。

色々と明らかになることもあります。

コミックス10巻83話~16巻136話までです。

しかし、2クールのうちの1クールで終わるボリュームではないです!

呪術廻戦が連続2クールの意味

1クール、2クールで分けない構成

可能性としては、渋谷事変を途中で終わる(3期に続く)ということも考えられなくはないですが、分けないで一気に行ってほしいです。

渋谷事変」完結を目指すなら、1クール目の途中から渋谷事変に突入という可能性が一番高いです。

「懐玉」を5話、「玉折」を1話で残りを「渋谷事変」で18話~20話にということが妥当だと考えられます。

そう考えると、連続2クールの意味が出てきますよね。

すべては「渋谷事変」完結のためです!

呪術廻戦1期振り返り

呪術廻戦1期は、2022年4月から再放送され、4つのストーリに分けられました。

呪術廻戦1期は

1クール目は「呪胎戴天編」、「幼魚と逆罰編」全13話。

2クール目は「京都姉妹校交流会編」、「起首雷同編」全11話。

1クール、2クールに分けて簡単に振り返ってみます。

1クール

「呪胎戴天編」(1~8話)、「幼魚と逆罰編」(9~13話)の全13話

ここでのポイントは

  • 主人公虎杖悠仁が宿儺の器になる(指を食べる)
  • 1年ズ初任務で、虎杖悠仁死亡
  • 虎杖悠仁復活!&特訓
  • 五条先生VS漏瑚(じょうご)
  • 虎杖&七海とVS真人

主人公虎杖悠仁が宿儺の器になり(宿儺の指を食べる)、都立呪術高専に入学し、伏黒恵、釘崎野薔薇の三人で行動を共にします。(通称1年ズ)

そして、英集少年院に呪胎(じゅたい)が現れ初任務へ向かいます。

しかしそこで特級呪霊が現れ1年ズの実力では太刀打ちできません。

虎杖君は宿儺に身体あけ渡し、特級呪霊は倒すことができましたが、宿儺に殺されてしまいます。

主人公がこんなに早くも死亡するなんて!となりますが、宿儺に反転術式で生き返らされます。

そして、五条先生と秘密の特訓をして上手く呪力がコントロールできるようになります。(主に映画鑑賞)

そんな中、五条先生は漏瑚に襲撃されます。

五条先生のキラキラおめめ(六眼 りくがん)ですごさを見せつけて勝ちますが、逃げられて(助けられ)しまいます。

1年ズの伏黒君と野薔薇は虎杖君が生き返ったことをしらず、2年ズと特訓したり、京都高の東堂葵、禪院真依に絡まれたりしている中、虎杖君は、七海と任務です。

真人の起こした子供っぽくも残虐な事件を調査します。

最後の七海&虎杖VS真人の激しいバトルの末、真人は逃亡します。

吉野君の悲しいお話です。

2クール

2クール目は「京都姉妹校交流会編」(14~21話)、「起首雷同編」(22~24話)の全11話

ここでのポイントは

  • 虎杖君の命が狙われる
  • 虎杖&東堂(ブラザー)
  • VS花御(はなみ)
  • 1年ズの任務

京都姉妹校交流会がはじまり、ついに虎杖君が生きていたことがわかります。

(五条先生の案でサプライズ登場しますが、大失敗に)

しかし、京都姉妹校交流会では、京都校楽巌寺学長により、虎杖暗殺を言い渡されます。

暗殺は失敗に終わり、それぞれのバトルがはじまります。

虎杖VS東堂では、虎杖君が徐々に進化していきます。

(好みの一致「ケツとタッパのでかい女」により、ブラーザーになります)

そして、事態は夏油のもくろみにより襲撃にあい一変します。

花御との戦いがはじまります。

棘の呪言の効きが悪く、苦戦しながら花御を虎杖&東堂が引き継ぎます。

激しいバトルの中、虎杖君はついに黒閃を会得します!

その激しいバトルは規格外の五条先生の虚式・紫で終わります。

混乱に乗じて、真人は、特級呪物「両面宿儺の指」と「呪胎九相図1番~3番」を強奪します。

襲撃を受けたものの、交流会は続行。

2日目はまさかの野球。

東堂の嫌われっぷりが顕著の中、虎杖君がHRを打ち、東京校の勝利で交流戦は終わります。

そして、1年ズは新たな任務へ。

この任務で、著しい成長を見せ、1年ズ、そしてマキさん、パンダは東堂と冥冥(めいめい)に1級術師に推薦され終わります。

まとめ

呪術廻戦2期は連続2クールで2023年7月スタート

呪術廻戦2期についてと、1期を簡単に振り返ってみました。

今思えば、すべては「渋谷事変」のために、10月31日のために、7月スタートなのではないかと思いました。

単純に1クール、2クールだと思っていたのが浅はかでした><

ちょっと考えればわかりそうなことですよね。

実際のところは、7月の放送を待つばかりです。

「渋谷事変」完結してくれたらうれしいです!

うさきち

五条先生が主人公なのかもしれないと思えてくるくらい、五条先生の話がいっぱいの2期ですね。

エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次