すきま時間で聴く読書「Audible」今なら30日間無料

2023年春アニメで見るべき期待度が高いおすすめ作品は?

今回は、2023年4月から始まる春アニメの見るべき期待度が高いおすすめ作品をまとめました。

評価については、アンケート調査をして視聴したいと思ってる作品をまとめた感じです。

目次

ポケットモンスター新シリーズ

ポケットモンスターがアニメになってから20年以上経ちますが、アニメの主人公はずっとサトシでした。

そのサトシが引退し、今作からはリコとロイが主人公になるということです。

ポケモンマスターになるという目標だったサトシですが、大会で優勝も数回果たし、晴れてポケモンマスターになったため引退したようです。

サトシとピカチュウが定番だったため、主人公交代を嘆く声も多くありました。

ですが、リコはサトシの娘設定では?という噂もあり、新シリーズで大人になったサトシ登場もあるかもしれません。

まだ主人公ビジュアルしか公開されていないため謎が多いですが、どんな展開になるのか、リコとロイに人気は集まるのか注目です。

口コミをもっと読む
うさきち

ついにあのサトシが引退して新シリーズに突入。1つのシリーズが終わり、次のシリーズ放送が決まると主人公サトシは変わらず、いつまで彼は年を取らずポケモンマスターを目指すのかと毎年思っていた。しかし、突如ネットニュースにも上がったサトシの引退。これは衝撃的だった。サトシはどこに行ってしまうのか。新しい主人公よりもそちらに考えがいってしまう。1話を見ればサトシの行方を知ることができるのだろうか。内容への期待よりもそちらにばかり考えがいってしまう。幼いころより見ていたポケットモンスターの主人公サトシの行方を知りたい。こう思うポケモン世代は多いはずだ。ネットでのネタバレが多いこのご時世、これだけはリアルタイムで見届けてほしい。

推しの子

かぐや様は告らせたいの作者である赤坂アカ先生の作品で、アニメ化以前から衝撃作として話題となっていました。

漫画からのファンです。殺されてしまった産婦人科医がなぜか推しアイドルの子供として生まれ変わる。

この設定だけ聞くと奇想天外すぎて敬遠してしまう人も多いと思います。

しかし、この設定は大事でありますがそこまで全面には出てきません。

芸能界の陰謀により殺されてしまった母親の復讐のため芸能界に身を投じていく主人公という側面が強いです。

暗い雰囲気になりそうですが、そこはかぐや様の作者だけあっていい塩梅で作られていると思います。

原作からなのでぜひぜひ声をつけて再現されてほしい場面が各所にあって楽しみです。

個人的には、人を惹きつけてその人生すらも捻じ曲げてしまうカリスマ性を持っているアイやルビーをどうやって表現していくかが楽しみです。

口コミをもっと読む
うさきち

推しの話かと思いきや、産婦人科医のゴローが転生して推し子(赤ちゃん)に生まれてきてしまい、さらに推しであり母である星野アイが殺されてしまい、真相を求めて芸能界に潜入して探っていくというストーリー展開です。
少し複雑なのでわかりやすくかつテンポ良く進められるか、また登場キャラの心情や葛藤をうまく伝えられるか、アニメでもそのあたりが表現されるかが見どころだと思います。
タイトルだけは知っている方も多いと思いますので、これを機にアニメで見ることもオススメします。
最近流行りの転生モノですが芸能界というジャンルも足されて、漫画の時点では中々の高評価です。

鬼滅の刃 刀鍛冶の里編

アニメと映画ともに世界的なヒットを記録し、原作漫画は1億5000万部以上の売り上げをたたき出した「鬼滅の刃」。

今シーズンの「刀鍛冶の里編」はシリーズの最新作として、期待値も非常に高いです。

SNSでは「刀鍛冶の里編はいつ放送されるのか?」というコメントが多くあり、それだけ多くの人が待ち望んでいた作品と言えます。

声優も前作に引き続き、花江夏樹さんや花澤香菜さんなどの人気声優さんが続行することが発表されており、下野紘さんや河西健吾さんなど、アニメ・声優好きにはたまらない豪華声優陣。

原作の面白さを引き立たせること間違いなしとみて、非常に期待できます。放送時間が土曜プレミアの時間で、視聴率も高くなるでしょう。

口コミをもっと読む
うさきち

大人気アニメの続編です。原作はすでに完結しているため結末を知っている方が多い作品ですが、何といってもアニメーションのクオリティの高さに驚かされます。正直、原作の漫画では絵がうまいという印象はあまりありませんでした。どちらかといえば、ストーリー構成やそれぞれのキャラクターのバックグラウンドに惹かれて読んでいた記憶が残っています。しかし、初めてアニメを見た時には衝撃が走りました。繊細で綺麗な絵、戦闘シーンではアニメーションの迫力が凄まじく、瞬く間に心を掴まれました。また、キャラクターの回想シーンで流れるBGMのセンスが良く、時に悪役とされる的にも心情が湧くことも魅力といえます。鬼との戦闘が激化するに連れ、迫力が増す戦闘シーンに期待が高まります

王様ランキング 勇気の宝

フジテレビのノイタミナ枠で放送された「王様ランキング」。

前作は、耳が聞こえない少年・ボッジが、相棒のカゲと出会い、共に支え合いながら、勇敢な王様として成長していく過程が繊細に描かれました。

SNSでは「泣ける」という感想が多く投稿され、視聴者に感動を呼び、非常に話題をなりました。

本作では、主人公のボッジではなく、仲間たちの人生に焦点をあてた物語となっており、前作と違った見方ができるので、ぜひおススメします。主人公だけでなく、周囲の仲間たちにも、それぞれの思いや壮絶な過去を抱えているため、見ごたえがあること間違いなし。

本作を見た後に、前作を見ると、より面白味が増すでしょう。

事情を知らない転校生がグイグイ来る。

クラスで「死神」と呼ばれ、浮いた存在である主人公の西村さん。

本当はすごく優しくて、友達と仲良くしたいと思っているのですが、「死神」というあだ名のせいでいつもひとりぼっちでした。

しかし、事情の知らない転校生の高田君は、西村さんのことを「カッコいい」と言い、仲良くしようとグイグイ話しかけてきます。

友達のいない西村さんにとって、高田くんのは温かく、特別な存在になっていきます。

孤独で暗い性格だった西村さんが、高田くんと仲良くなることで、徐々に明るくなっていき、高田君に救われていくさまにほっこりします。

当の高田くんは、西村さんを救っている自覚もなく、純粋でまっすぐ。視聴者をピュアな気持ちにしてくれること間違いなしです。

東京ミュウミュウ にゅ~♡ 第2期

「東京ミュウミュウ にゅ~♡ 第2期」は2002年に放送された「東京ミュウミュウ」のリメイク作品になります。

声優も一新されてキャラクターも「藍沢みんと」と藤原ざくろの変身時のミュウザクロは髪型が変更されています。

物語は旧作版(2002年版)にはない独自の話もあり旧作版を視聴していた方も改めて見る価値があります。

セーラームーンやプリキュアみたいにヒロインが変身して戦う物語なので戦うヒロインが好きな人にもおすすめできる作品です。

筆者は旧作版(2002年版)も視聴済みです。

旧作版では藤原ざくろ(変身時:ミュウザクロ)とキッシュがお気に入りのキャラクターで本作でも変わりませんが、本作では桃宮いちご(変身時:ミュウイチゴ)が特に気に入っています。

その理由は八重歯と声優の棒読みの演技です。

棒読みの理由はわかりませんが個性があって良い意味で目立っているので、今後の桃宮いちごに注目です。

異世界はスマートフォンとともに。2

「異世界はスマートフォンとともに。2」は「異世界はスマートフォンとともに」の続編で2期目の作品になります。

物語は異世界転生系の話で主人公の望月冬夜が魔法の他に万能な性能のスマートフォンを駆使して無双します。

他にも筆者としては近年は数少なくなってきた(ように感じる)ハーレム系の作品でもあり美少女ヒロイン達がたくさん登場して主人公の望月冬夜と共に冒険して戦います。

時には他のヒロイン達が望月冬夜を取り合って争ったり、ラブコメ漫画みたいにエッチな展開もあるので主人公が美少女達と仲良くするハーレム展開が好きな人にはオススメです。

2期では新たなるヒロインも登場するみたいですので新ヒロイン達がどのように主人公の望月冬夜と物語にどのように関わってくるのか楽しみです。

機動戦士ガンダム 水星の魔女 season2

あわせて読みたい
- YouTube Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.

「機動戦士ガンダム 水星の魔女 season2」は「機動戦士ガンダム 水星の魔女(1期)」の続編です。ガンダムシリーズ初の女性主人公で学園系の物語になります。

1期は序盤~中盤は主に学園内での生徒同士の物語となっています。

生徒同士のいざこざはモビルスーツによる決闘で解決するといういわば「機動武闘伝Gガンダム」のガンダムファイトみたいな感じだったのでガンダムシリ―ズにしては珍しく死傷者もでることがなかったのですが1期の終盤では主人公のスレッタ達は正体不明の敵(その中の一人は自称地球の魔女)に襲われてしまいます。

そして最終話にあたる12話ではこれまで死亡者0人だったのですが敵味方双方で犠牲者が大量に続出します。

クライマックスではスレッタの婚約者でもあるミオリネを救う為にスレッタは生身の敵の兵士をガンダムの手で押し潰して殺害します。(まるで害虫を殺すような感じで)

これまでガンダム作品はたくさん視聴してましたが、こんな残虐シーンは初です。(それも17時という夕方の時間)

ガンダム作品は次第に先行きが気になる展開になるので本作も最後まで期待して視聴したいです。

口コミをもっと読む
うさきち

やっと続きが見られるのかという感想です。最後、スレッタとプロスペラの異常な関係性、スレッタとミオリネの亀裂等あげればキリがないモヤモヤをついに解消されられるかと思うと待ち遠しくて仕方がありません。また、前回のオープニングもアニメにマッチしていたので変わってしまう寂しさがありつつも次はどんな曲なのかというところも気になります。個人的に気になるキャラクターはグエルです。前回最終話で図らずも父親に認められないまま殺害してしまうという闇落ち確実なことをしてしまったグエル。しかし、自身の処遇の危うくを承知の上でスレッタのためにエランと真っ向勝負を挑んだ彼。そんな心の弱い人間ではないと思うので2期ではぜひスレッタの味方として輝いてほしいと思います。

ぺんた

。ガンダムシリーズという事もあり、元々注目度の高かった作品でしたが、前期の衝撃的なラストからその続きが最も気になる形になっていました。前期ラストで主人公スレッタが残忍な殺人を行ったことからヒロイン(というより百合要素の濃い作品だったのですが)ミオリネとの関係性が絶たれたあたりも続きが気になる要素の一つでしたが、1期の要所要所にあった不穏要素や残酷な展開などが2期で一気に描かれる予感が感じられますね。一方で1期で描かれた学園要素や企業ものの要素は薄れていくのか?というのも感じられます。1期で一通りの世界観が紹介されたので、2期からガンダムの本領発揮というべきシリアス展開が予感できます。

ゴールデンカムイ第四期

去年原作が完結した人気シリーズの第四期。

北海道に眠るアイヌの金塊をめぐってそれぞれの派閥による熾烈な争いも新シリーズに突入。舞台はロシアから再び北海道へ。

登場するキャラクターの個性が強く、メインキャラクターそれぞれにファンが多い。暴力的なシーンや動物に襲われるなどシリアスなシーンも多いが、それ以上につい笑ってしまうような癖の強いエピソードが組み込まれており、心を掴まれること間違いなし。

金塊を巡っての争いもいよいよ折り返し。物語を経て次第に成長していくアシリパ。

金塊のカギと判明した彼女を巡って争いはより過激になっていく。そんな争いの中、杉元は彼女の幸せを願い奔走していく。

ここまで人のために動けるのかと、心打たれるシーン続出でおすすめのアニメです。

BIRDIE WING -Golf Girls’ Story- Season2

痛快ゴルフアニメ。一期がやっていた時は齧り付くように見ていました。

ゴルフ能力漫画であり、主人公のゴルフに私の心も打ち抜かれてしまいました。

2期はいよいよ全国の強豪ゴルファーとの激闘を描かれると思うので、楽しみで仕方ありません。しかも、PVでは主人公の生い立ちにも一捻りありそうなのでより楽しみです。

また、主人公の虹色の弾丸が謎に出し惜しみされていたのでぜひ7色全部を出し惜しみせずに使って並み居る強豪を薙ぎ倒してほしいです。

後、地味に中原麻衣などといった歴戦の声優陣で固められているのでそこも個人的にはこのアニメを推してしまうポイントです。

「進撃の巨人 ファイナルシーズン完結編 前編・後編」

2013年の最初のシーズンからずっと欠かさず見てきた進撃の巨人がついに完結するということでとても期待しています。

当時小学生だった私も成人し、調査兵団達と共に年を重ねてきました。

度重なる試練に命を落とす団員を見て耐え難い感情と共に涙する場面もありましたが、巨人と人間の戦いに終止符を打つ時が来たと、とても興奮しております。

果たしてミカサ・アルミン率いる調査兵団は、エレンの地ならしを止めることができるのか。また三人で昔のように笑い合うことができるのか。ワクワクしております。

前編は2023年3月3日に公開され、後編は2023年秋に放送予定となっています。

「ウマ娘 プリティーダービー Road to tha top」

新シリーズアニメ「ウマ娘 プリティーダービー ROAD TO THE TOP」が2023年4月16日からウマ娘公式YouTubeチャンネル「ぱかチューブっ!」にて毎週日曜日21:00ごろ配信予定と発表されました。

TV放送されていたウマ娘のシーズン1とシーズン2、それからゲームアプリもかなりやりこんでいますので、とても楽しみなアニメです。

また、このアニメはシーズン3というわけではなく、「新シリーズ」となっています。

今まで沢山のスポットライトに当たってきたウマ娘ではなくまた新たに存在感を築いていくウマ娘達ですので、期待感も高くワクワクしています。

マイホームヒーロー

本作は原作漫画を少し読んだことがありますが,主人公側と敵側の騙し合いのような心理戦がとても面白く,アニメ化されると知ってとても楽しみにしていました。

主人公は冴えない中年のおじさんの鳥栖哲雄ですが,自身で投稿サイト用に小説を書いているほどのミステリーオタク。

一般人ではありますが,死体の解体処理の仕方など,裏社会の住人しか知らなそうな恐ろしいことも創作ネタとして色々調べていて詳しい訳です。

妻の歌仙の実家が資産家のため,裏社会の人間たちに目を付けられ,愛娘の零花を守るために彼氏で半グレの延人を殺し,殺人犯となってしまった哲雄と共犯者となった歌仙は,自分たちのことを怪しむヤクザの恭一や,詐欺師で延人の父親でもある麻取義辰たちと駆け引きをしていくことになります。

ミステリーオタクの哲雄の脚本に基づいて演技派の歌仙が協力し,裏社会の連中を翻弄していく様はスリル満点で最高に面白いです。

アニメではどのような演出が加わるのか楽しみですし,声優陣も諏訪部順一さんや三木眞一郎さんなど豪華なので期待しています。

地獄楽

「本作は不死身に近い忍の画眉丸を中心とした和風ファンタジーですが,制作が今をときめくMAPPAということで凄く楽しみです。

MAPPAと言えば数々のアニメでクオリティの高い戦闘シーンを生み出してきましたが,本作でも様々な死闘が繰り広げられるはずなので,MAPPAらしい見応えのあるバトルシーンを期待しています。

死罪人となった画眉丸は命を受けて「不老不死の仙薬」を求めてとある島へやってきますが,そこには謎めいた生物が待ち構えており,他にも同じ目的を持つ死罪人たちもいるため,命がけの戦いを強いられることになります。

画眉丸は最近気になっている小林千晃さんが演じられるとのことで楽しみですし,PVを見た限りではとてもピッタリの配役だなと感じました。

椎名林檎の主題歌もとても格好良いです。

贄姫と獣の王

本作は元々原作が大好きで読んでいた作品だったので,アニメ化が決まった時からずっと楽しみにしていました。

「贄姫」とは主人公のサリフィを指していますが,生贄として連れてこられた心優しいサリフィは秘密を抱えている魔物の王の孤独を知り,彼の婚約者候補となります。

人間を蔑む魔物が多い中でもサリフィは心を曇らせず,味方を増やしていくところが素敵です。人間と魔物が互いに憎しみ合う世界で,その憎しみを取り払い,両者が平和に暮らせる国作りをしようと奮闘する二人を応援したくなる作品です。

アニメではサリフィを花澤香菜さんが演じ,王のレオンハートを日野聡さんが演じられるとのことで,雰囲気が想像通りなので期待しています。

また,本作には可愛らしい魔物も沢山登場するので,彼らがアニメでわらわらと動き出すのが楽しみです。

ちびゴジラの逆襲

朝の子供向け短編アニメ番組集の一環とはいえ、元々ゴジラファンだったのでやはり新作ということで気になってしまいます(笑)。

また、ゴジラ自体2014年のハリウッド版以降シリーズが再開しているものの、話題となったシン・ゴジラやそれまでのアニメ版など子供にとっつきにくい作品が多い印象だったので、本作がきっかけで子供がゴジラが好きになるきっかけになればいいなとも感じました。

また、短編アニメゆえかシリーズでお馴染みの怪獣達も(他は面影あるもののゴジラとメカゴジラのデザインが一番違和感あるような笑)

喋るというのが新鮮に感じられそうで(笑)、怪獣たちを演じる声優陣も豪華な顔ぶれになっているので期待できますね。

ULTRAMAN FINALシーズン

初代ウルトラマンに変身していたハヤタの息子がウルトラマンの能力を宿した強化服を纏って異星人犯罪と戦うヒーローアクション作品の最終章を描いた作品です。

ウルトラ6兄弟(に該当するキャラ)集結によるアクション巨編感が強かった前作から一転、主人公・進次郎の葛藤を描いた不吉な要素が散りばめられていて、最終章らしい壮絶なドラマが期待できます。

また、キャラクター面でもウルトラの母を彷彿とさせるウルトラマンスーツが確認されて気になる一方、メフィラス星人をモチーフにしたと思しきメフィストやかつてのままの姿で登場するゼットンなどは昨年話題になったシン・ウルトラマンを意識してる感がありますが(笑)

登場キャラ面においても気になるチョイスになっていますね。

まとめ

2023年春アニメで特に期待度が高いのは、「鬼滅の刃」と「推しの子」かもしれません。

毎シーズン沢山アニメが放送されますが、なかなか視聴しきれないことも多いと思うので、ネット動画配信サイトで2倍速視聴すると一気観消化しやすくておすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次