iPhoneはなぜUSB-Cを採用しない?ライトニングケーブル不要

ライトニングケーブル

2021年の9月にiPhone13/Pro/Pro Maxが発売されることが決定しましたが、「指紋認証」と「USB-Cポート」が付かなかったことで不満というiPhoneユーザーが多そうでした。

ということで、なぜiPhoneだけUSB-Cを採用せずにライトニングケーブルをずっと使い続けるのかついて調べてみました。

ただ。個人的な意見としては、現状のiPhoneでも対応策があるので、別に「指紋認証」と「USB-Cポート」が付いてなくても問題ないと思ってます。

今回は、iPhoneをより快適に使うために便利な機能を紹介します。

目次

iPhoneはなぜUSB-Cを採用しない?

ライトニングケーブルは、アップル製品独自規格なのでUSB-Cを使うことでアップルの利益が減るからです。

ライトニングケーブルは、小さくて裏表気にせず使うことが出来るので、昔は使うメリットがありました。

今は、「USB-C」ポートの方が充電速度やデータの通信速度が速いため、ライトニングケーブルを使うメリットは、ほとんどありません。

ライトニングケーブルを使い続けるのは、アップル製品のキーボード、マウス、トラックパッドなどもライトニングケーブルなので、利益を減らすような行為はしたくないのだと思います。

USB-Cは防水性能機能が低い?

次にライトニングケーブルが「USB-C」に変わって欲しいという要望も多くて、「iPad mini」の方は変更されてますが、「iPhone」は、ずっとライトニングケーブルのままで不満が多いということです。

ライトニングがUSB-Cに変わらない理由としては、防水性能が落ちることとライトニングケーブルを使うことで、独占的に利益を上げ続けることが出来ることかと思います。

iPhone12、13の防水・防塵性能は、IP68で、最大水深4メートルで最大30分間の防水性能があるとされてます。

今の「iPhone」は、防水性能がそれなりにあるためお風呂でそのまま使うことが出来るぐらいです。

もし、USB-Cに変えると防水性能が落ちるぐらいなら「ライトニングケーブル」のままの方が良いと思います。

現状、iPadは全て防水になって以内ことから、USB-Cは防水耐性が低いのかなと思ってます。

今後のiPhoneはライトニングケーブルすら無くなる?

こちらは、可能性というか予想になりますが、新しいiPhoneは近いうちに完全にワイヤレスメインにする可能性があるのでは考えてます。

少なくともProシリーズは、もう完全ワイヤレスにしてしまうのも良いと思うぐらいです。

個人的には、iPhoneをケーブルに繋いで利用する人のほうが少ないと思ってます。

スマホをケーブルに接続するのは、充電が一番多いかと思いますが、充電するならワイヤレスの方が圧倒的に便利です。(充電速度は、有線の方が優れてるけど)

ケーブル端子を無くせばより、防水機能を高めることが出来るなら、自分的にはケーブル端子は無くてもいいかなと考えてます。

ぴよきち

データ転送もWi-Fiなどの無線で対応することが出来るので、基本的にライトニングケーブルを接続する機会とか滅多にないんですよね。旅行先で充電する時ぐらいです。

iPhoneの指紋認証はFace IDに完全移行か

今までは、マスクをしているとアップルウォッチが無いとフェイスIDで解除することが出来ませんでしたが、アップデートによりマスクをしている状態でも解除することが出来るようになりました。

このアップデートにより、ほとんどの場合「Face ID」で解除することが出来るようになったため、今後指紋認証が復活するということは、かなり低くなったかもしれません。

アップルウォッチの必要性が少し減りましたが、キャッシュレス決済やMacBook Proのロック解除には、まだまだ使えるのでアップル製品同士の連携は便利ですね。

iPhoneはなぜUSB-Cを採用しないのかまとめ

  • ライトニングケーブルの方がアップルの利益になるから
  • 防水性能が落ちる可能性が高い
  • 完全ワイヤレス対応の方がありそう

最近のiPhoneは、カメラ機能ぐらいしかパワーアップしていないので、そろそろ画期的な変化が欲しいです。

可能性としては、折りたたみiPhoneかライトニングケーブル廃止の完全ワイヤレスぐらいはして欲しいですね。

とりあえず、ケーブル類は出来るだけ統一して減らしたいと思います。

もっと、新しい機種が欲しくなるような変化に期待です。

せっかくマグセーフという機能も出ましたしね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる