Surface Pro8は大学生におすすめ出来る?ノート代わりに使えるか

Surface Pro 8

サーフェスは、パソコンでありながらタッチパネルも対応しているので、タブレット代わりに使うことが出来る機種です。

別売りのペンを購入することで、ノートを取ったり絵を描いたりすることも出来るので、イラストレーターの方にも人気がある機種です。

しかし、薄型のパソコンなので、3D系のゲームは厳しいので、ゲームをメインでやりたい人は、素直にゲーミングパソコンがおすすめになります。

ただ一般的な用途や勉強、仕事用途なら圧倒的に使いやすいので、いま一番オススメできるWindowsパソコンじゃないかなと思います。

ということで、今回は「Surface Pro 8(SSD256GB・8GB・IntelCorei5)」の評価レビューを実際に使ってみた感想をまとめました

目次

Surface Pro 8評価レビュー

2021年11月に購入して、数ヶ月利用した評価レビューになります。

サーフェスプロ8は、大学生や社会人でもはじめて買うパソコンとしておすすめ出来ると判断しました!

先に簡単に完結なレビューをまとめておきます。

サーフェスプロ8の総評価
  • バッテリー持ちはiPadなどと比較するとどんどん減る
  • 動作は非常に快適で必要十分なスペックがある
  • windowsなので、様々なソフトが使える

はじめてのパソコンで、Macを選択する人も居るかもしれませんが、Macは結構使える用途が決まっていて、何をするかわからない状態レベルだとWindowsを選択した方が無難な選択です。

WindowsかMacどっちを買うべき?

サーフェスプロ8の使用用途

主に動画編集、クラウド連携でのノート代わり、イラスト作成、雑誌や記事閲覧、他

以前のSurface Pro 7では動画制作や並行作業の時に止まる事が多いので、今回パワーアップしたSurface Pro 8を選びました。

「iPad Pro」などのタブレット端末では、ファイル管理が少し面倒だったりパソコン作業が出来ないところがあります。

しかし、サーフェスならパソコンとタブレットの作業がまとめて出来るところが気に入ってます。

パソコンなのにタブレットでも使えるというパソコンですね。

サーフェスプロ8のレビュー

7の時と違い連続使用でもバッテリーが半日以上持つので、充電に関する不便さを感じなくなりました。

外で長時間使用してもストレスがなく、それだけでこんなに気楽なのかと改めて思いました。

また、7よりも若干重くなりましたが、それでも薄くてとても軽いので、持ち運び時にはやはりかなり便利です。

サーフェスプロ8の最大バッテリー駆動時間は、16時間とされてます。

しかし、普通にガッツリ作業したら連続使用時間は、5〜6時間ぐらいな感じです。

この辺は、「MacBook Air2020年」や「iPad Pro」などと比較するとどんどんバッテリーは減っていくなと感じます。

MacBook Air M1レビューまとめ

バッテリー持ちの対策は、大容量のモバイルバッテリーを一つ持っておけば対策することが出来るので問題になることはないです。

私は、バッテリー切れになったら一番困るので、非常用として持ち歩くようにしてますが、本当に非常時のみなので今まで出番になったことは無いです。

スピーカーも良質

スピーカーの位置も音が聞きやすく、設計が秀逸だと思います。

耳の位置を計算して考えた事がわかり、些細な動画やちょっとした音楽を観たり聴いたり時でも臨場感があります。

音質は、パソコンに標準搭載されてるスピーカーにしては非常に良いと思いました。

ちょっと動画を楽しんだりする分には、外部スピーカーを使わなくても不満はないです。

サーフェスプロ8のスペックは必要十分

パソコンとして重要なのは、一定の処理速度や動作の安定です。

新しい機種になるため、全体的にパワーが向上している点はありがたいです。

以前なら作業時にストレスを感じる時があった処理速度の遅さ、レスポンスのいらつき等を、全く感じなくなりました。

ちょっとしたファイルの作成時だけでも、以前より素早く動くのが体感でわかります。

もちろんwindows連携なので、モニタ繋ぎで簡単に使える点も本当に便利だと感じています。

また、13インチのサイズはとても使いやすく、画面比率も画面が見やすいので優秀だと思います。

このサイズなら、持ち運びと自宅での作業どちらでも使いやすいベストサイズです。

15インチだと持ち運びするバッグが制限されたり、重量が重たくなりがちなので、13インチはベストサイズだと思います。

ノートや絵を描くならペーパーライクフィルム一択

ガラスフィルムは、つるつる滑ったりするのでペンシルを使ったメモ書きやイラスト描きには向いてません。

ペーパーライクフィルムを貼ると全然違うレベルでペンシルの使い心地が良くなるので、ペンシルの用途が多い人は、ペーパーライクが必須です。

ペーパーライクのデメリットは、若干が画質が落ちることですが、これはどのペーパーライクを使ってもダメでした。

画質重視するなら、ガラスフィルムの選択になりますが、ペンシルの使い心地は微妙なので、どっちを取るかっていう感じですね。

私の場合は、両方欲しいと思った結果、ペーパーライクとガラスフィルム「iPad Pro」なんて2台持ちにしてます。

サーフェスプロ8のデメリットについて

惜しいのは、マイクロSDカードのスロットと、USB-Aのポートが無くなってしまった事。

特にマイクロSDについては、今までのデータなども連動させたい時に他の対応が+α必要になるので、ちょっと不便です。

最近の薄型パソコンは、ほとんどUSB-Cのみになってるので時代かもしれません。

こういったUSB-Cハブを使うことで「マイクロSD」や「USB-A」などを拡張させることが出来ます。

サーフェスと合わせて購入しておくと便利というか必須級の周辺機器です。

あとはスリムペンのタッチ感覚を、売り文句のように本当に自然にして欲しかったです。

まったく違う体感だと感じました。

サーフェスにペーパーライクフィルムを貼って使用しようと考えてる方は、「スリムペン2」のペン先が別売りで販売されていないので描き心地は良くても、ペン先が交換できないのが不満です。

本気で毎日イラストを描きたいと考えてる方は、液タブを購入するか「iPad Pro」を選択したほうがいいかもしれません。

ただ使用用途がイラストメインじゃなければ、ほとんどの人が満足できる機種としては仕上がってると思います。

ガラスフィルムでも慣れたら、普通に描くことが出来ますが、ペーパーライクの快適さを知るとペーパーライクを使いたくなります。

スリムペン2のペン先さえ交換することが出来たら良かったのですが、これが出来ないのよくないでしょう。

サーフェスプロ8まとめ

M1のMacBook Pro・Airもノートパソコンとしては、かなり優秀ですが「サーフェスプロ8」だとタブレット端末としても使えてますし、Windowsなので対応しているソフトが多くておすすめです。

オフィスも搭載されてるので、とりあえずこのパソコンを選択しておけば、少なくとも3年ぐらいは余裕で使えるレベルです。

一般的な用途なら、普通に5年は使えるかもしれません。

あわせて読みたい
MacBook Pro13インチ2020年口コミレビューM1チップ【1年使用】 今回は、「MacBook Pro13インチ」2020年モデルの口コミレビューを1年以上ガッツリ使用してきたレビューをしていきます。 発売当初の簡単なレビューでは、わからない部分...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる