Fateシリーズ最強のサーヴァントは誰?強さランキングまとめ

Fateシリーズ最強のサーヴァントは誰?

マスター(魔術師)が召喚した英雄(サーヴァント)と共闘していくうちに様々なストーリーが生まれ熱い展開を垣間見ることができる『Fate』。

一体、本当に強いサーヴァントは誰なのか?を見極めながら視聴するのもこのアニメの醍醐味の一つです。

この記事では、あくまでも個人的な見解になりますが、サーヴァントの強さをランキング形式でまとめてみました。

なお、今回は主に〖冬木市〗で起こった聖杯戦争にまつわる第4次聖杯戦争〖Fate/Zero〗と第5次聖杯戦争〖Fate/stay nightシリーズ〗の参加者に限らせていただいています。

※ネタばれあります。ご注意ください。

目次

10位★メディア

ギリシャ神話におけるコルキス国の王の娘〖裏切りの魔女〗という異名を持っています。

クラスはキャスター

彼女自身も魔術師であり、第5次聖杯戦争時には、自らもアサシンを召喚しています。

宝具

代表的な宝具は【破壊すべき全ての符(ルールブレイカー)】

短剣で切りつけることにより、相手のあらゆる魔術を初期化します。

『UNLIMITED BLADE WORKS』では、これによって士郎はセイバーとの契約をきられてしまいました。

人のサーヴァントを裏切らせることが出来る能力とか…ちょっとエグイですねw

なかなか油断出来ない相手です。

第9位★メデューサ

ギリシャ神話におけるゴルゴン3姉妹の末っ子・メデューサ

クラスはライダー

鎖を巧みに操り、基本は鎖付きの剣で闘っています。

宝具

代表的な宝具は【鮮血神殿(ブラッドフォート・アンドロメダ)】。

まがまがしい結界をはります…。

間桐桜とは似ている境遇や姉妹が居たことからか、親近感を抱いており、桜の命を何より優先している節がありますね。

当初、間桐慎二のサーヴァントだったころは、負け戦が多くみられましたが、マスターが桜になると、頼もしいサーヴァントに様変わりすることから、メデューサの強さは、桜に起因しているのかもしれませんね!

第8位★ヘラクレス

真名はギリシャ神話の英雄・ヘラクレス

クラスはバーサーカー

最強のサーヴァントと称されるように、こと【剛力】においては全サーヴァントの中でもトップクラスです。

宝具

代表的な宝具は【十二の試練(ゴッド・ハンド)】であり、バーサーカーは11回目までは生き返ることができます。

それだけでも圧倒的に有利な感じがしますよね⁈

第7位★ランスロット

真名はアーサー王伝説の円卓の騎士の一人であり、アーサー王の妻を奪った、裏切りの騎士・ランスロットです。

クラスはバーサーカー。

宝具

代表的な宝具【騎士は徒手にて死せず(ナイト・オブ・オーナー)】は、触れたものを自身の宝具とすることが出来るという能力…

つまり…英霊になった今もまだ…奪うという癖…治らないわけですね⁈ランスロット(汗)

ギルガメッシュの攻撃で飛んできた剣も自身の武器にしていましたね!

今作においてはアーサー王への執着が強く、故にアーサー王には勝てず…敗北という結果になったように思います。

第6位★エミヤ

真名はどこかの未来の衛宮士郎

クラスはアーチャー。

メインの武器は弓ではなく、二本で一対の夫婦剣〖干渉・莫邪〗で闘うことが多いです。

宝具

弓の技術もさることながら、本来は弓兵でも剣士でもなく魔術師(?)であるエミヤの宝具となるものは固有結界【無限の剣製(アンリミテッドブレードワークス)】

これにより本来の物よりワンランク落ちるものの、多数の武具を投影することができます。

…ということはギルガメッシュのあんな剣やこんな武器も投影できるかも?なわけで…期待値大ですね。

第5位★ディルムット・オディナ

真名は、ケルト神話におけるフィオナ騎士団の騎士・ディルムット・オディナ

クラスはランサー

宝具

ディルムットの強みは宝具である2本の槍です。

【破魔の紅薔薇(ゲイ・ジャルグ)】は紅い長槍で、触れたものの魔力を無効化するという効果があり、対セイバー戦において、セイバーの魔力によってできている鎧の効果をうちけしています。

しかしながら、この効果については、触れた箇所だけ、触れている間だけ…という制約があります。

もう1本の黄色の短槍【必滅の黄薔薇(ゲイ・ボウ)】でつけた傷は癒えることはありません。

対セイバー戦において、この短槍に襲われたセイバーは左手の魔力が使えない窮地に立たされピンチになりましたが、ディルムットにより槍が破壊されたため、元に戻っています。

第4位★クー・フーリン

真名はケルト神話の半神半人・クーフーリン

生前は敗戦経験のない無敗の英雄として知られていました。

クラスはランサー

宝具

宝具は槍。

【刺し穿つ死棘の槍(ゲイ・ボルク)】は呪いによって因果の逆転を可能にする必殺技。

〖心臓に命中させる〗ことをきめてから〖槍を放つ〗…この攻撃をよけきるには幸運レベルがカギになる模様です。

【突き穿つ死翔の槍(ゲイ・ボルク)】は因果逆転の呪いがない故、必殺はないものの、威力と、命中するまで何度も攻撃をしかける性質を持っています。

マスターがイケてない説w

作中でのランサーは、言峰の令呪により、〖相手を殺すことなく生還する〗コトが使命だったため、一見弱そうに映っていましたが、本来この宝具はかなり厄介なものといえますね。

実際、詳細は描かれていませんが、『Fate』ではギルガメシュを半日も足止めし、いくらかのダメージも与えたというエピソードが知られています。

本当は強いクーフーリン!

第3位★イスカンダル

真名・イスカンダル(アレクサンドロス三世)

クラスはライダー

宝具

主な宝具は【王の軍勢(アイオニオン・ヘタイロイ】です。

かつての臣下であった軍勢を召喚して、砂漠の地にて共に戦うという固有結界。

英霊になってもなお王に仕える大勢の臣下がいるということ…このことこそがイスカンダルの生き様の証であり、一番の強みと言っても過言ではないでしょう。

敵にも味方にも愛された英霊

マスターとしては未熟といえるウェイバーを見下すこともなく、同じ目的を果たす友であると接し、宝具【王の軍勢】は魔力消費が激しく、マスターへの負担がかかるのを気にして、密かに自身の貯蔵魔力で補っていたことなど、マスターとの絆も強いものでした。

倒すべきサーヴァント達にも、真摯にふるまっていました。

自分以外の者を〖雑種〗と呼ぶ、あのギルガメッシュでさえも、イスカンダル戦では敬意を表し、最初から宝具である〖エア〗を使用して全力で応えています。

勝敗の結果に関わらず、紛れもなくギルガメッシュが認めた相手であり、精神的には降伏させた…と言いたくなる程の力量で、様々な人を魅了して、それぞれの心に爪痕を残して圧倒的に潔く去っていきました。

第2位★アルトリア・ペンドラゴン

真名はアルトリア・ペンドラゴンで、クラスはセイバー

古代イギリスのアーサー王伝説におけるアーサー王、その人です。

宝具

アーサーの宝具と言えば、【約束された勝利の剣(エクスカリバー)】ですね。

対城宝具であるエクスカリバーは城ごとぶち壊せる破壊力を持し、ライダー(イスカンダル)と対峙した際は、イスカンダルの戦車(チャリオット)を一瞬にして壊してしまいました。

もう一つの宝具【全て遠き理想郷(アヴァロン)】は、真名をもって解放することにより、その所有者をあらゆる干渉や攻撃からシャットアウトし、治癒能力も持していて最強の守りをみせます。

アヴァロンの発動中にうかつに攻撃をしかければ、はじき返されることになります。ギルガメッシュの【エア】を持ってしても、傷をつけることは不可能でした。

セイバーがアヴァロンを所持していたら…

『Fate/zero』や『Fate/stay night』においては、アヴァロンは、切嗣や士郎が借用していたため

セイバーは、この宝具が発揮できませんでした。

しかしながらもし、セイバーがこれを常時所持し、戦うとなると、自身のダメージを気にすることなく攻撃をしかけることができ、更には、有力なマスターからの魔力供給も備われば、まさに最強の戦士となるに違いありません!

今回はアヴァロンを途中まで所持しておらず、マスターも士郎や切嗣ということで、最強とまではいきませんでしたが、セイバー・オルタの強さも含め、2位という結果です。

第1位★ギルガメッシュ

真名はメソポタミア神話の『ギルガメッシュ叙事詩』で、伝説の世界最古の王・ギルガメッシュその人です。

クラスは、アーチャー

宝具

ギルガメシュの宝具といえば【王の財宝(ゲート・オブ・バビロン】です。

突如何もない空間を宝物庫と繋げることができ、そこから射出される数々の武器や剣。

その攻撃は、武器を一つずつ取り出すことも、一斉に射撃することも可能でどんな攻撃を仕掛けるかも自由自在。

さらなる宝具に【乖離剣・エア】というドリルみたいなスゴイ剣⁈も持しています。これはやたらめったに使用せず、ギルガメッシュ自身が〖使うべき相手〗だと判断した時のみ放出されます。

〖Fate/stay night〗ではギルガメッシュ曰く、ニセモノである衛宮士郎〖本物である自分を知らしめるため〗に使用。

〖Fate/zero〗ではイスカンダルに、〖認めた相手だからこそ一撃目からこのエアを用いて、征服王を完膚なきまでに叩きのめしました。

英雄王の情

更に、好戦的で残忍なギルガメッシュがイスカンダル戦の後、イスカンダルのマスターであるウェイバーを見逃す…という器の大きさも見せてくれました。

その姿は、強さ、知的さ、人間の大きさ、共に最強の王そのものでしたね!

もしもギルガメシュが〖勝利〗ということに執着して、常に本気で闘う戦士だったなら…

絶対の自信を誇る慢心な性格ではなかったなら…

ダントツの1位として君臨していたに違いありません。

しかしながらそこを差し引いても、1位はやっぱりギルガメッシュ…その人であって欲しいということでw堂々たる第1位でした。

Fateシリーズ最強のサーヴァントまとめ

完全に独断と偏見が強め⁈のランキングでしたが…

改めてまとめてみますと、強者ぞろいですね!

FGOなど他のシリーズでも強いサーヴァントが出てきますのでそれらも必見ですね。

Fateシリーズは、U-NEXTで多数配信されておりますので、一気見視聴に向いてます。

「U-NEXTの詳細についてはこちらから【31日間無料】」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる