劇場版Fate heaven’s feel HF第3章の感想まとめ

Fate heaven’s feel

本作はfate heaven’s feel三部作の三作目、最終章です。

まだ、第1章や第2章を視聴していない方は、先に1章、2章の視聴をしてから観るのがおすすめです。

今回は、第3章の感想をまとめました。

目次

劇場版Fate HF第3章の感想

物語はヒロイン間桐桜と正義の味方をやめて彼女の味方であり続けることを決めた衛宮士郎、そして彼女の姉である遠坂凜の三人がそれぞれ自身の思いを胸に聖杯戦争最後の戦いに挑みます。

更にはイリヤスフィールや言峰綺礼らも絡んできて...それぞれの聖杯戦争が遂に終結します。

この作品もufotable制作のため、とにかく素晴らしい映像美が楽しめます。

中でも暗闇の中や、陰の描写は前二作も素晴らしかったですが、更に磨きがかかっています。

他にも最終章であるだけあって戦闘シーンは過去作品の中でも屈指のスケールです。

登場楽曲も今作も梶浦由記さん作曲の元、fateらしい楽曲が並んでおり、主題歌であるaimerさんの春はゆくもこの三章のために作られたと言える楽曲となっており、最後の締めの作品としてheaven’s feelの物語をしっかりと表現された曲となっています。

他にも、原作からキャラクター達を演じてきた声優さん達の熱演もみどころです。

なかでも今までスポットの当たってこなかった桜を演じる下屋さん、その桜と重要な関係にある凜演じる植田さん、そして映像として動き出したセイバーオルタを演じる川澄さんと今までのヒロインと今作のヒロインを演じる声優さんたちに注目です。

Fate HF第三章の評価

Fateを愛しているクリエーターの人達が、Fateのファンに向けて作った最高の贈り物です。

原作ゲームをプレイしている方はストーリーは知っていることでしょう。しかし、何度も見たことのあるシーンでも、次に何が起こるのか知っていても、歓喜の声を上げたくなるほど興奮する劇場版として仕上がっております。

これを映画館で見ないのはとても勿体ないと言っても過言ではないでしょう。戦闘シーンが掛け値無しの神作画。アニメーターの方々が命を削って書いたとしか思えません。

ストーリーのテンポは早め

物語のテンポが早いと感じる人がいるかもしれません。

しかし、原作ゲームをプレイした人間から言わせていただければ、一番濃厚なところを限界まで研ぎ澄まして作ってくれた。

カットされてしまったシーンもあり残念な気持ちもありますが、物足りない気持ちは一切ありません。

むしろワンシーンごとの情報量が多いと感じたので、もう一度鑑賞したら新しい発見があるのではないかとワクワクしています。

重ねて言いますが、映画館で見ないのはもったいないレベルだと感じました。

Fateシリーズ初心者の方でも大迫力の戦闘シーンに度肝をぬかれると思います。

古参ファンの期待を容易く超えます。

本当に愛された作品と出会う事ができました。

制作に携わった方々に直接お礼を申し上げたいです。

劇場版Fate HF第3章のまとめ

延期につぐ延期でやっとのことで公開されたヘブンズフィールの最終話でした。

UFOTABLEのアニメ作画の美しさは言うまでもありません。Kalafinaの音楽、梶浦由記の美しい音楽も説明不要です。なにより言いたいのはあのヘブンズフィールをわずか6時間弱(前作、全然作合わせてです)に収めたなということです。

FATE三部作のうち、第3作がもっとも長くテーマ性が深いので実は本作の映画化には私は不安なことしきりでした。

しかし、Ⅰ、Ⅱとみて全くと言っていいほど原作に忠実な作りになっていて驚きでした。だから最終話の公開を今か今かと待ちわびていました。

奈須きのこさんの難解な文章で心理描写を原作では表していましたが、本作では登場人物の表情(とくに目線の動き)やセリフの間で表現しており非常に完成度が高かったです。

難を言えば、FATEシリーズに詳しくない初見の方にとっては意味不明なものといえますが、そこは「FATE」シリーズを予習してから(さらに言えば、どっぷりとその世界観に漬かってから)ご覧になられると、すべてのシーンで思わずニヤリとすること請け合いです。

またストーリーでは今までかませ役だったライダーが大活躍するので、ライダー推しの人は狂喜乱舞するでしょう。

凛に「あなたは人間をまねたロボットだ」と言われた士郎が、桜とどのような結末を迎えるのか、ネタバレになるので言いませんが一言いえば、ただただ「感涙」でした。

ようやくFATEシリーズが終わりを告げるのは物寂しく、エンドロールが流れないでほしいというなんとも切ない作品です。

FATEシリーズを視聴するなら

最後にFATEシリーズを視聴する場合は、「U-NEXT」がオススメです。画像は、「U-NEXT」で現在動画配信されている内容になります。

しかも、これで一部ですので、いかにフェイトシリーズの作品が多数あることがわかりますね。

現在、31日間無料トライアル体験が出来ますので、完全無料でアニメや映画やドラマを視聴することが出来るのでオススメです。

「U-NEXTの詳細についてはこちらから【31日間無料】」

原著:奈須きのこ, 監督:須藤友徳, デザイン:碇谷敦, 脚本:桧山彬, その他:梶浦由記, 出演:杉山紀彰, 出演:下屋則子, 出演:川澄綾子, 出演:植田佳奈, 出演:門脇舞以
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる