魔女の旅々の名言・名シーン集まとめ【アニメ】

魔女の旅々

2020年秋アニメで放送の「魔女の旅々」から、名言や名シーンを切り取ってまとめました。

今季でも世界観に惹かれたのと魔女っ娘のイレイナさんに興味を持って視聴した方々もいますよね。それは、そう、私です!

そんな、「魔女の旅々」の名言・名シーンを紹介していきます。

目次

「そう、わたしです」

「魔女の旅々」で名言をあげろって言われたら、まずこのセリフが一番に出るんじゃないでしょうか?

ほぼ毎回この決め台詞をイレイナさんが言ってくれるので、こちらも言わねば、無作法というもの。

無理矢理でも、このセリフを使おうとツイートとかでも考えてる人多いはずですよね?

「そう、私です!」

このセリフ他のアニメの記事でも、無理やり使ってたりするので、良かったら他の記事でも確認してみてください。

本当に本気で何かを成し遂げるとき、人はいつだって孤独です。

「魔女の旅々」アニメ2話のシーンになりますが、ここは名言ですね。

このシーンは、グッと来るものがあるでしょう。

たしかに本気で何かを成し遂げるなら、馴れ合いは駄目ですよね。全集中で頑張りましょう!

アニメの中に学べるものがある!いい言葉だな〜。なにか成し遂げたいことがある時は、この名言を思い出したいものです。

なにか結果を出すためには、コツコツ1人で努力する必要性がありますね。

自分が耐えればいいだなんて思わないでください

フラン先生からの名言です。

日本人は、何かとこういうタイプの方が多いかと思います。会社とかで自分が我慢すれば、丸く収まるからサービス残業をしたりね。

ある程度、周りの人合わせる協調性も大事だとは思いますが、自分が我慢しすぎることは、よくありませんよね。嫌なことを嫌だとノーと言える日本人になることも大切ですね。

しっかり自分の意見を言って戦え!

無理してるような人にこの言葉を掛けることが出来る人もええよね。

人の為の行いが正しいとは限らない

人のためにと思ってしたことが正しいとは限らない。優しさや美しさは時には残酷にもなるのです。

「魔女の旅々」アニメ3話の最後のシーンになります。

この3話は、賛否が分かれることになりましたが、深い名言だと思います。

イレイナはあくまでも「旅人」で「傍観者」なので、深入りはしないようにしているスタンスです。

アニメ1話で「自分が特別だと思わないこと」と忠告されてることもあるからかもしれません。

アニメ視聴者からしたら、助けてやれよって思ったかもしれませんけどね。

有難迷惑という言葉があるように、他人を思いやることの難しさを描いたのかもしれません。

魔女の旅々の名言まとめ

「魔女の旅々」は、かなり注目されていて成功したアニメでした。

2期が続きそうな終わり方をしていて、アニメ2期の可能性も非常に高そうな感じがしたので、続編も期待が出来そうです。

魔女の旅々は、「U-NEXT」で全話視聴することが出来るので、一気見視聴してみてください。

魔女の旅々が気に入ったら、「キノの旅」を楽しめると思うので、一緒に合わせて視聴するのがおすすめです。

「U-NEXTの詳細についてはこちらから【31日間無料】」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる