dアニメストア見れるおすすめアニメを紹介まとめ【2022年版】

dアニメストア

dアニメストア見られるおすすめのアニメをおすすめする理由付きで沢山紹介します。

是非、アニメ視聴の参考にしていただけたらと思います。

「dアニメストア」の使用歴は、2年ぐらいで400作品以上視聴するほどのアニメ好きが最新アニメから古い名作まで色々とまとめました。

いくつアニメ作品を視聴したかがわかるのは、アニメオタクとしては嬉しいところです。

目次

dアニメストア見られるおすすめアニメを紹介

dアニメストアは、月額440円(税込)というコスパなのにアニメの配信量は、業界トップクラスの動画配信サイトです。

アニメしか視聴しないという方は、契約して絶対損しないサイトではないと言っても過言ではないコスパ最高です。

「dアニメストア」には、30日間無料トライアルで、無料で楽しむことも出来るので、アニメが好きな人でコスパよく視聴したいという人には、まずおすすめしたいサイトになります。

今回は、そんな「dアニメストア」で視聴することが出来るアニメを多数紹介しました。最新作から、過去の名作まで色んなジャンルをまとめました。

「d アニメストア」公式サイトはこちら

「怪物事変」

妖怪をテーマにした作品で、話に一貫性はあるものの1話ずつでなるべく話が完結されるように構成されているため非常に見やすいです。

個性豊かな半妖怪のキャラたちがたくさん出てくる&登場人物は最近のアニメに比べると小学生くらい?の可愛らしいキャラが多くて少しほっこりできるのでぜひおすすめしたいです。

また、戦闘は好きだけどグロいのはちょっと…という方にも、こちらの作品はそこまでグロくないかな?と感じたので無理なくいろんな方が見れると思います。

大人から子供まで色々なキャラが出てきたり、それぞれのキャラにスポットが当たってその子自身のトラウマや足りない部分を解決していくようなシーンもあるので、まるで我が子の成長を見守ってるような気持にもなれます!(笑)

「dアニメストア」で「怪物事変」を視聴する

「ひぐらしのなく頃に業」

毎回の放送終了後に「あれはどういう意味だったんだろう?」と思わず気になってしまう一種ミステリーに近い作品なので、考察するのが好きな方におすすめしたいです!

作品自体は前にもシリーズで放送されていたため予習もできますし、今のタイミングなら入っていきやすいかなと思います。

少々グロテスクなシーンは多いですが、そんなことも忘れてしまうくらい「あっ、あのキャラがしていた発言はこういうことだったのか!」と同じ回を何度も見て楽しめるのはひぐらしだけ!

何周でも見て、友人や周りの方とああでもないこうでもにないと考察するのが好きな方には絶対に見てもらいたいです。非現実的に見えて、人の感情の表現がしっかりされている作品なので、見ているこちらが毎週どきどきしてしまいます。

ひぐらし業は、過去作品としてひぐらしのなく頃にシリーズも多数配信されてます。

「dアニメストア」で「ひぐらしのなく頃に業」を視聴する

「呪術廻戦」

戦闘系のアニメが好きな方に一番おすすめです!

絵もすごくきれいなので、少年漫画独特の絵柄やグラフィックが苦手で…という方でも取っつきやすいものになっています。

鬼滅の刃の次にブームになると言われてる作品でもあり、店舗でも原作漫画が売り切れ続出するほどの人気です。

また、「呪い」がテーマになっている作品ですが、キャラクターは良い意味で超人離れした人から超人間味がある登場人物までかなり幅広いので、数多くの名言が早くも出ています。

私たちの日常にもこんな呪いがあったのかも…?と少し考えさせられるきっかけにもなる作品です。個性豊かなキャラクターばかりで男女問わず絶対に好きなキャラが一人は見つかる、そんな作品です。

おふざけもありながらテーマはやっぱり呪いということもあり、暗い話へのもっていきかたが作品としてとてもおもしろいです。

「dアニメストア」で「呪術廻戦」を視聴する

SPY×FAMILY

人気漫画からのアニメ化で、国の平和、戦争阻止するためにSPYとして潜入している主人公ロイドがミッションのため偽りの家族を作って生活するストーリー。

家族を作るため孤児院から引き取った女の子アーニャは超能力者。奥さんは殺し屋。お互いがお互いの利益のために身分を隠して生活していく感じ。

ミッションに色々な困難がありますが毎回ドキドキで面白いです。

主人公もみんななんかちょっと抜けているところがあったり癖があったりしてついつい笑ってしまいます。

漫画通りのアニメ化なのでそこもまたいいです。

子供から大人まで楽しめるので好きです。

Angel Beats!

死後の世界にて、記憶喪失である主人公が死んだ世界戦線というチームの一員となり、なぜ自分は死んでこの世界にいるのか、そしてこの世界はなんなのか知っていく物語です。

この作品をおすすめしたい理由として、まず学園ものの青春ストーリーでありながらも、死んだ世界という前提によって、既に死んでいるため死ぬことを恐れず天使と呼ばれる少女と武器を用いながらも戦っているところです。

また、この死後の世界にきた彼らは皆それぞれ生前に後悔を持っていて、その彼ら個人の生前の物語も苦しく、心打たれるものとなっています。

そんな彼らだからこそこの死後の世界で青春していく姿は眩しくて、賑やかで、いつまでもみていたくなるような心惹かれる物語となっています。

「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」

人気のラノベをアニメ化したものですが、ヒロインが初期からかなり出張ってるので、ストーリー違うのではいでしょうか。

とにかく、絵と世界観がしっかり合っててサラリと見られるアニメです。

プログラマーのサトゥーが目覚めたら、制作していたゲームの世界にいたというオーソドックスなストーリーですが、サトゥーがとても冷静に場を分析して、なおかつ他キャラの育成ポジションにあるので、臨場感のあるゲームを見ている気分になります。

オススメは町中にダンジョンが出現する話。街にいた唯一の悪魔との対決も勇者っぽくてワクワクしますが、このアニメの世界観を作る色んなキャラクターが出てくるのが良いです。

ポチ、タマ、エリザと出会って絆を深めるのも、リアルなRPG感があって良いです。

「dアニメストア」で「デスマーチからはじまる異世界狂想曲を視聴する」

魔入りました!入間くん

オープニングから最高にキャッチーな作品で、ストーリーとして続いてはいますが、1話見もできるのでちょっと明るいお話が見たいな、と言う時に最適です。

Noの言えないお人好しの入間くんが、親に売られて大悪魔サリバンの孫になるというストーリー。とにかく入間くんがNoと言えないせいで、悪魔界を巻き込んで大騒ぎになるのが面白い。

強力な悪魔たちに食べられないために、悪魔のおじいちゃんから色々な悪魔グッズを貰って、学園生活を凌ぐ入間くんが実は潜在能力すごいし運も良いしで、盛りだくさんのテンポの良いお話が多いです。

1番好きなシーンは、キャラクター屈指の美形キャラ・アズくんバックドロップ事件です。

「dアニメストア」で「魔入りました!入間くん」を視聴する

「Dr.ストーン」1・2期

新シーズンの第2期も期待が大きい作品ですが、イッキ見できるのが嬉しい。とにかくストーリーが良い。

突然人類が石化してしまってから3500年後の世界という、壮大な世界観もさることながら、石化から復活した科学オタクの千空が科学知識をフル活用して文明世界を蘇らせる物語。

1期では、何もないところから科学で薬や電気など生活向上がメインでしたが、2期では1期で袂を分かった霊長類最強の武闘家・司が率いる司帝国との戦いがメインになります。

発電や薬作りなど、生活向上編も面白科学実験のようでめちゃくちゃ面白いのですが、2期はそれらの科学から更に進化したアイテムで、戦う千空たちが凄く楽しみです。

なにせ戦力に劣る科学チームなので、科学のアイデアで凡人が霊長類最強に並び立てるかとてもワクワクします。唆るぜこれは!

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!

プリズマ☆イリヤシリーズはイリヤと言う小学生が、魔法使いの争いに巻き込まれて、魔法少女となり活躍するアニメである。

基本的に萌えの集合体となっており、このシリーズはロリコン製造マシーンと揶揄されていたりする。

それは兎も角、何故シリーズの2作目がお勧めかと言うと、この2作目自体がクロ会だからである。クロは2作目で初めて出てくるキャラクターで、イリヤと同じ顔をもつ少女である。

イリヤ達との出会いから、殺意高くイリヤを狙う、シリーズ始まって以来の殺伐展開。
実はクロは自身の存在を肯定することが出来無い考えに囚われている。

クロの心が解放されて、自身がこの世にいる事が当たり前であり、自身の存在を否定する者を仲間と力を合わせて叩き潰し、自身の存在を確立する姿は戦女神としての風格すらある。

萌えの中に埋もれた覇道がこの作品にあるのです。

「dアニメストア」で「Fate/Kaleid liner」を視聴する

私に天使が舞い降りた!

妹が帰ってくると、妹と連れ立って天使が玄関から入ってきたのを目撃する主人公。それが天使である妹のお友達と、天使が可愛すぎて変質者と成り果てた主人公との出会いだった。

どう見ても危ういアニメで、主人公が危ない大人として妹のお友達と接していく。

主人公が女であるから通報までいって無いものの、ギリギリアウトな状態。見る人が見れば、お巡りさん!あの人です!となる筈。

かわいらしい絵と、かわいらしいキャラで、ほのぼの展開にされているが、基本的に主人公が御菓子を子供達への賄賂にして、自作の服を着て貰ったり、写真を撮らせて貰ったり、デートをして貰ったり、警察や学校関係者の詰め寄っての職務質問に口添えして貰ったりしている。

そのダメ人間と妹のお友達との関係が、変質者とその被害者という関係から、素敵なお姉さんと小さなお友達という関係になっていくかなり、引っ掛かりを覚えるハートフル展開になっていく。

この作品を見て、子供への教育の在り方を考える良い機会にしてほしい。反面教師として、社会派アニメと言える。

「dアニメストア」で「私に天使が舞い降りた!」を視聴する

BanG Dream! 第一期。

ゲームでは成功してアニメでは派手にコケたとその筋では有名な作品。

ストーリーとしてのテンプレ要素満載で目新しい事は何もなかったりする。では、何故お薦めなのかと言うと、これは実は隠れた名作なのである。

主人公の気持ちやバンドメンバーの、心の移り変わりがダイレクトに伝わる作品となってます。

このアニメのクライマックスは実は、第一話である。最高潮の盛り上がりを始めに持ってきて、後はそれを越えられなかったりする。

この話は主人公が自分の長年の夢であった、山か丘の上で見た流星の様に、星々の煌めきを切り裂いて、光輝く様なキラキラドキドキと出会いたいという望みが、バンドと出会い叶ってしまう。

自分の行くべき方向性が決まってしまった主人公は、自分自身やバンドメンバーに黒歴史を振り撒きながら、突っ走っていく。ストーリーを歌で削ってしまっている分、音に拘っている。

BGMをおさえ目にして、セリフと組み合わせ、挿入歌を最高に感じられるように全ての音が、ライブのセットリストの様に作られているのだ。そこに青春を謳歌する主人公達とバンド演奏が素晴らしいハーモニーを奏でている。

このアニメは秀逸の作品である。

ヘタリア

何といっても国の擬人化アニメです!今までなかった斬新な内容でした!そしていままで知らなかった諸外国のお国事情や歴史が学べます!

私が個人的に好きだったのはイギリスとアメリカによる独立戦争、イギリスと日本による日英同盟、そしてドイツになる前のプロイセン王国時代の話です!

暗い内容の戦争の話なんかもある程度ポップに取り扱っているのでこの作品をきっかけに世界史なんかにも興味を持たれる方は少なからずいるとおもいます!(事実わたしがその一人でした!笑)

あとなんといってもタイトルになっているヘタリアことイタリアが可愛いです!ヘタレだけど憎めない!笑すぐ泣くし逃げるけど女の子がいるとイタリア男を発揮!笑

本当におすすめです!

ワンピース

日本のみならず世界中で大人気ですよね!今現在地上波ではワノ国が放映されてますがdアニメでも、ワノ国も視聴することが可能です。

もちろんアニメオリジナル回なども収録されています!(何話かは権利関係で一部収録されてないのもあります)

本当に個人的になんですがワンピースを見たことない方にはぜひともスカイピア(通称空島)編、エニエスロビー編、スリラーパーク編をみてほしいです!はっきり言います!泣けます!

そしてその後はドレスローザ編を見てほしいです!びっくりするぐらい泣けるし感動します…!(兵隊さんの健気さがポイントです)

敵も味があるし己が信念のためにルフィと戦うので憎むに憎めないです!

鬼滅の刃

鬼滅の刃のアニメは、とにかく絵が綺麗です…。

私は漫画を読んでいたんですが最初は原作絵があまり受け付けなくて唸りながら読んでいたんですが、話数が進むにつれて絵のタッチなんか気にならなくなるぐらい面白かったです。

原作がこんなに面白いならそりゃアニメは更に面白いに決まってる……むしろアニメ方が圧倒的に面白かったです…

何よりこの作品は主人公側より鬼側に共感できるし正直可哀想です…どの鬼にも背景描写があって涙しかでません…

ネタバレになってしまいますが累くんの話は泣いて泣いて泣いて泣きすぎて次の日仕事休みました…途中挿入歌もまぁーーーーー心にきます!

このお話は逆に泣かない人なんかいるんですか?!むしろ泣かない方が鬼なのでは?!

夏目友人帳

名作アニメなのに放送される地域が限定されていて、観たことがないと言う方も多いのではないでしょうか。

普通の高校生・夏目貴志は妖怪が見える体質で、それゆえに気味悪がられ、友人を作ることができませんでした。夏目が祖母・レイコの残した『友人帳』を手にしたことで、たくさんの妖怪や人間と関わり、成長していきます。

夏目を守る妖怪・ニャンコ先生や、夏目の同級生で妖怪を見ることはできないけれど感じることができる田沼要、『祓い屋』の名取周一など、夏目のまわりには優しくて個性的なキャラクターがたくさんいます。

笑ったり、泣いたり、最後にはほっこりとした気持ちになれるアニメなので、とてもおススメです。

転生したらスライムだった件(転スラ)

よくある異世界転生ものの中でも魔物であるスライムに転生するという新たなカテゴリーで斬新なものとなっており、出てくるどのキャラもとても魅力的です。

日常的なシーンでのキャラの掛け合いやギャグも面白いですが、魔物である以上発生してしまう人間との戦闘シーンや魔物同士の戦いもとても綺麗に描かれています。

また、主人公が魔王に覚醒するシーンやその後の魔王達との戦闘シーンや会話シーンはこのアニメの中でも最高のシーンになっています。

OPやEDもストーリー上重要になってくる「名前」や「ストーリー」をテーマにした曲があり、とても愛があると思います。

本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 

昔の「名作劇場」っぽさを感じさせる懐かしい絵柄ですが、よく観察すると髪のハイライトで主人公の「発明品」を使っている人物が特定できたりと丁寧に作られています。

声優陣もベテランぞろいで、異世界転生ものではありますが現代の私たちが住んでいる場所とは常識も何もかもが違う世界に引き込んでくれます。

1部2部の続きになりますが、かなり分量がある原作小説でいうところのまだ前半部ではあるものの非常に大きな山場を迎えるシリーズです。

今後主人公の行動に大きく影響を与えること、また作中屈指の胸を打つシーンになること間違いなしなので今から期待が止まりません。

宇宙よりも遠い場所

退屈な日常に刺激を与えてくれる南極を舞台にした青春ストーリーです。

主人公となる4人の女子高生たちが南極を通してそれぞれ成長していく姿が描かれています。

誰しもが通る青春時代のモヤモヤなどが作品上でとても上手に表現されています。

一人一人のキャラクターもとても際立っていて、ストーリーを盛り上げてくれています。

また、作画やBGMなども素晴らしいので観ていて飽きがこないようになっています。

最後の方では涙なしでは見られないシーンもありますので、ハンカチのご用意を。涙あり、笑いありの見始めたらあっという間に見おわってしまう名作です。

Fate/stay night [Unlimited Blade Works

数あるFateシリーズの中でも筆者が最も好きな作品だからです。特に鬼滅の刃などを手掛けたufotableによる作画が素晴らしく、圧巻の戦闘シーンは必見です。

この作品は2014年に作られたアニメですが、その作画は最近のアニメと比べても遜色がありません。また、Fateシリーズというコンテンツの大きさもおすすめする理由の一つです。

Fateシリーズは独特の世界観で描かれることが多く、どれから見始めればいいのか分からないという方も多いと思いますが、この作品は今までFateシリーズを見たことがない方でも楽しめるストーリーになっています。

さらに、この作品から違うFateシリーズやTYPE-MOON作品に触れていくことでその世界観にはまっていき、数々の名作と出会うことができます。

そして、その世界観を知ったあとにこの作品をみると、初めて見た時とは違った見方や新たな発見もでき、1つの作品で2度楽しめるような作品です。

「ACCA13区監察課」

ドーワー王国と言う架空の国を舞台に、その国の特殊組織である『ACCA』の職員・通称『もらいタバコのジーン』が、ドーワー王国の13自治区に出張する中で、自分と家族、それに親友のニーノの秘密を知って行くミステリーアニメです。

ミステリーとは言っても、こわいことは何も起こりません。毎回、おいしそうなお菓子やごはんが出てきます。いつもジーンを守ってくれるニーノがとても格好良くて、惚れてしまうひとも多いと思います。

13自治区はそれぞれ独特の気候や文化を持っています。たとえば、『ジュモーク区』で採れる野菜はとても大きく、その野菜で作られるハンバーガーもとても大きいのです。

『ハレ区』は温暖な気候の南国で、長寿のひとが多いです。みなさんも、「ACCA13区監察課」を観て、ドーワー王国を旅してみませんか。

「TIGER & BUNNY」

架空の都市『シュテルンビルト』。そこには、さまざまな人種や民族が暮らしています。シュテルンビルトの平和と秩序を守るのが、『NEXT』と言う能力を持つヒーローたち。

ヒーローたちの活躍はテレビを通して、シュテルンビルト中に放送され、熱狂を生み出しています。ヒーローの中で、落ちこぼれの鏑木・T・虎徹(ワイルドタイガー)と、美しく優秀なバーナビー・ブルックス Jr.は、なぜかバディを組むことに。

最初は何かとかみ合わず、衝突を繰り返すふたりですが、ゆっくりと、最強のバディに成長していきます。ほかのヒーローたちもとても個性的で格好良いです。

ヒーローのコスチュームもとてもすてきなのです。dアニメストアで「TIGER&BUNNY」をゆっくり楽しんでみませんか。

「劇場版タッチ背番号のないエース」

「劇場版タッチ背番号のないエース」は漫画、アニメ作品の「タッチ」の劇場版映画の第1作品目ですが、原作を知っている人も知らない人も楽しめる作品であると言えます。

どういうことかと言いますと、作品の前半部分は漫画やアニメのストーリー展開と同じなのですが、後半部分は原作とハマった違うストーリーになっているということです。

漫画やアニメの原作では明青野球部の1年生エースの上杉和也が亡くなってしまって予選の決勝戦で敗れてしまいますが、この作品では当時はまだボクシング部に所属していた和也の双子の兄の達也が何と和也の代わりに決勝戦に出場してしまうのです。

さらに決勝戦の相手は須見工業なのですが、原作ではこの段階ではまた登場していなかった新田というライバルもすでに登場していてなんと達也と直接対決まで実現しているのです。

そしてこの作品の最大の感動できるポイントとしては野球部員ではない人間が試合に出場しているので没収試合になるのですが、それを承知の上で交通事故で亡くなってしまったエースの和也のために試合に勝とうと奮闘する明青ナインたちの姿です。

またこのストーリー展開の内容と主題歌「背番号のないエース」がはまりすぎているという点でも楽しめる作品だと言えます。

「プレイボール」

「プレイボール」は「キャプテン」という野球漫画、アニメ作品で主人公の1人であった谷口タカオ君の高校野球編の作品です。

谷口タカオ君は「キャプテン」においてひたすら頑張る頑張る思考の人間であり、何事も決して最後まであきらめることがありません。

周囲のナインたちはこの谷口の姿勢についていけなくなることもあるのですが、ひたすら頑張る谷口君の姿を見ているうちにいつの間にか本気になっていくというストーリー展開になっています。

谷口君は中学時代に試合中に指を怪我したことによって墨谷高校では何と最初はサッカー部に入るのですが、野球への想いを断ち切れずに野球部に途中入部することになります。そして代打選手、バウンドでの送球、ノーバウンド送球と徐々にそのプレーのレベルを上げていき、ついにはフォークボールをもマスターして投手までこなしてしまいます。

この谷口君に刺激を受けたほかのナインたちも万年1回戦敗退の負け犬根性のチームから徐々に強豪へと変わっていきます。この作品には野球漫画にありがちな現実離れした魔球や変則打法などは一切描写がなく、極めて現実的でどこにでもいそうな野球部員たちのリアルな姿が描かれています。

都立高校の野球部員たちが強豪校と互角に渡り合う姿は感動的であると言える作品です。

キャプテン

「キャプテン」はちばあきお氏による野球漫画、アニメ作品です。

墨谷2中という公立の中学に野球の名門の青葉学院から谷口タカオ君が転校してきて物語が始まっていきます

谷口タカオ君は青葉では2軍の補欠だったのですが、バッティング練習でたまたま打ったホームランから青葉のレギュラー選手と誤解されてしまい、その期待に応えようと谷口君が猛練習を積んでいきます。

この谷口君の猛練習は学校ではなくて家の近くにある神社でのお父さんとの特訓なのですが、この姿を見たナインたちが自分たちもいつの間にか谷口君とともに猛練習を積んで次第に強豪校へと変わっていきます。

そして谷口君は野球部のキャプテンにまでなるのですが、谷口君の卒業後も物語は続いていきます。谷口君の卒業後は次の野球部のキャプテンが主役になり、キャプテンが代われば主人公も変わっていくという点がこの作品の最大の特徴であります。

この作品では野球の試合だけではなく練習風景や野球部内で起こるゴタゴタなどもリアルに描かれていてかなり現実に近い内容になっています。

野球漫画やアニメにありがちな女子マネージャーなどは全く登場せず、ひたすら頑張る野球部員たちの姿を存分に描いています。

時代背景もあって現在ではやらないような練習のシーンなどもありますが、真摯に野球に取り組む少年たちの姿は感動的であり、いつ見ても飽きることがない名作品であると言えます。

ナイツ&マジック

ナイツ&マジックは2017年に放送されていた1クールアニメです。

ざっくりストーリーを説明すると、ロボットオタクの青年が異世界に転生して魔法とロボットで戦うアニメです。

このアニメの見どころは、所々に見えるロボットに対する愛です。まずは、主人公のエルのロボット作りへの愛。

ロボットオタクの青年が転生して好きなロボットを作れるという事で、ロボットを制作できる様になってからのテンションと考え方が良い意味でも悪い意味でも変です。

ただ、その変な感じが「ナイツ&マジック」を面白いアニメにしています。

そして、アニメを観ていて感じられるアニメ制作者側のロボットアニメに対する愛です。

ギミックの描き方一つ、効果音のつけ方一つ取っても、こだわりを感じられ見ごたえのあるロボットアニメに仕上がっています。

ロボットアニメが好きな人なら「ナイツ&マジック」は、ぜひ観てほしいアニメです。

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

1話目の冒頭シーンで、いきなり話題になった作品です。

骸骨騎士のアークや精霊獣のポンタ、ダークエルフのアリアンといった面々が、連れさらわれたエルフたちを救出していく展開は、、異世界転生物の割には、王道的なファンタジーという感じがして雰囲気的に良かったからです。

アークがプレイしていたゲームの中の世界らしいですが、寝落ちして、突然異世界に放り出された割には、自分のアバターの能力や魔法が使える事に無邪気に喜んでいるところが、意外と好感が持てます。

各エピソードは描き方によっては暗くなりそうな感じがしますが、アークの明るさとポンタの可愛らしさがバランサーになっているようで良い塩梅になっています。

dアニメストアのおすすめアニメまとめ

dアニメストアで視聴することが出来るおすすめアニメを多数ジャンルを分けて紹介しました。

このコスパでこれだけのアニメが配信されているサイトは「dアニメストア」だけですね。

ドラマやバラエティなどを視聴しないアニメ好きの人には、本当に契約して損しないサービスだと思います。

「dアニメストアの詳細についてはこちら【31日間無料】」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる