映画SAOプログレッシブの感想まとめ違いはどうだった?【アニメ】

プログレッシブ

「劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア」がついに2021年10月30日に公開されました。

SAOといえば、アインクラッド編がアニメ1期が一番面白かったと感じてる人が多いと思うので、今回の「プログレッシブ編」を楽しみにしてた人も多かったんじゃないでしょうか?

今回は、そんな映画SAOプログレッシブの感想をまとめました。

※ネタバレ含みます。

目次

映画SAOプログレッシブの感想

まずプログレッシブの映画を見てとても良かったと思っています。

アニメの一期あたりを映画化したものだったのですがアニメや小説では味わえない臨場感や効果音、重低音、どれもすごくぶっささりました。

この映画は主人公ではなくヒロインであるアスナ視点で物語が原点から始まります。なのでSAOを見たことがないって言う人も楽しめる作品だったと思います。

むしろ原作を見ずにこの映画を見てもあらすじはわかるほどだと思います。後バトルシーンが多い目です。

レベルアップやらボス戦やら割と半分くらいは戦ってました。

その度の音、音楽、これもまたマッチして良かったです。

さらに見応えがあるとすれば映画ででからキャラクター「ミト」がいることです。水瀬いのりさんが声を務めているため余計に可愛く感じます。(ごちうさのチノやリゼロのレムの声優の人)

途中声が中尾さんになるため若干フリーザが頭をよぎりますがそれでもなおかわいいですね。

ミトは死亡するという噂が流れてたので若干不安はありましたが、そこは大丈夫でした。

ただこのオリジナルキャラ一体何者なのか。

それがまた疑問なところです。

原作では出てこないキャラですのでなにか意味があるのかといった疑問がありました。私の勝手な意見ですと本来の主人公キリトの対象にしたキャラなのかな?って思ってます。

続きとなる冥き夕闇のスケルツォが来年公開予定でそれも楽しみなんですがそこでミトが果たして出てくるのか?それもまだわからないです。

今回はボス戦でボスを倒しキリトとアスナが第二層へと目指しました。

そこでミトも共に第二層へと入るのかと思ったのですがキバオウたちと元に戻っていったのです。

もしかしたらもう出てこないのかな?やらほかにまた別のキャラが出てくるのかな?と思ったのですがそれはなんとなく可能性が低いきもしてます。

ただ1つ言えるのは多分ですけどミトは次回作もしかわその次の作で死亡のかなと思ってます。でないと合わないからです。

原作の最後にミトといったキャラが出てきたわけでもないですし、それらしい人もいませんでした。

SAOアニメ二期以降のアニメで学校に通うシーンもありますがそこでもミトらしいキャラの影は見当たりません。

勝手な私の考察となってしまうのですが次回作以降でアスナやキリトたちを守るなどといったなんらかの形で亡くなってしまうのでは思ってます。

これはもう一度言いますがあくまで私の勝手な憶測です。

その考察もあるが故次もまた楽しみになります。そして最後に映画自体の感想になるのですが、正直アニメを見ている気分でした。

まとめ

今回の映画「プログレッシブ」は、SAO初見の人でも楽しむことが出来る内容になっております。

アニメを視聴済みの方もアインクラッド編が一番好きだったら、また視聴したいところでもありますよね。

ソードアート・オンライン1期のアニメは、放送が2012年でもう10年前のアニメなので懐かしさがありますね。

「ソードアート・オンライン」シリーズは、全話「dアニメストア」で視聴することが出来るので、久しぶりに視聴しようかなと考えてる方は、動画配信サイトでのイッキ見視聴がおすすめです。

「dアニメストアの詳細についてはこちら【31日間無料】」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる