デスクトップパソコンは時代遅れ?ノートPCで十分な件について

私は、今までWindows・Macパソコンを合計15台ぐらい様々なスペックのPCを使用してきました。

いわゆるガジェット大好きなオタクです。(仕事でパソコンが必須というのもありますが)

その中には、ゲーミングデスクトップパソコンからノートパソコンも使ってきましたが、今はノートパソコン2台持ちに落ち着きました。

今回は、なぜデスクトップパソコンからノートパソコンのみにしたかについてなどの理由をまとめていきます。

目次

デスクトップパソコンは時代遅れ?

今の時代は、ほとんどの作業をノートパソコンで出来るスペックがあるので、持ち運びが出来てデスクトップ化も出来るノートPCの方がおすすめです。

パソコンに拘りがある人は、デスクトップパソコンも良いのですが、ほとんどの人にはオーバースペックになってしまうほどパソコンの性能が上がりました。

昔は、デスクトップパソコンとノートパソコンでは、結構大きなスペック差がありました。

そのため、ある程度の作業がしたいならデスクトップパソコンだよね。選択が多かったと思います。っていうか処理速度を考えるとデスクトップ一択でした。

しかし、今はほとんどの作業がノートパソコンでも出来るようになるぐらいスペックがあがりましたし、非常にコンパクトで持ち運びが出来るようになりました。

毎日パソコンを使用している自分でも、ノートパソコンで十分な性能があると感じてます。

ノートPCで4k動画の編集が出来る時代なので、昔とは比べ物にならないぐらいノートでも快適に作業することが可能です。

右:MacBook Pro13インチ

古いノートパソコンと厚さを比較すると「MacBook Pro」3台分ぐらいの厚みがあります。

重量も4kg近くあったので、当時のノートパソコンを持ち運びしてた人は凄いなって思いますね。

デスクトップパソコンのスペックが必要な人はほとんど居ない

デスクトップパソコンのスペックが必要な人は、最新のゲームをメインにする人ぐらい

基本的な作業は、デスクトップとノートパソコンどちらでも出来て体感出来る差がほとんど無いぐらいなので、一般的なユーザーはノートパソコンで十分になりました。

パソコンの作業で比較的重たい処理は、動画編集になりますが、それも10万円ぐらいのノートパソコンで4k動画編集が出来てしまいます。

しかも、ノートなら持ち運びも快適に出来て追加でディスプレイを購入しなくても良かったりすることを考えるとパソコン初心者なら、ノート選んでおいていいかなと思うわけです。

デスクトップからノートパソコンだけにした理由

現状ノートパソコンのみでもほとんどの作業が出来るようになったからです。

ノートパソコンは、外で持ち運びすることも出来ますし、ノートPCとモニターを接続すればデスクトップパソコンみたいな使い方も可能です。

外出先でも同じパソコンを使うことが出来るというのは、非常にメリットが大きいと感じました。

また、2020年にM1のMacBook Proが発売されてから、ファンの音がせずに非常に静かなパソコンになったところが良かったです。

高性能なゲーミングパソコンはうるさい

気にならない人は、たいして気にならないかと思いますが、高性能なゲーミングパソコンだと結構ファンの動作音がうるさかったりします。

個人的には、極力静かなパソコンの方が良いので、M1チップのMacBook Proが発売されてから、パソコンのファン音をほとんど聞かなくなったところが快適になったと感じてます。

まとめ

今の時代のノートパソコンでも、かなりスペックが高いので、邪魔になりやすいデスクトップパソコンにする必要性はあまりないかなと思います。

デスクトップパソコンをおすすめするという人は、最新の3DゲームやYoutubeなどで動画配信をメインに毎日PCを使い倒したいという人向けかなと考えてます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる