石上優はかっこいい?プロフィールまとめ【かぐや様は告らせたい】

石上優

2022年春アニメ「かぐや様は告らせたい」アニメ3期が放送中です。

そして、「かぐや様は告らせたい」は、原作は漫画の作品で現在26巻でシリーズ累計1700万部突破になる長期人気作品です。

実写映画化もしていて、かなり知名度が高いこの作品。

今回は、生徒会のメンバーの「石上優」について徹底的にまとめあげました。

目次

石上優のプロフィール

秀知院学園高等部1年B組の男子生徒、誕生日は3月3日生まれ。

零細玩具メーカーの次男、実はそのメーカー会計を引き受けているという。母親の影響を受け、花好きで、花言葉などに精通している。

裏主人公

特技である”花言葉”に精通しているが故に、藤原千花からはキモがられている…。

かぐや様は告らせたい作品の”裏”主人公的扱い、実際に登場することはごくまれで、秀知院学園生徒会にの会計として作中に登場する隠れキャラの一人、しかしかなり美味しい立場です。

実際に「かぐや様は告らせたい」本編で出てはいるが”あまり”目立たない存在ですが、ただ、生徒会には欠かせない会計能力。

その計算能力ゆえ、生徒会に抜擢されています。

普段の生徒会には打ち合わせ程度にしか顔を出さず、積極的に生徒会の為になにかをしようとする人間性ではないのです。

普段は仕事を家に持ち帰ってこなしているので、生徒会のメンバーにも仕事ぶりはあまり周知はされていない様子です。

生徒会専任会計士!石上優

高卒で苦労をした父親の見栄のために、偏差値の高い秀知院学園へ入学をかろうじて果たします。

しかし、やんごとなき事情により不登校になっていたのですが、それを生徒会会長の白銀が学校へ行くように説得したことで再度登校するようになり、学園生活をおくれるようになりました。

その時に会長の白銀より生徒会に”スカウト”されている。

なお、生徒会は選挙制度できめられ、”スカウト”で生徒会に入るというのはごくごく稀なことなのです。

というのも、データ処理の面で生徒会に大きく貢献しており、生徒会会長の白銀自身、石上(会計)抜きでは生徒会は成立しないと考えるほどになっているのです。

デジタルゲーム好きで、地頭はいいのですが肝心の”学習意欲”がないため、校内試験では赤点が多く、成績は最下位に近い状態がつづいていました。

しかし、恐怖しているかぐや熱心なサポートによりすこしずつ学年順位が上がっていくのです。

かぐやが怖いよ石上優

渦中にあるかぐやと白銀の関係については、一度かぐやに全否定されて脅されるというひどい目にあったので考えないようにしているようです。

黒歴史として、中等部時代に起こした暴行事件から、多くの生徒からは白眼視されていますが、ただ、事件の発端の真相を見抜き手を差し伸べた会長であり親友の白銀には恩義を感じている様子です。

非常に珍しいことに休日に一緒に遊ぶなど非常に仲がいいのです。

石上自身、人間観察力が非常に高いため、余計なことに気づいて人の地雷(本人は無自覚で)を踏むことが多く、自分でドツボにはまることも多々あるようです。

実際、作中にもあるように、特にかぐやの頭を働かせている闇の部分(負の部分)を度々目撃するため本気で身に危険を感じ、かぐやのことを異常に恐れていました。

かぐやと石上優の関係

当のかぐやのほうは、大事な後輩と思っていため、石上の身に何かしらの困ったことがあると半ば強引ながらも助けているため、石上自身、案外優しいのだなと思いを改めるようになってゆくのです。

どちらかと言うと、体育会系の生徒とカップルに異様なまでの憎悪を抱く性格の様です。

俗に言う非リアで、陰キャである…と言うと言い過ぎだろうか?そこはそれぞれの感性に任せます。

カップルに対する知識は青春ラブコメ由来の偏っ知識を持っており、若干セクハラめいた発言も目立つゆえ、なにかにつけて敵をつくることが多いことが特徴としてもあります。

石上優は饒舌で毒舌

生徒会会長の白銀と二人の時は饒舌で毒舌(?)になります。作中でもグダグダ闇を垂れ流しにしているのが見て取れます。

舌禍によるしっぺ返しにより藤原千花書紀などに心にのメージを負わされて、トボトボと帰ることも多い様子です、ただ、それも石上本人は悪気があってのことではないのですが…

ただ容赦ない突っ込みで、次第に藤原千花に対してのみ、優位に立つようになってきます。そこで白銀から「藤原に対抗できる唯一の存在」と言われるほどまで成長(?)を遂げるのです。

秀知院学園の同学年、ミコには非常に嫌われていて仲が悪いのですが、「頑張っている奴が笑われるのはイラつく」と学園生徒会選挙の演説の際には白銀たちに対して、「ミコを笑わせない勝ち方をしてほしい」と頼むなど何かと助けている一面もあるようだ。

うるせぇバーカ!

ただ、ミコが石上を嫌いなもっともな理由が、「不登校の件や校則違反などで何かとフォローしているにもかかわらず、上から目線で対応されること」ということだとは気づいていない様子ですね。

実際裏方ほど脚光を浴びないもので、嫌われるものであるということがここでわかると思います。

体育祭の実行委員になったのをきっかけに子安つばめに好意を寄せるようになります。

文化祭において、つばめに対して学生間で告白とおもわれるような行為をそうとは知らないままスルーして、クリスマスパーティの後明確に告白した経緯がある石上くんなのでした。

石上優:声優

・鈴木崚汰(すずきりょうた)

・1998年12月22日生まれ
・代表作品  number24

BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATION

グレイプニル

所属

VIMS

石上優の名言

「これだからアナログゲーマー!浅はかって言うんですよ!」

頭脳戦の渦巻く生徒会に於いてカードゲームを藤原千花が提案し、ゲームのチート(騙し)行為を見抜いた際にひどく糾弾したセリフがこちらです。

石上自身はゲーマーを自負しており、デジタルでのやり取りに”優位性”を感じている石上は手を使ってモノを動かす”アナログゲーマー”を見下している感があり、実際そうなのですが

デジタルゲームでのチーミングの場合、コードを書いたりするのに対してアナログゲームの場合は”直接”騙し、卑怯な手段に打ってでるので、そこらあたりで奇妙な正義感があるのでしょう。

石上優のまとめ

何気に正義感が強く、なおかつエリート校に通いつつもそのことをおくびにも出さない石上優、彼こそが学園を支えているのであり、縁の下の力持ち!白銀、かぐや、藤原千花と並び、個性の塊である石上優です。

会計として生徒会を支え、一生懸命なその姿、我々は忘れない!

デジタル社会に生きる高校生をそのまま投影したようなキャラクタに親近感すら覚えます。

性格・人格ともに難ありなのはなにも石上優個人に限って言う話しではありません、秀知院学園生徒会会計として、1年ということもふまえ、2年、3年と年次を重ねて魅せて欲しいものです。

頑張れ!石上優!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる