ラブライブスーパースター何年後の話?【シリーズ考察まとめ】

ラブライブ!スーパースター!が2021年7月の夏アニメで放送が放送されました。

2022年のアニメ2期も7月から放送されることが決定してます。

ラブライブ!シリーズは、2010年6月に「電撃G’s magazine」から始まった企画です。

「電撃G’s magazine」といえば、1999年頃に「シスター・プリンセス」(シスプリ)の企画が出たりと知る人ぞ知る美少女系の月刊雑誌だったりします。

今回は、ラブライブ!シリーズが2021年6月30日に「初代作品「ラブライブ!」が11周年を迎えて、今までのアニメ「ラブライブ!シリーズ」の時系列についてまとめることにしてみました。

目次

ラブライブスーパースター何年後の話?

・初代ラブライブ「μ’s」

・ラブライブサンシャイン「Aqours」(μ’sの5年後)

・ラブライブ虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(不明)

・ラブライブ!スーパースター!(μ’sの10年後)

アニメ「ラブライブ!」シリーズは、4作品合って予想としては、こんな感じになっております。

今回この理由についても調べてまとめてみました。

ラブライブサンシャイン「Aqours」(μ’sの5年後)

ラブライブ!サンシャイン!1期の4話「ふたりのキモチ」で、ラブライブ!5周年記念号という雑誌から、ラブライバーからはサンシャインの設定は、μ’sの時代から5年後以上経ってるということになります。

書店で「国木田 花丸 」がμ’sの本を立ち読みをしているシーンから、現行の雑誌だと考察出来ます。

それ以上の年数があまり経ってるわけじゃなく普通に表記通り5年後の設定だと思うのが良さそうでした。

この記事を描くために久しぶりにラブライブ!サンシャイン!を見返しましたが、ここの話もなかなか良かったです。

昔、聖地の「淡島」の坂を登ったことを思い出しました。

ラブライブ虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(不明)

2020年にアニメの放送がされた「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」ですが、μ’sやAqoursの何年後のストーリーではなくて、別の世界の話ではないかと考察されてます。

そのため、今回は虹ヶ咲は不明にしておきました。

虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会は、既にアニメ2期の制作が決まっていて2022年4月から放送されてます。

2期は、新しいキャラクターが登場してました。

虹ヶ咲学園は、「ひどい」「つまらない」とかの評価もあったりましたが、視聴されてる人が多い作品などで様々な感想があるかと思います。

ラブライブ!スーパースター!(μ’sの10年後)

ラブライブ!スーパースター!がμ’sから10年後ではないかと予想したのは、第2話スクールアイドル禁止の葉月恋がパソコンの画面を見ている時「10th Anniversary」と表記されてたシーンがあったからです。

この情報だけでは、確定出来ないシーンになりますがラブライブ!シリーズが5年後ずつの話の可能性は高いです。

それか「代々木スクールアイドルフェスティバル」と記載されてるので、スクフェスは、アニメ「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」から始まったイベントなので、そこからの10年後かもしれないとかしれないとかちょっとわからない部分もあります。

「10th Anniversary」の右上の記載がなんて書いてあるかがわからないようにしてるんですよね。

まとめ

スールアイドルインフォメーションに10thの記載があるということから、ラブライブ!スーパースター!は、μ’sの時代から10年後だと予想するのが一番合ってるのかなと思ったところです。

ラブライブシリーズは、現在4作品までありますが、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会だけロゴ表記が違ったりしていて、スピンオフ作品っぽい感じもしますね。

「ラブライブ!スーパースター」は、アニメ1期では5人のメンバーだけでしたが、アニメ2期から新キャラクターが登場することが決まっております。

ラブライブシリーズは、「dアニメストア」「U-NEXT」で全てのシリーズが動画配信されてるのでどっちかで視聴するのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる