ウィキペディアはひどい?間違いだらけで信用出来ない理由とは

ウィキペディアとは、インターネット百科事典になります。

色んな情報がまとめられいて簡単に調べることが出来ますが、情報が間違いが多くて信用出来ないと言われることがあります。

実際、ウィキペディアはそこまでひどいサイトなのかについて、調べてまとめてみました。

目次

ウィキペディアはひどいのか?

ウィキペディアのサイトは、誰でも編集することが出来ます。(一応、多少ルールはあります)

そのため、ウィキペディアの情報は悪意がある人が嫌がらせで編集されることもありますし、善良な人が修正したり、ちゃんとした情報がまとめられてたりもします。

たまに何かネット炎上することで、ウィキペディアやグーグルの口コミなどが荒らされることもあったりもしますよね。

ウィキペディアの情報はあくまで参考程度に

基本的にどんな情報でも間違っている可能性はあります。

そのことを頭に入れておくだけで、全ての情報を鵜呑みにすることが少なくなり、柔軟に考えられるようになっていくと思います。

ウィキペディアも個人サイトも企業サイトであっても、情報が間違っている可能性はどこでも少なからずあります。

情報の質に拘るなら

正しい情報かどうかの判断は、信頼性が高い情報源であるかどうか調べる必要性があります。

省庁や大手のメディアが出してる情報なら、比較的信頼性が高い情報だと判断出来ます。(それでも間違いの可能性はある)

SNSなどの情報に関しては、デマ情報も拡散されていることが多いので、拡散されているからといって正しい情報かどうかの判断は難しいところです。

現代は、ほんとうに情報が多すぎて、正しいのか正しくないのか判断が難しいです。

しかし、ぶっちゃけほとんどの情報は、知らなくてもいいことばかりだったりするので、正しい関係なく情報を入れすぎなくてもいいかなーと思うところはあります。

ウィキペディアはちょっとした調べ物に便利

なんだかんだで、ウィキペディアはそれなりに情報がしっかりまとめられているので、ちょっと調べ物をしたいなって思った時にだいたい何でも記載されてます。

ウィキペディアには間違いが多いと言われてたりしてますが、それでも普通に知りたいことが知れることが多かったり、正確な情報が必要になるっていうこと自体がそこまで無いと思うので、問題はないと思います。

ウィキペディアは何も知らない情報の入口に

ウィキペディアは、ちょっとしたことを調べるぐらいには向いてますが、専門的な知識を身につけたいなら、専門書を購入して学ぶといいです。

書籍は、ある程度情報の質があるので、ウィキペディアより信頼性が高いです。

また書籍は、ネットよりも情報がある程度まとまっているので勉強にも向いてます。

まとめ

ネットの情報は、誰でも編集が出来て簡単に投稿することが出来る場合が多いです。

そのため、何人の人がチェックして出版している書籍とかよりも間違いや情報の信頼性は低いことが多くなります。

特にSNSあたりは、情報のスピードは圧倒的に多いですが、デマなどもかなり多いので偽物情報も多いです。

情報の取捨選択のスキルが今後大切になっていきそうですね。

基本的に現代は情報が溢れすぎていて知らなくても問題ないことが多すぎると思うので、ある程度デジタルデトックス生活はしていかないといけないかなとは思ったりもしてます。

著:カル ニューポート, 翻訳:池田 真紀子
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

アマゾンの電子書籍読み放題サービスはこちら(無料期間あり)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる