映画館に行かない理由は?映画離れで衰退していくのか

最近は、映画館に行って映画を見ないという人が増えていて、映画離れが騒がれております。

これには、外出自粛の影響もあるかと思いますが、それ以上に他の要因が大きいことがわかりました。

実際、2021年に公開された「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」では、国内興行収入400億円突破して、今までの興行収入記録を塗り替えました。

作品の人気さえあれば、わざわざ映画館まで行って観に行くという人は、まだまだ居るわかります。

今回は、映画館に行かない理由についてアンケートを取ったりしてまとめてみました。

目次

映画館に行かない理由は?

  • 映画館の料金が高い
  • ネット動画配信サービスで視聴出来る
  • 映画館まで行くのが面倒
  • トイレが気になる
  • 周りのマナーが悪い時がある

アニメや映画が好きな人でも、あまり映画館に行ってまで映画を見ない理由は、主にこの5つの理由があるみたいでした。

自分もとにかく公開されてすぐに視聴したい作品以外は、ほとんどネット動画配信サービスで視聴してしまうことが多いです。

ネット動画配信サービスなら、映画一回分の料金で一ヶ月見放題で動画を視聴することが出来ることを考えると、映画館で映画を視聴するというのはコスパ的には微妙と判断してる人も多いですね。

しかし、流行りの作品は映画館で視聴しておくと雑談のネタにすることも出来たりするので、人気がある作品は視聴しておいても損することは少ないと思います。

周りの目がある場所よりも自宅でゆっくり動画を視聴した方が気楽という意見も多かったです。

ぴよきち

周りの目や仕草が気になったり、近年では騒ぐ人たちや携帯電話の使用が見られて集中がほぼできない状態がある。純粋に楽しみに来てる人たちもいる中で、そのような人が複数人ともなると映画どころの話ではなく、せっかくの楽しみにしていた気持ちも冷めてしまい面白くも無くなってしまう。ただ、会場全体が笑いに包まれたり、共感を持つような場面での反応は嫌いではない。むしろその映画の製作者に拍手を捧げ、一緒にその場で楽しむことができるんだ。しかし、それは時と場合によるし、関係のないところでの会話や笑い声、無駄な光などにより、それが壊れることが嫌なんだ。それなら家でゆったり一人で、もしくは恋人や友人、家族たちと共に見ていた方が気楽に思える。

うさきち

長時間同じ姿勢で見ることが苦手なので映画館ではあまり観ません。ずっと同じ姿勢でいると集中力が保たず、後半の話が全然入ってこないことがあります。できれば公開初日に観たい気持ちもありますが、映画館に行くとしても私が選ぶのは端っこの席や一番後ろなどをリクエスト。友達と一緒に行くと嫌がられます(笑)
音響はもちろん映画館の方がずば抜けて良いのですが、それよりも好きな映画こそできれば家でリラックスしながら観たいタイプなのです。好きな飲み物とお菓子を広げてゴロゴロしながら観るのが最高だと思っています。
その映画のブームが少し去ってから観ることがほとんどですが、家で鑑賞するほうがリラックスできて何倍も楽しく観ることができます。

まとめ

たまに映画館で見たい気持ちもありますが、金額的に贅沢にし感じてしまい映画館で見ないことが多いですよね。

今は少し待てばアマゾンプライムやネットフリックスなどのサブスクリプションで追ってみることができるため、そちらを利用することが多いです。

友人から進められた映画などは、たまに見ることがあります。

今は、自宅のネット環境が整ったことや、自宅でも十分に楽しめることを実感したため、わざわざ映画館に足を運ばずとも、自宅で好きな料理や飲み物を揃え、友人や恋人とゆったりした時間を楽しむことが可能です。

とはいえども、やはり映画館で見る映画は別格ですので、たまには足を運びたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる