邪神ちゃん3期はつまらない?面白い?アニメ評価まとめ

邪神ちゃんドロップキックは、アニメ3期まで放送するほどの人気作品になってます。

3期では、Youtubeチャンネル運営にも力を入れており、違法アップロードよりも早いなどと公式が切り抜き動画を上げるなどをしていて話題になってました。

今回は、そんな邪神ちゃんのアニメの評価についてまとめてみました。

目次

邪神ちゃんはどんなアニメ?

女子大生ゆりねによって召喚された邪神ちゃんが魔界に帰れず人間界で暮らさざるを得なくなる姿を描いた日常コメディアニメです。

2018年以来2年ごとに新作がOAされてる形で、アニメ3期はクラウドファンディングで制作資金が集まったあたり愛されている感が判りますね。

内容的にはこれまでと同様カオスなギャグ中心で描かれ、新規要素はそこまでないのですが、初音ミクを準レギュラーにするコラボが話題というか、公式が若干味を占めてる感じもあります(笑)。

ギャグのネタや過激なパロディ要素的には人を選ぶのは否めませんが、難しく考えず悪ノリ的なメタ発言やパロディが笑えるという方(お笑い番組に近い感じでしょうか)は好みそうな作風に感じがします。

邪神ちゃんのアニメ評価

邪神ちゃんドロップキックXのアマゾンプライムビデオでの評価は、平均星2.4と評価は低めでした。1期、2期は、平均星4とアニメの評価は高いです。

内容は、6話以降が面白くなくなってしまい観光地のPR編が長すぎるということで、クラファンのせいで観光番組になってるというところが評価が悪くなってるみたいです。

アニメ制作は、非常にお金が掛かるのでクラファンで3600万円の金額が集まったので、そこは成功しましたが、肝心のアニメの評価が悪くなってしまったのは、本末転倒な部分があると思いました。

ちなみに邪神ちゃんのアニメ1クール制作するのにかかる費用は、約3億円の経費が掛かるということでアニメ制作は非常にお金が掛かるみたいです。

クラファンしてくれた人にも還元はしないといけないので、クラファンの難しい部分はありましたよね。

邪神ちゃんのアニメ自体は、ほっこりしたアニメです。絵柄がほんわかしていて見やすいです。

気分転換にピッタリなアニメです。簡単なストーリーなので、勉強や家事の合間などに見るのがちょうどいいです。

邪神ちゃんが可愛いです。金髪で蛇の姿をしていて似合っています。

声もいいです。登場人物もたくさんいてそれぞれ個性的です。髪型や服装が素敵な女の子たちです。ワイワイやっている様子に元気が貰えます。

女子高みたいな雰囲気です。初音ミクも出てきます。ギャグマンガで面白いです。OPのあれこれドラスティックも、明るい曲でおすすめです。

こういう明るい雰囲気が最近は求められているんだろうなと思います。

仕事から帰宅して何も考えずに見ているとその日の嫌なことも忘れられそうだと思います。これからも見ていきたいです。

まとめ

邪神ちゃん3期の評価は、全体的には低めでしたが、好きな人には普通に好きだと思います。

邪神ちゃんドロップキック、邪神ちゃんドロップキック’のときからパロディはあったが今回の邪神ちゃんドロップキックxはより多くなり一段と面白くなった。

1話見た時に初音ミクがゲスト登場してきたことにびっくりして、その時だけの特別回であるのかと思っていたが、全部の話で出てきたのが驚いた。

YouTube上での無断転載に対抗するために公式が無断転載よりも先に初音ミクが出てきている部分の切り抜きを行っているという点が他のアニメ作品ではなかったことでありとても評価できる点であると思っている。

今までの邪神ちゃんシリーズよりも邪神ちゃんのクズさが出ていてとても面白い。

また、クラウドファンディングの見返りでモブキャラで出演する権利を売っているという点も面白いなと感じた。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる