ツイッターやめてよかったこと!やめたいけどやめれない?

ツイッターは、リアルタイムで色んな情報を手に入れることが出来たり、好きなことをつぶやいたりすることが出来ます。

色んな人と交流することも可能なので、かなりやってる人が多いSNSの一つです。

しかし、ツイッターをやってるとSNS疲れやSNS依存症的にツイッターばかりをやってしまうなんてこともあると思います。

今回は、ツイッターをやめて良かったという口コミをまとめてみました。

ちなみにツイッターのやめ方は、アプリをアンインストールして、1週間ほど触らなければ徐々にツイッターが無い生活に戻れると思います。

SNSは、簡単に利用することが出来るから、ただの暇つぶしで見てしまうという習慣になってるだけで、別に見なくても、ほとんどの人は生活に影響は無いというかやらないほうが良かったという人の方が多い印象です。

目次

ツイッターやめてよかったことは?

  • 無駄にダラダラ見る時間が無くなた
  • 他人との比較をしてしまうことが減った
  • やりたいことに集中出来るようになった

昔はTwitterを使っていたのですが、段々とみんなのTwitterを使う目的が変わってきている感じがして辞めました。

昔は自分の投稿したいことや共有したいことを投稿していたのに、今は誰かのことを叩いたり少しのミスを探して炎上させたりと人を不幸にする使い方が目立っていました。

なので見ていても、ものすごく不快な気持ちになることも多く匿名だからと叩く人が多くなってTwitterの目的が変わってきているのが見ていて辛かったです。

なので、自分が好きな芸能人やインフルエンサーが叩かれるのを見るのが嫌だったので辞めて良かったなと思いました。

まとめ

ツイッターは、気軽に色んな人のつぶやきを見ることが出来るので、つい見てしまいますが、ほとんどの内容が知らなくてもいいことばかりだったりします。

そんなことに時間を使うよりも読書をしたり、好きな動画を視聴したりした方が遥かに有意義に過ごせると思うので、SNSをやりすぎてると思うなら、一度離れてみてもいいかもしれません。

Youtubeプレミアムを月額200円以下で利用する裏技まとめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる