有機ELテレビを使ったら液晶には戻れない?【実体験レビュー】

テレビ

有機ELテレビは、液晶テレビと比べると黒の表現が非常に良くて高画質だと感じるやすいテレビです。

価格帯も以前よりかなり安くなって来たので、液晶か有機ELテレビどっちを購入するか迷ってる方もいるかと思います。

ただ、値段に見合ったほどのメリットがあるかどうか気になるところですよね?

今回は、実際にどちらも使ってみた感想レビューをまとめることにしましたので、今後テレビの購入の参考にしていただけたら幸いです。

目次

有機ELテレビを使ったら液晶には戻れないレベル?

写真では、いまいちわかりにくいのですが、有機ELテレビは、液晶テレビと比べてもハッキリとした色の表現がわかります。しかし、液晶テレビの画質が悪いというわけでもないので、有機ELテレビから液晶テレビに戻すことは普通に出来ます。

むしろ使う用途によっては、液晶テレビの方が優れている部分もありますので、有機ELテレビの方が完全上位互換というわけではありません。

完全に有機ELテレビの方が良いなら、全力でおすすめしたいですが焼き付きリスクという最大のデメリットがある以上、人によって向き不向きがあるテレビだなという感想を持ちました。

長時間利用することが多い自分は、大きな画面である液晶テレビを利用することの方が多いです。

液晶と比べると画質は綺麗に感じる

実際に有機ELテレビでアニメや映画などの動画を視聴してみると、ハッキリ液晶テレビより綺麗だと感じる人が多いと思います。

しかし、劇的に液晶と画質が違うかというとそこまで大きくはない程度です。

画質が良いなって感じるのは、購入した時ぐらいですぐに慣れてしまいますが、液晶テレビをメインで使っていて、たまに有機ELテレビで動画を見るとやっぱり映像は綺麗だなと思ってしまうところはあります。

有機ELパネルの場合焼き付きのリスクがあるので、ずっと同じ場所に画像が表示されるような映像を視聴しないという方にはメリットが大きいと思います。

確かに綺麗だけど液晶の画質でも、満足出来る人の方が多いです。

しかし、自分自身は、55インチの有機ELテレビから75インチの液晶テレビに戻しましたが全然問題ありませんでした。

ちょっと画質が上がるよりも画面の大きさの方が良いなと思ったからです。

有機ELテレビは、値段が下がったとはいえ、まだまだ液晶テレビの方がコスパが良いので、同じ値段を出すなら大画面の液晶テレビを購入した方が満足度は高いと思います。

有機ELテレビは焼き付きリスクが高い

有機ELテレビのメリットは、高画質であることですが、ゲームやパソコンモニターみたいに常に同じ映像を表示する場合は、パネルが焼き付いて色味が変わってしまうことがあります。

ニュースとかの固定された部分があるのを付けてるだけでも、これだけ焼き付きが出てたらやってられないですね。

Twitterの報告だと、かなり前のテレビだと思うので、今の有機ELパネルは焼き付き対策もされてますが、それでも可能生があるなら不安になりますね。

最近では、スマホでも有機ELディスプレイを使われているものがありますので、自分が発売当初から2年近く使っている「iPhone11 Pro」を確認してみたところ焼き付きはなかったです。

スマホは、焼き付きとか気にすることなく適当に使っていて大丈夫なので、比較的最近の有機ELディスプレイは、多少焼き付きにくいように対策されてるのかもしれません。

▶「有機ELテレビの焼き付き問題は大丈夫?注意点まとめ」

まとめ

今の4k液晶テレビは、非常に綺麗なので別に有機ELテレビじゃなくても良いと思います。テレビとかのエンタメは、趣味の領域ではあるので好きな人はお金を掛けて有機ELテレビも良いですね。

有機ELと液晶テレビの差は、DVDとBlu-rayみたいに明確に大きな差があるレベルではないので、結構好みで選んでも問題ないかと思います。

液晶テレビは、長年販売されてきただけあって品質も非常に高いですし

一般の人なら、普通に画質がキレイと感じることが出来ます。

映像コンテンツは、置く場所があれば大きければ大きいほど良いなって思えるので、テレビの視聴距離を測ってみて考えてみてください。

75インチのテレビを6畳の部屋に置いて視聴してますが、全然問題なく視聴出来てます。

▶「Amazonで4k液晶テレビを探してみる」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる