YAGOOとは誰?ホロライブ社長がそう呼ばれるようになった理由

YAGOOとは

YAGOOこと谷郷元昭(たにごうもとあき)社長は、Vtuber事務所である「カバー株式会社」の設立者です。

今回は、なぜ谷郷社長がYAGOO(ヤゴー)と呼ばれるようになったきっかけやこれだけ人気がある理由について調べてまとめてみました。

目次

YAGOOの元ネタと呼ばれるようになった理由

谷郷社長がYAGOOと呼ばれるようになった原因は、ホロライブ2期生の大空スバルが「谷郷」を「やごう」と読み間違えたことから、ヤゴーとなりYAGOOという愛称で呼ばれるようになりました。

つまり、間違いからあだ名が付いたという感じですね。

こういうことはよくありますが、ヤフー(YAHOO)みたいに呼びやすい感じで、良いあだ名だと思いました。

英語表記で広まったのは、多分YAHOOからかなというところですね。

一度、聞いたら覚えてしまいます。

というか、YAGOOという読み名だけは知ってましたが、本名である谷郷元昭(たにごうもとあき)社長の呼び方は、記事をまとめることで初めて知ったぐらいです。

ホロライブをよく視聴してる人も、「たにごう」と呼ぶのでなくて「やごう」と呼ぶと思ってる人も多そうですね。

ちなみにYAGOO社長の年齢は、1973年生まれ48歳ということですが見た目的に30代ぐらいともっと若いと思ってました。

YAGOOの人気が凄い

YAGOOは、ツイッターのトレンドで1位を取るぐらいみんなから愛されてる社長です。

ある意味、ホロライブのトップアイドルと言ってもいいぐらいの人気ですね。

YAGOO社長は、ホロメンからもフリー素材的な扱いをされてますし

ホロリスからも、そういう認識を持ってるみたいです。

みんなから愛されてます。

スタッフにもフリー素材みたいな扱いされてるって、社長をフリー素材化するっていうのは扱いが雑すぎると思いますが、それだけみんなから愛されキャラってことですね。

YAGOO始球式経験あり

2021年10月3日にホロライブとパ・リーグコラボで京セラドームにて、ヤゴー社長が始球式をやってます。

ホロライブは、この数年で一気に伸びて来ましたが、プロ野球とコラボするまでになるのは凄いなぁって思います。

YAGOOまとめ

ヤゴー社長推しのファンも結構居るみたいなので、これだけ人気がある社長って、なかなか居ないですよね。

有名な企業でも、誰が社長をやってるとか知らないことがほとんどだと思います。

「つながるホロライブ」では、会場で一緒に写真を撮影してくれたりとファンサービス精神もあるYAGOO社長です。

現地でYAGOOに会えた人が羨ましい限りですね。

▶「Amazonでホロライブのグッズを探す」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる