Vtuberが人気あるのはなぜ?何が面白くてハマるのか

Vtuberスパチャ

最近Youtubeでは、Vtubar(バーチャルユーチューバー)の配信が人気が出てます。

2021年のスパチャ(投げ銭)ランキングは、Vtuberだけが1億円超えを達成してます。

これは、Vtuberの活動が生配信をメインにしているということも理由の一つです。

今回は、なぜVtuberがこれほど人気があるのか?何が面白いの?かについて、実際に配信を視聴してる方に好きなVtuberを聞いたのをまとめてみました。

目次

Vtuberが人気あるのはなぜなのか?

圧倒的にビジュアルが良い。基本的なVtuverさんはライブ配信メインに活動されている方が多いので、リアルタイムに感情を共有できること。

見た目は二次元デザインキャラクター性を維持しつつ、生の人間のリアクション、話術の良さを出せるのが魅力だと思います。

また、コメントを拾ってくれたり、スーパーチャットをしたりすると反応は返ってくることが多いです。

ネットでのコミュニケーションが多いので、ログとしてネットに残ることも、現実だと実感できて嬉しいと思います。

配信内容もバーチャルだからこそできること、分裂してみたり、光ってみたりなど、かと思えば普通のゲーム配信などもあり、どっちも楽しめます。

また、色々な国籍の人もいて、コラボなども多いのでわちゃわちゃとした雰囲気が好きなら、好きだと思います。技術の進歩もとても感じます。

初期の方から比べると、今はだいぶ表情の変化が細かくなりましたし、ライブではなめらかに動くようになったりしました。

これからもっと良くなるんだろうなと感じます。

本来の姿を気にせずに、夢のあるアバターを作り、なりきることで夢を叶えることもできます。仮の姿だけど、自分という本質は変わらずにさまざまなチャレンジができる、バーチャルな空間(メタバース)に存在できるのも素晴らしい点です。

現実の自分は、簡単にスタイルアップをしたり、可愛く凝ったヘアスタイルにすることができません。

しかし、Vtuberならそういった見た目チェンジも叶うという点も、特筆すべき点です。

湊あくあ(ホロライブ)

テンションが高い様子が可愛らしいです。本当に可愛らしくて、盛り上がりながらファンと絡んでいくような感じがあって好きです。

また、apexをよくプレイしているのですが、その実況している様子が可愛いです。プレイもうまいし、そこに関しても満足できるのですが、プレイ中の雑談も好きです。

面白いキャラクターだなと思いながらもずっと聴いてられます。さらに、面白い個性がある点も良いです。どこか変なところがあって、そこがチャームポイントです。

ゲームをしている最中もそれが伝わってくるのでそこが良いし、可愛らしさも相まって愛おしいです。

ラトナ・プティ

私がおすすめするVtuberはにじさんじ所属のラトナ・プティさんです。

その可愛らしい獣耳から狸と間違えられてしまうことがネタとなってしまっている彼女ですが、狸ではなくレッサーパンダなので勘違いしないように注意しましょう。

主な配信はFPS 系統。

闇のゲームと揶揄されることもあるオーバーウォッチ出身であることを誇りに、配信者界隈で人気を博したバトルロワイヤルゲームAPEXではVtuber界ではNo1ジブラルタル使いとの呼び声があがる程のスキルを持っています。

コラボ相手から3歳児と呼ばれてしまう幼稚なところ、配信の裏でゲームスキルを高めるために努力を惜しまない姿勢、ふらっと寄り道をしたかのように始まる弾き語りなど、マイペースながらも必ず視聴者に突き刺さる魅力をたくさん持っている彼女”ラトナ・プティさん”をよかったら見てみてください。

剣持刀也

視聴者との距離がすごく近いこともファンにとっては魅力の一つだし、最近登場したYouTubeのショート動画にもよく映え今の時代動画を配信する系の職業の中では、とても適した時代にあっている職業だと思っています。

VTuberという仕事には事務所以外にもイラストレーターなど様々な専門職業の方が関わっており、今まで犬猿されがちだったオタク文化もVTuberの方々のおかげでかなり受け入れられたのかなと思っています。

剣持刀也さんは未成年でありながらSNSの機能を存分に生かし活動していますが、コミュニケーション能力も高くフランクな対応をしてくれています。

最近は、人と関わる機会がぐんと減り沈んでいましたが、この方のおかげで何とかここまで来ることが出来ました。感謝してもし着れません。

三枝明那

配信ではまるで友達とアホなことをしているような感覚になるくらいふざけたことをしているのですが、歌を歌うと一気にかっこいい歌手になります。

ふざけたことをしている時も大きな声に大きな笑い声が聞けてかなり元気が出ます。

そこと歌とのギャップがすごいです。歌声はどこかで聞いたことがありそうで誰でもない三枝明那特有の声をしていて、どちらかと言えば少し高めの声をしています。

女性でも少し出しにくいくらいの高音を聴き苦しくないように歌うので練習を重ねてこられたんだと思います。

アップテンポな曲も落ち着いたバラードも完璧に歌い分けられる実力があります。

子ノ神モカ

教会に居候しているモルモットの少女で引きこもり体質で外には出ないが大好きな人間と仲良くなりたい為にYouTubeを始めたVtuberさん。

もともとは、CodeZodiacという仏教の「十二神将」がコンセプトのVTuberグループの一人でしたが、今は解散して個人で活動しています。

子ノ神モカさんはモルモットの様な口やゴスロリ服、ピンクの髪を基調に可愛らしい雰囲気が特徴です。

また、彼女の性格はヤンデレ気味で右手に包帯が巻かれております。態度も地雷系ヤンデレ的可愛らしさもありながらメンヘラ感が中毒になる方です。

まとめ

Vtuberの魅力は、2次元の姿を使って歌やゲームを使って見る側を楽しくさせてくれる要素がいちばん強く気軽に推すことが出来ることが1番なのかもしれません。

アイドルや俳優といった芸能人を推すと限られたタイミングでしか見ることが出来ませんが、VTuberなら、基本的に毎日YouTube上などで動画を生配信するので同じ時間を共有することが出来ます。

そのため、身近に感じることができるし、一緒にゲーム等で遊ぶことが出来るので推す事が簡単です。

スパチャは、絶対しないといけないわけじゃないので、YouTubeを見ることが出来ればお金をかけずに推すこともできるし気軽に人に進めやすいのも魅力の一つだと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる