ラブライブスーパースター2期最終回の感想と全話視聴した評価まとめ

2021年に放送されたラブライブのコンテンツの一環「~スーパースター」の第2期で、1期では5人とシリーズ中少数精鋭になってました。

しかし、アニメ2期からリエラに新たに新入生4人が加わり、原点回帰的な9人組となって再始動する流れになっています。

ラブライブ出場を目指すストーリー展開や9人というメンバー構成など同時期にニジガク2期がOAしてた分より原点回帰的な印象を受ける作風になりました。

一方で新キャラ4人に関してはキャラが濃いものの、話的には初期5人(特にかのん中心)になったため、今ひとつ絡み切れなかった感も否めず、また、3期が決定し、そこに続く流れの終わり方は賛否避けられない形になったと思いました。

今回は、ラブライブ!スーパースター2期の感想と評価をまとめていきたいと思います。

目次

ラブライブスーパースター2期の最終回がひどい?

かのんが留学前にラブライブ優勝して勝利したのは、王道パターンで良かったかと思いますが、最後の最後に留学中止になり、留学について悩んだストーリーが無駄になった感じがしました。

ラブライブ!スーパースター!のアニメ3期が決定しましたが、2期の最終回の展開は不評でしたね。

ラブライブ!スーパースター2期の感想

最初は新しいキャラが増えることに不安があり、2話目くらいまでの感想もなんだかいまいちだなというものでした。

リエラはもう完成しているグループで、あとは深みを持たせてくれれば良いと思っていたので個性が強過ぎる1年生はノイズでしかないと感じました。

ところが話が進むにつれて1年生の真っすぐな気持ちがわかってきて段々と好きになっていきました。

今回の1年生たちは2年生との実力差に悩んでいる描写が多く見られましたが、そこがリアルに感じられてすごく応援したくなってしまいました。

2年生たちも後輩ができて成長していましたし、結果的に私が望んでいた深みができたと思っています。

後半が少し駆け足で情報過多でしたが、3期にも期待を持てる内容でとても良かったと思います。

まとめ

ラブライブシリーズを全部視聴してますが、今までずっと9人でやってきたので、違ったパターンも見てみたいと思ったため、スーパースターは5人でやって欲しかった部分がありました。

しかし、アニメ3期では、あたらしいキャストが一般公募のオーディションで、更にメンバーが増えるみたいです。

今までのラブライブ!シリーズは、アニメ2期と映画までしか無かったので、アニメ3期まで続くのは初めてです。

放送されたら最後まで視聴はしていきたいですね。

Youtubeプレミアムを月額200円以下で利用する裏技まとめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる