ルリドラゴンは打ち切り理由は?休載理由はなぜ?【マンガ】

ルリドラゴンは、週刊少年ジャンプには珍しい女子高生の日常系漫画

連載開始からものの数話で話題作となり、ボイスコミックLINEスタンプなどを展開し始めた異例の作品です。

女子高生の日常系…とは言うものの、主人公がある朝起きたら突然が生えていたという出だし。

普通なら大騒ぎになるような事態だというのに、出生の秘密がサラッと説明され、本人も周りも戸惑いつつもわりと前向きにゆるっと受け入れ、なんとも穏やかな日常風景を描いていくという不思議な作品です。

ジャンプの中では異彩を放ちながらも、それがいい方に働いて人気を後押ししていますが、ようやく一巻発売という話数で早くも連載ストップしてしまいました。

「せっかく面白いのに打ち切りなの?」と心配の声が上がっています。

ルリドラゴンは打ち切りなのでしょうか、それとも休載なのでしょうか。

非常に好調な滑り出しなのに、どうしてそんな事態になったのかをここでまとめてみます。

目次

ルリドラゴンは打ち切り理由は?

ルリドラゴンは打ち切りではありません。

無期限の休載です。

2022年6月13日発売の週刊少年ジャンプ28号に連載開始し、同年8月1日発売の週刊少年ジャンプ35号で長期休載が告知されました。

ルリドラゴンの連載開始から2カ月弱というあまりにも早い休載に、驚きの声が上がっています。

ジャンプは、連載されるだけでも凄いことですが、それでも休載することにしたということは、大きな理由がありそうです。

ルリドラゴンの休載理由はなぜ?

休載理由は、作者「眞藤雅興」(シンドウマサオキ)さんの体調不良とされています。

体調不良の内容

具体的にどのような体調不良なのかは、2022年10月現在明かされていません

ここからはあくまでも一個人の憶測ですが、

初の連載作品ということなので、週刊漫画のペースについて行くことが難しかったのかもしれません。

読み切り時点でボイスコミック化し注目を集め、初連載から数話で話題を呼び、引き続きのボイスコミック化LINEスタンプ等と怒涛の展開が大きなプレッシャーとなってしまっているのかもしれません。

週刊漫画というだけでも体調管理がとても難しく、身体を壊す作家さんが後を絶たない世界なので、どうかご本人に無理のない環境を整えていただきたいと願います。

一度、健康を害すると元に戻すのは、非常に時間が掛かってしまうことがあります。

漫画家は、体調を崩してしまってマンガを描くことが出来なくなって引退していく人は多いです。

ハンターハンターの冨樫先生も体調が悪くなって、休載が非常に多くなりました。

ルリドラゴン作者「眞藤雅興」プロフィール

連載作品が初めてということで、まだルリドラゴンの作者眞藤雅興さんをご存じない方も多いと思いますから、ここで簡単なプロフィールを紹介します。

  • 作者名 眞藤 雅興(しんどう まさおき)
  • 生年月日 1998年8月3日 (2022年時点で24歳)
  • 出身 鹿児島県薩摩川内市 川内北中学校
  • 在住 千葉県
  • 趣味 ドラマ鑑賞サントラ収集
  • 好きな漫画 上野さんは不器用

経歴

2015年 高校を中退し、漫画家を目指して上京

2016年12月 ジャンプX Twin Peach(ツインピーチ/読み切り)でデビュー

デビュー作Twin Peach第109回JUMPトレジャー新人漫画賞 にて佳作、グランドトレジャー賞受賞

2016年 ジャンプX SKY CLAW(読み切り)

2017年 週刊少年ジャンプ 除冷師 煉太郎の約束 (読み切り/金未来(ゴールドフューチャー)杯グランプリ受賞

2018年 週刊少年ジャンプ COUNT OVER(読み切り)

2020年12月 少年ジャンプGIGA 2021WINTER ルリドラゴン(読み切り)

2022年2月23日 YouTube ルリドラゴン(読み切り)ボイスコミック累計200万回再生され話題に)

2022年6月13日 週刊少年ジャンプ ルリドラゴン 連載開始 / 公式PV公開

2022年7月25日 公式Twitterアカウント開設 / LINEスタンプ発売

2022年8月 週刊少年ジャンプ ルリドラゴン 無期限休載

2022年9月29日 YouTube ルリドラゴン第1話ボイスコミック前編 公開

2022年9月30日 YouTube ルリドラゴン第1話ボイスコミック後編 公開

2022年10月1日 YouTube ルリドラゴン第2話ボイスコミック 公開

2022年10月2日 YouTube ルリドラゴン第3話ボイスコミック 公開

2022年10月4日 ルリドラゴン第1巻発売

経歴詳細

特筆すべきは、18歳という若さで持ち込み作品Twin PeachJUMPトレジャー新人漫画賞グランドトレジャー賞受賞、翌年には除冷師 煉太郎の約束金未来杯グランプリ受賞と、デビューから立て続けに賞を受賞する実力でしょうか。

デビュー当時からすでに画力や構成力が評価されており、ルリドラゴン(読み切り)は22歳、連載開始は24歳と大躍進を続けています。

ルリドラゴンからは想像がつかないかもしれませんが、ルリドラゴン以前はアクションものが多く、アクションシーンの評価も高かったようです。

また、連載前の2022年2月に公開されたルリドラゴン(読み切り)のボイスコミック累計200万回再生されて一気に注目を浴びます。

この熱が冷めぬ中6月に連載開始し、前評判に恥じぬ話題を呼び…恐らく連載開始当初からかなりのご多忙だったのではないでしょうか。

まとめ

打ち切りではなく、作者の体調不良による無期限の休載となったルリドラゴン。

マンガの評判は、非常に良いので休載からの復活を期待している人は、非常に多いです。

独特の緩いルリたちの日常が、作風の通り穏やかに続くよう、作者さんの書きやすい環境が整うことを願っています。

Youtubeプレミアムを月額200円以下で利用する裏技まとめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる