アップルウォッチはサウナで故障する?温泉でも問題なし?

サウナブームでサウナに入る人も増えてきたと思いますが、スマートウォッチであるアップルウォッチをサウナや温泉に持ち込んで使えるのかどうか気になってる人も居ると思います。

アップルウォッチがあると、心拍数の変化だったりを数字で確認することが出来て便利です。

そのため、故障しないなら持っていきたいという人も多いと思うので、今回アップルウォッチの防水性能とかについてまとめてみました。

目次

アップルウォッチはサウナで故障する?

アップル公式では、−20℃〜45℃までしか対応してないと記載がありますが、サウナ内に持ち込んでも故障することは無いことは確認することが出来ました。(ただし、故障する可能性はあるので自己責任)

防水性能は、50メートルの耐水性能があり、プールや海で泳ぐなどの性能は保証されてます。

動作可能の気温に関しては、ウルトラで最大55℃、ほとんどのアップルウォッチシリーズで最大45℃までという設定になってます。

そのため、サウナ内では明らか気温がオーバーになりますが、10分ぐらい入るぐらいなら特に故障とかもすることなく利用することが出来るみたいでした。

念の為、タオルをかぶせたりすると、熱を持たないようにすることも出来るので、故障が気になる人はそういった対策も良いと思います。

それでも、サウナに精密機器を持ち運びするのは、少しずつダメージは蓄積していくと思うので、頻繁にサウナに持っていくのは、あまりおすすめできないかなという感じですね。

たまにサウナに行くぐらいなら、そこまで気にする必要性はないとは思いました。

アップルウォッチをサウナに持っていくメリットとしては、心拍数測定とタイマー測定が出来るので、持っていくメリットはあります。

アップルウォッチは温泉でも使える?

温泉やシャワーなどは、余裕で問題なく使うことが出来ます。

ただし、ボディーソープとかで洗うとかは、あまり良くないみたいなので、基本的に水洗いまでにした方がいいと思います。

数回では故障しなくても、回数が増えるほど防水性能も徐々に落ちていって故障の原因になるので、あまり過信しすぎないぐらいがちょうど良いかなと考えてます。

アップルウォッチは、サウナ内や温泉で使うことは想定されてないですしね。

すぐ故障するわけではないですが、あくまでプールなどのアクティビティぐらいまでは、問題なく使えるぐらいと思った方がいいかもしれません。

まとめ

サウナや温泉にアップルウォッチを持っていきたいなら、SEとか安いシリーズがおすすめ

防水性能などは、10万円以上するウルトラじゃないと変わらないので、安いアップルウォッチシリーズでも問題ないです。

万が一、故障しても安いだとショックも少ないと思います。

精密機器は、壊れる時はいきなり故障するので、過信のだけは注意かなってところですね。

壊れなくてもバッテリーへのダメージとかは、確実にありそうなので持っていって温泉ぐらいがいいかもしれません。

さすがにサウナは、高温になりすぎるのでダメージありそうです。

それと腕時計を温泉やサウナに持ち込みするのは、マナー的にちょっと微妙なラインだと思うところがあるので自己責任でお願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる