すきま時間で聴く読書「Audible」今なら30日間無料

Be-K TC-FM2A口コミ評価レビュー【掃除機】

TC-FM2A

ホコリって、毎日ルンバを走らせておいても結構取れるので、ハウスダストアレルギー対策のためにも日々の掃除は大事です。

一人暮らしで、一つの部屋しかない場合は、ロボット掃除機のルンバに任せておけば、ワンボタンで部屋を綺麗にすることが出来ますが、一軒家などに住んでるとルンバでは、機能を発揮することが出来ません。

ということで、今回は、吸引力もある三菱の掃除機「TC-FM2A」のレビューを実際に使用している方にまとめてもらいました。

目次

Be-K「TC-FM2A」を使えば掃除タイムも楽しくなる

私がBe-Kを購入したのは1ヶ月ほど前のこと。10年使っていたパナソニック製のキャニスター掃除機が壊れたことがきっかけです。

私には2人の子どもがいるのですが、毎日家の中で走り回るのでホコリが舞いやすく、折り紙などのを使った工作によって、紙くずなどのゴミが床にたくさん落ちています。

そのため、新しい掃除機を購入するときの絶対条件として、吸引力が強いものを探していました。

当初はロボット掃除機も検討したのですが、自分の掃除して欲しいところを掃除してくれないなど、口コミを見ると少し不安なところがあったので、ロボット掃除機は候補から消去。

次に迷ったのが、サイクロン式にするか、紙パック式にするかというところです。

紙パック式だと、ゴミが溜まってきたときに吸引力が弱くなってしまうというところが難点。

一方のサイクロン式は、ゴミが溜まっても吸引力が落ちることがないというところがポイントでした。

ただ、サイクロン式はゴミが溜まってくると頻繁にゴミ入れを外してゴミを捨てなければいけないということ、ゴミ入れの手入れが必要であるというところが面倒だなと感じていました。

そのため、サイクロン式も候補から消去し、紙パック式に絞ることにしました。

吸引力の次に私が重要条件としたのが、本体の軽さです。

今まで使っていたものは重くて階段などで持ち運ぶのが大変だったので、軽く持てるものを探すことに。

その2点の条件で見つけたのが、このBe-Kです。

Amazonや楽天などのクチコミを参考にし、「軽い」「パワーがある」という意見が多かったのでこちらに決定しました。

低価格だったので品質的に少し不安があったのですが、結果的に購入してよかったと感じています。

Be-K「TC-FM2A」の良かったところ

まずは第一条件である吸引力。こちらは間違いありません。

今までの掃除機では吸ってくれなかったような、キッチンの下の狭い隙間や、家具の周囲にひっついているゴミなどもしっかりと吸い取ってくれます。

今まではこれが吸い取れないことにかなりストレスを感じており、わざわざ手作業でゴミを取り除いていました。

ですが掃除機だけで済むようになったので、かなり時短になっています。

また、第二条件である軽さですが、こちらは初めて本体を持ったときに驚きました。

片手で持っても何も負担に感じることなく、階段の上でも片手で本体を持ちながら、もう片手でハンドル部分を動かすことも楽々です。

今まではこの階段での掃除機が重すぎて負担になっていたので、ここもかなり軽減されました。

重すぎて掃除機を出すことすらも億劫になっていることが多かったのですが、こちらを購入してからは、少しゴミが落ちているなと気づいたときに、サッと取り出して掃除機をかけることができています。

そして購入してから初めて知った衝撃のポイントが、自走式パワーブラシの機能です。

わが家は基本的にフローリングの部屋が多いのですが、1部屋だけ畳を敷いている部屋があります。

今までの掃除機は、ブラシ部分が畳みに少し引っかかったりして進みにくいと感じることがあったのですが、Be-Kは自走式なので、畳の上でもかなりスムーズに進んでくれます。

この掃除機を使ってみて初めて、畳でもこんなにするするいくものなのだと実感しました。

また、デザインもいいと感じています。

本体はブルーなのであまり好みではないのですが、ハンドル部分やヘッド部分がブラックになっていてかっこいいので、掃除機をかけている時も気分が上がります。

正直、掃除機が変わることで掃除の時間がそこまで変わるのかなと疑問だったのですが、劇的に変化しました。

ゴミをすぐに吸ってくれる、全部残らず吸ってくれるということがここまでノンストレスだとは思っていなかったので、本当に掃除の時間が好きになりました。

掃除機で吸えないゴミをわざわざ手作業で取る必要もないので、手間も省けます。

今までは2日1回の頻度で掃除機を使っていましたが、あまりにも楽しく掃除ができるようになったので、毎日掃除機を使っています。

まとめ

ルンバなどのロボット掃除機は、ケーブル類や床に物を置かないようにして、一つの部屋だけで使うなら非常に便利な家電になりますが、いくつか部屋があったりパワーが欲しいという方には、普通に掃除機を使った方が良いみたいですね。

自分自身は、一つの部屋しかないので毎日ルンバを走らせてますが、床の掃除だけでも毎日結構ホコリや髪の毛などが取れたりするので、定期的に掃除機を掛けた方が間違いないなと思います。

ただ、掃除するのに手間が掛かると後回しにしがちなので、気軽に掃除が出来る家電にはお金を投資したいところですね。

値段は、高くなりますが、もっと軽い掃除機「ラクかるスティッククリーナ」とういう掃除機も別の記事でまとめてますので、掃除機の購入を検討してる方は、こちらも確認していただけたらと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次