NHK受信料の断り方一人暮らし誰でも簡単に撃退する唯一の方法

NHK受信料の断り方

アンチNHKというか、テレビを所持してるだけで勝手に支払い義務が生じてくる法律が時代遅れすぎると感じてる一人です。

受信料を支払うのは、NHKを視聴したい人だけが支払うならわかりますが、そうじゃないところが納得することが出来ません。

ということで、今回は誰でも簡単に出来るNHK受信料の断り方をお伝えします。

うさきち

テレビを所持しているだけで、NHK受信料の支払いで月1万円〜2万円程度のコスト持っていかれると考えると、テレビは贅沢品というか無駄なコストが掛かるものだね。

ぴよきち

今の時代、スマホの通信費が月1000円〜2000円で使える時代だし、テレビなんかよりスマホの方が圧倒的に必需品だ!

目次

NHK受信料の断り方【これが最適解】

NHK受信料の断り方

先に結論をいっちゃうと「帰ってください」の一言で大丈夫です。

これでNHKの人が全く帰らない場合は、「不退去罪」が成立するので、警察に通報案件です。

第百三十条 正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

引用元:刑法第130条

一応、念の為ですが手持ちのスマホでカメラ回しておいて、証拠は撮って発言してください。

相手も人間なので、「帰れ」と命令口調で言うのはどうかと思うので、普通に「帰ってください」と言うのがおすすめです。

今の時代、個別に訪問して契約を迫るというやり方は、非常に非効率だと思いますけどね。

変な言い訳をする必要はなし

NHK集金人の対応で、「テレビを見ない」とか「NHKのテレビ番組を視聴していない」とかの言い訳はする必要はないです。

質問されたら、何か返答しないといけない気がするかもしれませんが、何を質問されたとしても、NHK受信料を契約する気じゃないなら、「帰ってください」だけの返答でおkです。

むしろ、この一言を言わないから帰らないっていうのもあります。

他の言い訳は、たいていマニュアル化してて反論してきてストレスになるだけなので、余計なことを言わないことが大切です。

対応するだけ時間の無駄

「テレビがない」と言っても、スマホでの視聴環境など聞かれる可能性もあるので、そもそもNHKを契約するつもりじゃないなら、「帰ってください」の一言が一番ベストです。

これを言われたら、NHK集金人は帰るしかない状況になります。

本当にテレビを持ってない時にNHK集金人が来たときがあって対応したことがありますが、普通に対応するだけでも面倒くさかったです。

今時パソコンやスマホがあれば、ネット動画配信サイトで色んな動画が視聴することが出来るので、費用面で見ても今のNHK受信料は高すぎます!!

NHK受信料を支払うぐらいなら、有料のネット動画配信サービスを契約した方が良いですね。

ぴよきち

もちろんNHKを視聴したいと思ってる人が、しっかり契約して視聴するのは、全然構わないんですけどね。テレビを所持しているだけで、半強制的に契約を迫るやり方が気に入らないっていうことです。

今の時代ぶっちゃけテレビは要らない

昔は、情報を手に入れるためには、「テレビ」「ラジオ」「新聞」などでしか情報を知ることが出来ませんでした。

しかし、スマホの登場によって情報は全て携帯で知ることが出来る時代です。

実際テレビが無くても生活に困らないけど、スマホがないと困るっていう人は多いと思います。

スマホが便利過ぎて、テレビ以上に夢中になりやすいガジェットだと思いますが、ちゃんと有効活用すればすごい便利な道具です。

いまなら、テレビで放送してる番組もネット動画配信サイトで視聴することが可能だったりするので、テレビのメリットは大画面で見れるぐらいになってます。

ぴよきち

テレビを手放しても全然困ることはないので、テレビを廃棄するっていうのも普通におすすめです。テレビなし生活をしても困ることは、本当に無いのよ。

まとめ

NHK受信料の断り方は、「帰ってください」の言葉だけでおk。それ以外は、基本的に発言する必要なしです。

昔、一時期地上波放送は全く見ずに(アンテナも繋いでない)ゲームやネットの動画配信サイトを視聴するためにテレビを所持してた時がありましたが、その時のNHK集金人の対応がムカついたので記事を作りました。

最終的にNHK契約はせずにテレビは、売却して処分した経験をしました。

テレビ無くても困らんと思ったのもあります。(実際、全く困らなかった)人によっては、嘘ついてまで契約を迫ろうとしてきます。む

こうも契約を取るほど給料が上がるシステムなので、必死になるのはわかりますけどね。

契約するなら、自分が必要と思ったのだけ契約して支払うべきです。個人的には、お金支払うなら動画配信サイトの方が圧倒的におすすめなので、一度使ってみて欲しいです。

サイトによって無料期間があるので、実際に体験してから継続するか検討出来ます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる