エキドナの名言・名セリフまとめ【リゼロ ・アニメ】

エキドナ

2012年度より小説家になろうでスタートした伝説的異世界転生小説。

2016年1期がスタートして大ヒット。

2020年、待望の2期がスタートした「Re:ゼロから始める異世界生活」

アニメ第1期は魔女教との戦いがメインになっていましたので、実際の魔女が登場となるとワクワクものですね!

そんな初登場のリアル魔女「エキドナ」の名言を紹介していきたいと思います。

エキドナさん来たー🥺👍🏼✨#リゼロ2期 #エキドナ pic.twitter.com/1c0OheWoOk — カエル@アニメアニソン声優垢✨ (@252525kaeru) July 15, 2020

※ネタバレを含みますので、ご注意ください。

目次

エキドナの名言・名シーン

エキドナってどんな人っていう感じですが…

かわいさが半端ないです。

エミリア、ラム、レムはメインヒロインですが、このままいけば、エキドナがその株を奪ってしまうのでは…・・・と思っちゃいますよね。

エキドナの名言

「――なるほど、それが君の根幹。なかなか興味深いことだね」 

見た目のかわいさもさながら、発言がいちいち中二心をくすぶってきます。

出てくるキャラクターの中で初めて中二病を刺激するヒロインが出てきましたね!

「からかうような歓迎になってしまったのは申し訳ない。ボクとしてはそんなつもりはなかったんだが、どうにもこの身は強欲なものでね。知りたいという欲求から逃れることができないんだ」

自身でたびたび発言している通り、強欲を2つ名にもつ魔女です。

「ボクの名前はエキドナ。『強欲の魔女』と名乗った方が通りがいいかな?」

「問答を交わすのなら、これだけの空間があれば十分。知りたいことを知る。そのための欲求を――強欲を、ボクは肯定しよう」

これは、

アニメ版でも人気が出ること間違いなしのボクッ娘です。

2012年度より小説家になろうでスタートした伝説的異世界転生小説。
2016年1期がスタートして大ヒット。

2020年、待望の2期がスタートした「Re:ゼロから始める異世界生活」

アニメ第1期は魔女教との戦いがメインになっていましたので、実際の魔女が登場となるとワクワクものですね!

そんな初登場のリアル魔女エキドナ」の紹介をしてきたいと思います!

エキドナさん来たー🥺👍🏼✨#リゼロ2期 #エキドナ pic.twitter.com/1c0OheWoOk — カエル@アニメアニソン声優垢✨ (@252525kaeru) July 15, 2020

※ネタバレを含みますので、ご注意ください。

エキドナの名言・名シーン

エキドナってどんな人っていう感じですが…

かわいさが半端ないです。

何が?

と思った読者様に分かりやすいこちらの動画をご覧ください…

https://www.youtube.com/watch?v=SdHgz1hwYzM

はい、とってもかわいいですね。

エミリア、ラム、レムはメインヒロインですが、このままいけば、エキドナがその株を奪ってしまうのでは…・・・と思っちゃいますよね。

エキドナの名言

「――なるほど、それが君の根幹。なかなか興味深いことだね」 

見た目のかわいさもさながら、発言がいちいち中二心をくすぶってきます。

出てくるキャラクターの中で初めて中二病を刺激するヒロインが出てきましたね!「からかうような歓迎になってしまったのは申し訳ない。ボクとしてはそんなつもりはなかったんだが、どうにもこの身は強欲なものでね。知りたいという欲求から逃れることができないんだ」 自身でたびたび発言している通り、強欲を2つ名にもつ魔女です 「ボクの名前はエキドナ。『強欲の魔女』と名乗った方が通りがいいかな?」「問答を交わすのなら、これだけの空間があれば十分。知りたいことを知る。そのための欲求を――強欲を、ボクは肯定しよう」

これは、

アニメ版でも人気が出ること間違いなしのボクッ娘です。

愛くるしいいでたちと相反した

その堅苦しい物言い!

そこに痺れる、憧れるぅ!

エキドナってどんな魔女?

#リゼロ 第37話 スバルが死んだ後の世界ね~ ラインハルト強すぎん? レムも可愛いいんやけどね、あれじゃガチのダメっ子になるよねww しか~し!! その遥か上をいったエキドナねw 長セリフ神です!! いや?中の人が神w 上辺だけ? 何言ってんの? 今更でしょww 僕は全然毒されたいんですけどねw pic.twitter.com/88OYn4CjfV — kimio (@kimio60758251) September 23, 2020

世界に影響を与えたという7人の女性、『魔女』

その中でも尽きぬ知識欲を持ち、

この世のありとあらゆる叡智を求めた『強欲の魔女』です。

↑あれ、結構まじめな人ですね。

最初の感じだと、どうも抜けた天然さんにしか見えませんが…

さすがは7人のうち、崇拝される魔女の一人ですね。

死後、ロズワールの術式によって繋ぎとめられています。

ロズワールスバルが話すたびに、

怪しい話をほのめかしているところを見ると…

何らかの関係があるんでしょーか。

エキドナに会うためには彼女に認められ、

『茶会』に招待さる必要があります。

📺TVアニメ📺 28話「待ちかねた再会」は本日より放送です。 「聖域」へと向かう中、魔女の茶会に招かれてたスバルは… 📕あらすじ https://t.co/j7xoprYIQx 🎦予告動画 https://t.co/5fm2VqTOJF 📺22:30 AT-X 💻23:00 ABEMA・dアニメストア 📺23:30 TOKYO MX 📺25:00 BS11#rezero #リゼロpic.twitter.com/fsiPS9hH2k — 『Re:ゼロから始める異世界生活』公式 (@Rezero_official) July 21, 2020

…茶会で認められたスバルは「通称ドナ茶」を一気飲み。

ちなみにこの「ドナ茶」はエキドナの体液だとか…。

(たぶんアバ茶のもじりと思います)←気になる方は、ジョジョの奇妙な冒険6期をチェック

スバルは『第一の試練』の中で自分の過去に向き合います。

見ていると、結構いたい内容なんですよね。

引きこもってはいなかったですけど、スバルの気持ちもわかる…

みたいな感じで。

 人の記憶を頼りにこのように学生姿も再現できるエキドナさん。

どこまでスバルのことを見透かしているのか…

知っていて、この態度なのは逆に恐怖すら感じますね…。

第2の試練で明かされるエキドナの本性

リゼロのエキドナ 好きな要素しかない ・お姉さんって感じなのにボクっ子 ・胸がデカい ・ミステリアスなデザイン ・愉快だが本性は腹黒すぎる性格 ・声のマッチ具合 全てが最高 pic.twitter.com/DDtAFckTvK — パルテノス a.k.a PANA-gear-DIAL (@PANAgearD1AL) October 1, 2020

とても好意的に見えるエキドナさん。

ですが、第2の試練が始まると雲行きが怪しくなってきます。

「第2の試練」で

『死に戻り』が世界をやり直す能力ではなく、パラレルワールドを作る能力であったら?

という可能性を見せつけられるスバル

『死に戻り』してきた際に生じる「あったかもしれない現実」

を何度も見せつけられ、スバルは自分を責めてしまいます。

…自分でこれされたら死んだほうがましって

思っちゃいそうですよね~…。

精神攻撃って本当につらい・・・

そんなスバルですが、エキドナは優しく全て受け入れてくれます。
自分の力では結局何も成し遂げられないと絶望するスバルに、

エキドナは契約を提案します。――契約を、ボクと交わしてはくれないだろうか、ナツキ・スバル」

…こんなんメンタルダウンしてる時に

天才美少女に言われたら、

コロッと契約しちゃいそうですよね・・・

マジで、策士です。

一見、本当にスバルの味方と思ってしまいますよね…。

…よくよく考えたら第1の試練もでしたが、

ぶっちゃけすごい性根が悪い試練ですよ。

試練の内容から相当ねじ曲がった人物と想像できます。――最善の未来へ辿り着けるのなら、その道のりで出る犠牲は許容する。それが、君の覚悟ではなかったのかな、ナツキ・スバル」

↑めちゃめちゃ冷たい目でスバルを見ているはず。

…契約の本質は、

「君を必ず(最終的には)最善の未来へ連れて行く

(からその道中で生じる犠牲には目を瞑ってもらおう)
という詭弁と欺瞞が盛大に入り混じった内容

言っていることは嘘じゃないけど、

本当のことは言ってない。

性格悪い、まさしく…魔性の女!!!

早く、冷たいまなざしのエキドナがみたいですね!

エキドナ全てを識るためならばどんな手段を取ることも厭いません。

現状、最も興味を持っているのがスバルでした。

ぶっちゃけ人の感情が理解できないから、

スバルに適当に合わせていただけ

…よくよく考えたら、大司教ご一行も話が通じない。

その親玉なんてもちろん、人のことを全く理解できない(する気もない)から、

仕方ないことかもしんないですね。

エキドナの本性が露呈し、契約の意思が薄れたスバルに対し「もしやアピールが足りなかったのか?」とでも思ったのか、
いっそ悍しいズレたプレゼンを続けます。

…こういうとこです!

こういうところは大司教も魔女の影響を、まんま受けたって感じですね。「君が持つ特性、『死に戻り』はすさまじい権能だ。その有用さが、君は本当の意味で理解できていない。自分の望まない終わりを許容しない、何度でもやり直す、未来へ何度でも手を伸ばせる――それは、探究者にとって究極に近い理想だ。(中略)そボクは真摯に、正直に、全てを打ち明けたつもりだ。その上で、君がどういった判断をするのか――それを、ボクに教えてほしい。ボクという存在の、好奇心の一端を満たすためにも、ね」

↑劇中、エキドナの最高の演説シーン…

文字数にして6000程度(!)

アニメでもここはフルでみたいシーンですね。

5分を超えるヘルシングの少佐の演説に並ぶ名シーンとなるはず…!

『強欲の魔女』エキドナは、「愛」というものを好きな言葉ですが、

同時に人を理解できないという性を背負っています

…こんだけ、知識豊富になったのは、

生前にエキドナが好きな人がいて、知りたくて知りたくて仕方なかったのかも…

なんてドラマティックなことを考えちゃいますね。「愛はなぜ減るのだろうか」

スバルに飽きてしまったエキドナの言葉です。

愛は減る=知りたいという気持ちが減るということですね。

めちゃめちゃ中二病をこじらせてますよね。

こんなこと、言ってみたいですね。

エキドナさんが愛を知る日が見たいですね。

知りたいが満たされたという、エキドナ視点ではなく、ですが。

エキドナまとめ

エキドナさんがかわいすぎた🤍 これはもうメインヒロイン#リゼロ pic.twitter.com/joJn5aZTiZ — ネムっち (@nem_anime) August 26, 2020

中二病をこじらせてると、

案外共感してしまうことが多いのがエキドナです。

読者さんはドはまりするかも?!

実は別の章では、

エキドナと契約してしまったスバルがどうなるのか知ることができます。

ぜひ2人の旅路を乞うご期待!

まだまだ増えるリゼロの名シーン。

ぜひともご覧あれ。

愛くるしいいでたちと相反した

その堅苦しい物言い!

そこに痺れる、憧れるぅ!

エキドナってどんな魔女?

世界に影響を与えたという7人の女性、『魔女』

その中でも尽きぬ知識欲を持ち、

この世のありとあらゆる叡智を求めた『強欲の魔女』です。

↑あれ、結構まじめな人ですね。

最初の感じだと、どうも抜けた天然さんにしか見えませんが…

さすがは7人のうち、崇拝される魔女の一人ですね。

死後、ロズワールの術式によって繋ぎとめられています。

ロズワールスバルが話すたびに、

怪しい話をほのめかしているところを見ると…

何らかの関係があるんでしょーか。

エキドナに会うためには彼女に認められ、

『茶会』に招待さる必要があります。

…茶会で認められたスバルは「通称ドナ茶」を一気飲み。

ちなみにこの「ドナ茶」はエキドナの体液だとか…。

(たぶんアバ茶のもじりと思います)←気になる方は、ジョジョの奇妙な冒険6期をチェック

スバルは『第一の試練』の中で自分の過去に向き合います。

見ていると、結構いたい内容なんですよね。

引きこもってはいなかったですけど、スバルの気持ちもわかる…

みたいな感じで。

 人の記憶を頼りにこのように学生姿も再現できるエキドナさん。

どこまでスバルのことを見透かしているのか…

知っていて、この態度なのは逆に恐怖すら感じますね…。

第2の試練で明かされるエキドナの本性

とても好意的に見えるエキドナさん。

ですが、第2の試練が始まると雲行きが怪しくなってきます。

「第2の試練」で『死に戻り』が世界をやり直す能力ではなく、パラレルワールドを作る能力であったら?

という可能性を見せつけられるスバル

『死に戻り』してきた際に生じる「あったかもしれない現実」

を何度も見せつけられ、スバルは自分を責めてしまいます。

…自分でこれされたら死んだほうがましって

思っちゃいそうですよね~…。

精神攻撃って本当につらい・・・

そんなスバルですが、エキドナは優しく全て受け入れてくれます。
自分の力では結局何も成し遂げられないと絶望するスバルに、

エキドナは契約を提案します。「――契約を、ボクと交わしてはくれないだろうか、ナツキ・スバル」

…こんなんメンタルダウンしてる時に

天才美少女に言われたら、

コロッと契約しちゃいそうですよね・・・

マジで、策士です。

一見、本当にスバルの味方と思ってしまいますよね…。

…よくよく考えたら第1の試練もでしたが、

ぶっちゃけすごい性根が悪い試練ですよ。

試練の内容から相当ねじ曲がった人物と想像できます。「――最善の未来へ辿り着けるのなら、その道のりで出る犠牲は許容する。それが、君の覚悟ではなかったのかな、ナツキ・スバル」

↑めちゃめちゃ冷たい目でスバルを見ているはず。

…契約の本質は、

「君を必ず(最終的には)最善の未来へ連れて行く

(からその道中で生じる犠牲には目を瞑ってもらおう)
という詭弁と欺瞞が盛大に入り混じった内容

言っていることは嘘じゃないけど、

本当のことは言ってない。

性格悪い、まさしく…魔性の女!!!

早く、冷たいまなざしのエキドナがみたいですね!

エキドナ全てを識るためならばどんな手段を取ることも厭いません。

現状、最も興味を持っているのがスバルでした。

ぶっちゃけ人の感情が理解できないから、

スバルに適当に合わせていただけ

…よくよく考えたら、大司教ご一行も話が通じない。

その親玉なんてもちろん、人のことを全く理解できない(する気もない)から、

仕方ないことかもしんないですね。

エキドナの本性が露呈し、契約の意思が薄れたスバルに対し「もしやアピールが足りなかったのか?」とでも思ったのか、
いっそ悍しいズレたプレゼンを続けます。

…こういうとこです!

こういうところは大司教も魔女の影響を、まんま受けたって感じですね。「君が持つ特性、『死に戻り』はすさまじい権能だ。その有用さが、君は本当の意味で理解できていない。自分の望まない終わりを許容しない、何度でもやり直す、未来へ何度でも手を伸ばせる――それは、探究者にとって究極に近い理想だ。(中略)そボクは真摯に、正直に、全てを打ち明けたつもりだ。その上で、君がどういった判断をするのか――それを、ボクに教えてほしい。ボクという存在の、好奇心の一端を満たすためにも、ね」

↑劇中、エキドナの最高の演説シーン…

文字数にして6000程度(!)

アニメでもここはフルでみたいシーンですね。

5分を超えるヘルシングの少佐の演説に並ぶ名シーンとなるはず…!

『強欲の魔女』エキドナは、「愛」というものを好きな言葉ですが、

同時に人を理解できないという性を背負っています

…こんだけ、知識豊富になったのは、

生前にエキドナが好きな人がいて、知りたくて知りたくて仕方なかったのかも…

なんてドラマティックなことを考えちゃいますね。「愛はなぜ減るのだろうか」

スバルに飽きてしまったエキドナの言葉です。

愛は減る=知りたいという気持ちが減るということですね。

めちゃめちゃ中二病をこじらせてますよね。

こんなこと、言ってみたいですね。

エキドナさんが愛を知る日が見たいですね。

知りたいが満たされたという、エキドナ視点ではなく、ですが。

エキドナまとめ

中二病をこじらせてると、

案外共感してしまうことが多いのがエキドナです。

読者さんはドはまりするかも?!

実は別の章では、

エキドナと契約してしまったスバルがどうなるのか知ることができます。

ぜひ2人の旅路を乞うご期待!

まだまだ増えるリゼロの名シーン。

ぜひともご覧あれ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる