ツイッターは見るだけでも危険性はある?アカウントは必要?

ツイッター

ツイッターは、誰でも気軽に140文字以内の文章を情報発信することが出来るSNSです。

速報性があるのでいち早く最新の情報を知りたい場合は、かなり役に立ってくれます。

私は、地震や事故事故関連のリアルタイム情報を知りたい時によく活用するようにしてます。

今回は、ツイッターの危険性についてやアカウントの有無についてまとめました。

目次

ツイッターは見るだけでも危険性はある?

先に結論をまとめておきますとツイッターは、アカウントなしでも見ることが出来て危険性は特にないです。

しかし、アカウントを作って見てる場合、ツイッターは使い方によっては危険性もあります。

ツイッターは、とにかく新しいトレンド情報が早いです。

テレビなんかよりもすぐに情報を知ることが出来るので、ツイッターを見てたらわざわざニュースを見なくても大きな出来事は知ることが出来ます。

SNSは、スマホですぐに見れるので、ツイッターユーザーはかなり増えてる感じがします。

宗教やマルチなどの勧誘もある

まったく知らないような人から、いきなりDMが来たりすることがあります。

基本的にDMは、相互フォローしてる人だけ送ることが出来るようにしたりして、誰でもDMが出来る設定にしておかなければ問題はありません。

また、知らない人からのDMが来てもURLを踏んだりしない方がいいです。

たまにツイッターアカウント乗っ取り被害もあったりするので、知らない人から来るDMは完全に無視というかスルーで大丈夫です。

ツイッターの危険性はSNS依存症になりやすい

ツイッターのアカウントを作らずに少しだけ情報を見るだけなら、ツイッター中毒になることは少ないと思います。

しかし、アカウントを作成して色んな人と交流して、仲良くなったりすると他の人のツイートが気になったり、自分がツイートしたことに対しての反応が気になったりして、ツイッター依存になる人も多いです。

スマホを触る必要が無い時もつい触ってしまうぐらいスマホに依存してしまう人も多いです。

SNSは、他人と比較してしまいがちなので、個人的にはあまり利用しない方が良いと思ってます。

危険性については、このSNS依存症になりがちなので、避けた方が無難かなと思うわけです。

もちろんSNSにはリアルではなかなか作ることが出来ない共通の趣味を持った友人を作りやすいというメリットもありますが、人間関係に疲れるという人も多いので使うなら程々に利用したいものです。

具体的には、SNSの利用は1日30分以上使ってたら、SNS中毒の可能性が高くなりそうだと思います。

現代人の集中力は金魚以下という情報もある

金魚の集中力は、9秒しか続かないとされてますが、現代人の集中力は、8秒しか続かないということで金魚よりも短いというデータが出てたみたいです。

さすがにこの情報の信憑性は、どうなんだろうと懐疑的になるところもありますが、現代は昔と比べて非常に便利になった分、圧倒的に無駄な情報量が増えすぎてます。

集中力の問題自体は、自分も結構あちこち意識が行きがちでなかなか一つのことを集中して作業することが難しいと思うところは多いですね。

これ以上、情報を手に入れたところで仕方がない部分があるので、自分で手に入れる情報をコントロールするのが大事な時代だと思います。

SNSは、便利な分ムダな情報も多いので、自分のメンタルを守る点でも使用時間は決めて利用することをおすすめします。

まとめ

今は、本当に情報が沢山ある時代です。テレビのニュースは、不安を煽る悪いニュースも多いので、テレビのニュースもほとんど見なくなりました。

やめるだけで結構メンタルが安定することも多いので、なんか精神的にしんどいと感じてる人は、一度ネガティブな情報を遮断してみてはどうでしょうか。

世の中のたいていのことは、知らなくても困らない情報ばかりです。

もし、情報の質に関してはメディアの情報よりも書籍の方が良かったりするので、自分が知りたいことがある場合は、本を読むと結構悩みとかも解決することが出来るかもしれません。

本を読むなら、アマゾンの電子書籍読み放題サービスがおすすめです!

キンドル・アンリミテッドの無料体験はこちらから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる