MacBook airと一緒に買うもの周辺機器のおすすめ【2022年版】

MacBook Pro一緒に買うもの

今回は、「MacBook air/Pro」と一緒に買いたいおすすめの周辺機器をまとめて紹介していきます。

現在のマックブックは、USB-Cポートがメインで追加で周辺機器が無いと出来ないことも多いです。

2020年11月に発売したM1チップ搭載のMacBook Airがコスパが良くスペックも凄いノートパソコンとして仕上がってるので、これを機にMacデビューする方も多かったと思います。

うさきち

今回は、MacBookを10台以上乗り換えて使ってきた自分が周辺機器で一緒に買いたいおすすめ商品を一気に紹介することにしました。

目次

MacBook air/proと一緒に買うもの周辺機器のおすすめ

MacBook Pro

MacBook ProとAirの周辺機器を利用することで一気にMacBookが便利になります。

うさきち

特に2020年モデルの「MacBook Pro/Air」は、USB-Cが2ポートしか無いのがデメリットだけど、ハブで拡張することで解決することが出来たりします。

USB-Cハブ

これは、もう必須級です。もう問答無用で購入すべき周辺機器ですね。

「2020年モデル」のMacBookには、USB-Cポートが2つしかありません。

今までのUSB-Aポートを利用したり、SDカード、MicroSDカードの読み込みのためには、USB-Cマルチハブを利用して拡張する必要性があります。

100W出力出来る点が大きいところです。

これでHDMケーブルで映像出力することが出来るので、「MacBook」を外部モニターに接続して利用することが可能になります。

デュアルモニターにしたり、MacBookをデスクトップ代わりにも出来るようになるので、本当に良く使うハブです。

周辺機器の信頼性は、Ankerの商品が一番安定してるかなと思うので、少し値段が高くてもアンカー製を選択してください。

▶「Ankerのストアショップはこちらから」

格安商品は危険!

アマゾンでは、他に格安商品も出回ってたりしており、評価も高評価ばかりですがサクラレビューも豊富に付いてるため、どれが本当に良い商品かの判断が難しくなっております。

サクラレビューの見分け方は、変な日本語でレビューが書かれてたりするのでわかりやすいです。業者が自作自演で記載している場合あります。

レビューを星5にしてくれたら、Amazonギフト券を上げるとかで意図的に高評価にさせるような手法があるので、Amazonレビューって結構当てにならないことがあります。

個人的に色々利用して来ましたが、Ankerブランドは、そこそこ信頼していいと思っており安心して使っております。

少し値段は高く付きますが、よくわからない格安ブランドを使って外れを引くよりも、安心を取った方が良いかと思います。

格安商品は、いまいち速度が出なかったりして、正直いって安物買いの銭失いのゴミ商品だったりする可能性が高かったです。

一応、デジタル機器は当たり外れがあるので、たまに初期不良があるので、ハズレを引いた時は迷わず返品しましょう。Amazonは返品が簡単なので、その点も楽なところですね。

ぴよきち

値段に釣られて、役に立たないやつをかなり買わされた経験があります。

ぺんた

安い商品には、それなりの理由があるわけね

PD急速充電器 65W

外出用に一つPD対応の充電器を持っておきたいです。

純正の充電器よりもコンパクトでありながら、価格も安くてコスパ最高です。

アップル純正の充電器は、倍ぐらいの金額するので少々高すぎます。

MacBook Airならより買いたい

acBook Airの初期充電器は、30Wになりますので、65Wの充電器を購入することでより高出力になります。

そのため充電スピードも更に早くなりますね。

MacBook Proの純正充電器は、60Wなので、同等レベルです。

むしろ、コンパクトで純正よりも性能が良いです。

充電器は、自宅用と持ち運び用を持っておくと毎回抜き差ししなくても済むので、持ち運び用は、一つは持っておきたいと思います。

こういった充電器は、今まで6つぐらいは買いましたけども、純正じゃない方がコンパクトで便利だし、特に何の問題もなかったので紹介した充電器で問題ないです。

モバイルバッテリー

今時、モバイルバッテリーを持っていないっていう方は、少ないかと思いますが持っていなくて、今購入するならMacBook Proも充電出来るレベルのモバイルバッテリーがあると安心です。

これさえあれば、電源がないところでも長時間作業することが可能になります。

M1チップ搭載のMacBookとモバイルバッテリーを合わせたら、一日中どこでも作業することが出来るかと思います。

モバイルバッテリーは、スマホ、タブレット、パソコンと色々充電することが可能なので、大容量(20000mAh以上)の高出力のが一つあるとかなり便利です。(その分、値段と重量が重たくなりがち)

デジタル機器は、バッテリー切れしたら何も出来ないですからね。安めのモバイルバッテリーでは、電力不足で充電しているのに電池が減っていくっていうことにもなるのと、安心面も考えてある程度のメーカーのモバイルバッテリーがおすすめです。

今までは、「RAVPower」のモバイルバッテリーが一番コスパが良くて良いなって感じましたが、Amazonでの販売ストアが無くなってしまいました。

これは、不正レビュー問題ですね。

自作自演のサクラレビューが多かったということで、アマゾンから退場することになりました。

せっかく良い商品だったので残念ですが、不正レビューしている商品が多いので、真面目にやってるところは負けてしまうので、やるしかないのかもしれません。

高評価のレビューが無いと売れ行きがかなり変わるみたいですからね。

覗き見防止フィルター

出先でのパソコン使用は、他人の目が気になるものです。

カフェや新幹線での利用なら、覗き見防止フィルターを利用することで、他人の目を気にせず安心してパソコン作業をすることが出来ます。

外出先でパソコン作業をする方は、使いたい周辺機器です。

これを利用したら、安心してアニメとかの動画も視聴することが出来そうですね。

タブレットとかスマホとかでも、覗き見防止系のフィルターはおすすめです。

結構、横から何をしてるか見えちゃうんですよね。

ぴよきち

イオンなどで大人向けな動画を堂々と視聴してたおじさんが居たりしたけど、外でも見たいなら覗き見防止ぐらいしておけよと思う

保護ケース

移動する時のパソコン保護用に一つ保護ケースがあると安心です。

これは、わりと何でもいいので、ご自身が気に入ったケースがあれば購入すれば良いかと思います。

自分は、こういったシンプルなやつをいくつか持ってます。ケーブルとか収納出来るポケットがあるタイプだとより便利な感じがします。

結構、ケーブル類も多くなって来ますので、収納ケースもあると便利です。

こういうトラベルポーチがあると、ケーブルだけでなく充電器やモバイルバッテリーやマウスなども収納することが出来ますよ。

外付けポータブルSSD

MacBook Proを外出先で利用するなら、こういった外付けポータブルSSDがあると便利です。

本体のMacBookの容量を増やすのは、購入時にしか出来ないですが、外付けなら簡単に増設することが出来ます。もっと大容量にしたい場合は、HDDの方がコスパが良いです。

しかし、持ち運びにHDDは、データの破損がしやすくあまり向かないので外出の持ち運び用はSSDがおすすめです。

SSDは、速度も早いのでストレスフリーで利用することが出来ます。何よりめっちゃ小さいところも嬉しいところですね。

おすすめのSSDはこれ

外付けの外部記憶装置なのだが、最大読出し速度1050MB/秒、最大書込み速度1000MB/秒と、とても早いのと容量も多く内蔵のHDDみたいに気にせずデータを保存し、読み書きが出来ます。

もちろん別のパソコンでデータを使いたい時にもこれだけ持って接続しなおすだけで良いので楽です。

またコンパクトで軽くかつ耐久性もあり防塵防滴でもあるため、昔の外部HDDのように丁寧に扱う必要がなく、たとえ手荒に使っても大丈夫という安心感があります。

HDDは、SSDと比べるとかなり速度が遅いので、今の時代はSSD一択で良いと思います。

ノートパソコンスタンド

パソコンスタンドを利用すると目線を上げることが出来るようになるため、目の疲れや肩凝り対策になります。

そのためノートパソコンを使うなら必須クラスだと思います。

こういった薄いのでスタンドとして使わなくても違和感なくそのまま使用することも可能です。

数多くの高さ調節が可能なため、用途によって使い分けもいい感じになります。

クラムシェルモードで使いたい周辺機器おすすめ

MacBookの良いところは、外部ディスプレイに繋いでクラムシェルモードで使うことで、デスクトップパソコン化することが出来るところです。

クラムシェルモードを使えば、自宅と外出どこでも同じパソコンを使用することが出来るところが非常に良いです。

ロジクール ワイヤレスキーボードKX800 MX KEYS

こちらは、端末が3つまで登録することが出来るところが大きなメリットです。

一つの端末しか利用しない人には、少し勿体ないかもしれません。

ボタンひとつで、スマホ、iPad、mac、windowsなど自由に使い分けすることが出来るのが嬉しいですね。

バッテリーもバックライトをオフにすれば、ワイヤレスで最大5ヶ月間もバッテリー持ちするので、充電回数が少ないところがいいです。

色々、MacBook用のワイヤレスキーボードを検討してみましたが、結局これが一番良いなっていう結論に至ったキーボードなので、これを選択して間違いはないと思います。

個人的には、人気がある「HHKB」の高級キーボードよりも使いやすくて愛用してます。

▶「HHKBキーボードを買って後悔した理由とは?」

ロジクールマウス MX Master 3

ワイヤレスマウスこちらも端末を3つまで登録することが可能なので、上記で紹介したワイヤレスキーボードとセットで使いたいところです。

バッテリーは、最大70日間使用することが出来るので、充電する機会が少ないところが嬉しいです。

ゲーミングマウスは、バッテリー切れが早いので、仕事用に使うなら、このマウスが一番良いなって思います。

色々、ボタンに設定することによって、作業効率が一気に上がるので、他のマウスは使えないなって思うレベルです。

マウスは、色々使ってきましたが、一番このマウスを気に入ってます。同じマウスを2台持ってるぐらいですよ。

apple Magic Mouse

タッチパッドの操作が苦手な方におすすめです。

まず、さすがapple製品というような、マウスのデザインに大満足です。

そして、上下の動きの他、スワイプで左右に動かすことが出来たり、タッチで画面の切り替えが出来たりなど、操作面でもとっても便利です。

私は手が小さめなのですが、Magic Mouseは薄目のデザインなので、しっくり手に馴染んでいる感じがします。

充電式で使えるので、電池交換の手間などもなくストレスフリーで使えます。

購入する前は価格が少々高いと感じましたが、他に無い使い心地で大満足です。

Dell 4Kモニター 31.5インチ U3219Q

外部ディスプレイは、4kモニターがおすすめです。

M1チップのMacBook Airは、外部ディスプレイは一つまでしか出力することが出来ない使用になっておりますので、デュアルモニターで作業してる人は注意が必要です。

こちらのモニターは、高めですが、USB-Cケーブル一つで充電しながら、モニターに出力出来るのでデスクがゴチャゴチャしません。

そして、モニタ1枚だけでパソコン作業するなら、ある程度大きな画面にしたいところです。

そうなると32インチぐらいの4kモニターがおすすめになります。

これならかなり広い範囲で表示させることが出来るので、2枚にしないと作業スペースが足りないなんてことはないはずです。

むしろ、1枚の方が見る範囲が狭くなって、作業が捗ってる感じがするので、4kモニター1枚で一度作業してみてください。かなり便利です。

▶「Amazonで4kモニターを探す」

Bluetoothスピーカー

クラムシェルモードの時は、外部スピーカーで利用するとそこそこ良い音で音楽を鳴らすことが出来ます。

アンカーのスピーカーは、ベストセラーになるほどの外部スピーカーで小さくコンパクトでおすすめです。

スピーカーは、かなり価格差がありますので、とにかく音質に拘りたいという人は、「エアパルスa80」というのもありますよ。

▶「エアパルスA80高級スピーカーの音質は良いの?」

ワイヤレスイヤホンの「Airdods Pro」もおすすめです。

「iPhone」や「iPad」などの連携がスムーズで切り替えが出来ます。

MacBook Pro/Air周辺機器まとめ

  • USB-Cハブ
  • PD急速充電器 90W
  • モバイルバッテリー
  • 覗き見防止フィルター
  • 保護ケース
  • 外付けポータブルSSD
  • ワイヤレスキーボード
  • MX Master 3
  • 4kモニター
  • Bluetoothスピーカー

今回、紹介した周辺機器はどれも実際に使用しているおすすめの商品になります。

使っていないものがありましたら、是非購入して快適なMacライフを過ごして頂ければと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる