モエカレはオレンジ色実写ひどい!口コミで批判殺到してる理由とは?

モエカレ実写が酷い

漫画「モエカレはオレンジ色」が実写映画化することが決定しましたが、実写化がひどいという口コミが多数ありました。

今回は、なぜ批判が殺到するまでになったについて調査してまとめてみました。

目次

モエカレはオレンジ色の実写化がひどい理由とは?

漫画のイラストと実写を見てもらえれば、はっきりわかると思いますが、髪型が違う時点でもう原作リスペクトが感じられないというかキャスト選択を間違っていると感じました。

せめて髪型ぐらい似せるぐらいはして欲しかったなって思います。

モエカレの原作ファンからすると批判が出ても仕方がないよなぁっていうところです。

原作のイメージが崩れてしまってる部分があります。

ヒロインの生見愛瑠(めるる)に関しては評判が良かったです。

モエカレはオレンジ色ってどんな作品?

原作の「モエカレはオレンジ色」はキュンキュンするポイントがとても多くて、学生時代の甘さを思い出す作品です。

ヒロインの萌衣ちゃんは悲しいことがありながらも、明るくて前向きで、そして一生懸命なので応援したくなる存在です。

そんな萌衣ちゃんと接するうちに恭介さんもどんどん変わっていくので、2人の色々なことを乗り越えながら成長していく姿は、見ていて「頑張れ!」って素直に思える温かい作品です。

恭介さんがかっこいいのにシャイで一つ一つの仕草や言動にキュンキュンしてしまいます。

シャイなのに天然で萌衣ちゃんに触れたり、甘いものが大好きだったり、誰もが大好きなギャップがたくさんあります。

恭介さんが勤めている消防署の同僚たちもそれぞれの個性が合って、かっこいい人たちです。

みんなタイプが違うので自分の好みの人を見つけることができると思います。

それぞれの良さもありますが、消防士としてチームで活動する姿に、少女漫画の甘さだけではない、男らしさやお互いを信頼している姿に惹かれてしまいます。

私は恭介さんが萌衣ちゃんの夢を応援したいけど応援できない気持ちの揺れ動く姿が大好きです。

一見、消防士らしくない少女漫画好きが大好きな見た目ですが、中身はキャラクター全員が魅力たっぷりで、続きがいつも気になる作品です。

▶「モエカレはオレンジ色の試し読みはこちらから♪」

モエカレ実写映画に批判の口コミが多い?

モエカレの原作ファンからすると髪型のビジュアルぐらいは、合わせて欲しかったというところですよね。

原作は漫画なので、原作に合わせて実写化するのが良いのにって思うんです。

漫画の実写映画なのでそこのリアルさはあまり要らないんですよね。

批判が出てるのは、どうしても原作漫画が好きな人はそう感じてしまうみたいでした。

モエカレ実写映画に期待してる人も居る

元々ジャニーズのファンの方には、岩本照ファンは楽しみにしてる人達も多かったです。

原作を知らない人からすると普通に楽しみにしてる人達も多いので、後は実際に映画が公開されてから評価したいところですね。

また、主演発表時と実際の映画ではビジュアルが違う場合もあったりしますからね!

映画では、髪型を変更してることに期待したいところです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる