弱虫ペダルは同じことの繰り返し?1年目が面白い【アニメ】

弱虫ペダルは、ロードレーサーを題材にした漫画作品です。

私は、アニメから弱虫ペダルを視聴して、原作漫画も3年生編まで読みましたが、正直同じことの繰り返しになってるなって印象を受けました。

1年生編は、非常に面白く感じましたが、2年生編からは同じパターンでつまらなくなったと感じる部分がありました。

今回は、ネタバレを含む内容の記事になってますので注意してください。

目次

弱虫ペダルは同じことの繰り返し?

弱虫ペダルが同じことの繰り返しという感想は、結構あるみたいですが、それでも面白いという意見もありました。

実際、アニメ5期まで放送しているので、人気自体はかなりあるんですよね。

さすがに全盛期1年目で一番面白かったんですが、2年目以降は同じことの繰り返しになってしまい飽きつつあります。

誰か一人落ちたら、拾いにいくパターンとかキャラクターが違うだけで、やってることは同じだったりします。

個人的には、弱虫ペダルは回想シーンが長すぎて話がなかなか進まないので、もっとストーリー展開のテンポは速くてもいいかなと思うところがあります。

1年生編は、初めてだったから普通に楽しめた人が多いと思いますが、さすがに2回も同じパターンが続くというのは微妙だと感じました。

2年生編も小野田坂道が優勝

1年目で主人公である「小野田坂道」がインターハイ優勝しましたが、2年目も小野田くんが優勝で決定しました。

準優勝は、真波山岳で1,2年同じパターンとなってしまいました。

さすがに全く同じ展開や回想シーンに入るところなど、ストーリー展開が同じ過ぎてまた同じかっていう感想になってしまいました。

この調子だと、3年目も連続で小野田くんが優勝しそうな感じがしますというか、ここまで来たら3年目も同じパターンで優勝して欲しいとも思ったりしますね。

全体のストーリーに関しても、ちょっと同じパターンになってマンネリ化はしてるかなという印象も受けました。

1年目に先輩の魅力的なキャラクターが多数登場してたこともあり、2年目はメンバーの魅力が劣る部分はあったなとも思います。

2年目は、手嶋純太がリーダーで人気があるキャラクターなので、手嶋さんが好きかどうで評価も変わりそうな感じがします。

まとめ

弱虫ペダルは、1年生編が面白かったので、2年生編も期待してたのですが、同じようなことの繰り返しでちょっと残念でした。

ストーリーのテンポもあまり良くないので、そこも気になる人も居そうです。

現時点で、80巻まで続いてる長編作品なので、まだ原作漫画も続いてるので、一応最後まで追っていこうと思ってます。

弱虫ペダルの影響で、ロードを始めた人も多いと思うので、影響力ある作品なのは素直に凄いところです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる