撮り鉄の何が楽しい?電車の写真撮影は何が目的?

定期的にニュースやSNSなどにマナーが悪い撮り鉄が取り上げられることがあります。

さすがにほとんどの人がしっかりマナーを守って写真撮影してると思いますが、中には本当にひどいような撮り鉄が居るのは事実だと思います。

そのせいでマナーを守ってる人達まで、悪いイメージが付くのは残念なところではありますよね。

なぜ、ここまで撮り鉄は写真を撮影することに夢中なのか?何が楽しいのか?が気になったので調べてまとめてみました。

目次

撮り鉄の何が楽しい?

撮り鉄が写真を撮影するのは、自分が好きな鉄道を自分の手で写真撮影をするというが目的だと思いました。

普通の人が見たら、わざわざ自分で現地まで行って写真撮らなくてもいいように思えますが、自分の手で写真を撮影するという行為が大事なんだと思います。

労力的には、かなり手間が掛かるため、普通の人では理解するのが難しいかもしれません。

撮り鉄をすることで収入につながっている人は、ほとんど居ないと思うので、完全な趣味で本当に好きな人だけがやってるような世界な感じがします。

他人に迷惑をかけるマナーが悪い撮り鉄が減れば、もっと良くなるんですけどね。

個人的には、鉄道に特に興味はないですが、自分が熱中できる趣味があるというのは、人生を楽しむ上で大事だと思うので羨ましいところです。

くれぐれも他人に迷惑かけることなく、趣味を楽しんで欲しいと思います。

実際に電車の撮影をしてる人達を見ることがありますが、今のところ直接迷惑を掛けられたことはないので、ネットに上がっているのは珍しい出来事だとは思ってます。

電車の写真撮影は何が目的なのか?

自分は、撮り鉄ではないので撮り鉄の人達の目的や気持ちがわかるわけではないですが、その電車自体が好きだったり、SNSに投稿することで撮り鉄仲間からの承認欲求を満たせたりとかかなと思いました。

承認欲求に関しては、人間なら大小ありますが持っているものなので、自分が好きなものを情報発信して認めてもらいたいというのはわかります。

ほとんどの人は、何かしら自分の趣味や好きなことをツイートしてたりしますよね。

承認欲求が行き過ぎていい写真を撮影するために立ち入り禁止の場所で撮影をしたり、三脚を立ててはいけないところで、三脚を使ったりする人が居るからトラブルになるのだと思います。

撮り鉄の迷惑行為の動画を見るとどうしてもイメージは悪くなってしまいますね。

調べると撮り鉄の迷惑動画がやたら多いと感じました。

まとめ

撮り鉄は、写真撮影の一つのジャンルで趣味だと思いました。

一部の過激な動画が拡散しやすい時代なので、正直イメージは良くないですね。

ちゃんとマナーを守っている人も同じような目で見られる可能性があるから、それが嫌で撮り鉄をやめる人も居るかもしれないと思ったぐらいです。

他人に迷惑を掛けないなら、どんな趣味でも良いと思うので、すぐ変わることはないでしょうが業界のマナーが良くなって欲しいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる