MacBook Air M1口コミレビューブログ!何ができる?

MacBook Air口コミレビュー

MacBook Air M1チップ 2020年モデルの登場は、MacBookのスペックを大幅に上げた機種だと思います。

2022年現在でも十分使うことが出来るのかや何に使うことが出来るのか?など、これからMacデビューする方に向けて、今までMacを10台以上使ってきた自分がまとめました。

結論:ほとんどの一般ユーザーが満足する程度のスペックが2020年MacBook Air M1にはあります。

それでは、詳しく解説していきます。

目次

MacBook Air M1口コミレビュー

2020年モデルのMacBook Air M1は、10万円ちょっとで購入することが出来るのに2019年に発売したインテル上位モデルのMacBook Pro(当時30万円前後)とほぼ同スペックレベルで革命的なノートパソコンになりました。

とりあえず、なんかMacのパソコンが欲しいけど、どれを選んだらいいのかわからないという人は、この「MacBook Air M1」を購入しておいて間違いはないです。

発売してから、結構期間は経ってしまいましたが、未だにコスパ最強クラスのノートパソコンになります。

実際に悪い口コミと良い口コミを合わせて紹介していきます。

MacBook Air M1のデメリット悪い口コミはある?

2つのデメリット
  • USB-Cポートが2つのみ
  • MacBook Air M2が発売するかも
  • 外部ディスプレイは1つまで

基本的には、良い口コミ評価ばかりですが一部微妙なポイントもあるので、しっかり紹介しておきます。

このデメリットが気にならなかったら大丈夫です。

USB-Cポートが左側の2つのみ

外部接続するためには、「USB-Cポート」が左側の2つのみとなるため、USB-Cハブを使わないとUSB-Aの周辺機器が使えなかったりします。

このデメリットは、ハブを購入するだけで解決することが出来るので、あまりたいした弱点ではないです。

でも、右側にもUSB-Cポートを付けておいてくれたらより完璧だったのにと思ったところになります。

別の記事でパソコンと一緒に買うとより快適に作業出来る周辺機器をまとめましたので合わせて確認してみてください!

▶「MacBook Airと一緒に買いたいおすすめ周辺機器」

MacBook Air M2が発売する可能性がある

この記事をまとめてる時点では、MacBook Air M2の発売はされておりません。

しかし、2022年には新しいモデルのM2チップが登場するのではないか?と噂になってるので、それを待ってる人も居る感じです。

正直これ以上のスペックは、一般ユーザーには必要無いぐらいなので、そこまで待たなくて良いと思います。

M2チップが出たとしても、値段も高くなる可能性も高いです。

外部ディスプレイは1つまでしか出来ない

MacBook Air M1は、基本的に外部ディスプレイ(モニター)は、一つまでしか映像出力することが出来ません。

しかし、MacBook Airのモニターと外部モニターが使えるので、実質デュアルディスプレイとして使用可能です。

それ以上モニターが使いたい方には、M1はおすすめ出来ませんがあまり居ないですよね。

MacBook Air M1の良い口コミ

3つのメリット
  • とにかく動作が快適
  • バッテリー持ちが長い
  • 価格面のコスパが良い

ここからは、実際のMacBook Air M1メリットや良い口コミについて詳しく解説していきます。

とにかく動作の処理スピードが速い

今までのMacBook Airは、初心者向けというかあまりクリエイター向けではなく動画編集や写真編集は厳しいイメージでした。

しかし、MacBook Air M1になってからは、フルHDの動画編集が非常に快適で出来るぐらいのスペックがあり、驚異的なレベルになってます。

パソコンの作業で一番処理が重いのが動画編集です。

これが出来たら、もうほとんどのことは出来ると思ってもらって大丈夫な感じになります。

バッテリー持ちが非常に良い

スペックを上げるとノートパソコン場合、バッテリーがどんどん減っていく機種が多いです。

しかし、MacBook Air M1ならバッテリー持ちも最大18時間と今までのインテル製チップから6時間も長くなってます。

実際に使ってみた感じでも、ほんとうにバッテリーが長く持つようになったので、外出先で電源が無くてこ困らなくなりました。

今までのノートパソコンは、電源が無いカフェで作業するの結構辛かったので、これが助かってる人は多いです。

新しい機種が出たとしても、スペックを上げるとバッテリー持ちが悪くなることも多いので、今の感じがベストなんですよね。

価格面のコスパが非常に良い

これだけのスペックがありながら、10万円ちょっとで購入することが出来るノートパソコンは、今までありませんでした。

間違いなく2022年に買っても損しないと思えるレベルです。

MacBook Air M1なら、少なくとも5年ぐらいは快適に使えるぐらいのスペックがあると思います。

1年2万円ほどで、快適にパソコンが出来るならかなり良いですよ。

MacBook Air M1で何ができる?

MacBook Airで出来ること
  • インターネット
  • 動画視聴・編集
  • 写真編集
  • ブログ
  • プログラムなど

パソコンの主な作業としては、こんな感じでしょうか。

仕事で使う人じゃなければ、インターネットや動画視聴が多くなるかもしれません。

パソコンがスマホと比べて違うのは、とにかく調べ物が快適にすることが出来たり、何かを作り出すことが出来ます。

スマホの場合、どうしてもコンテンツを消費することに特化してるガジェットです。

今後、何か始めたいことがあったりするなら、パソコンが一つあると色んなことにチャレンジすることが出来るようになりますよ。

プログラムや動画編集などが出来るようになると、パソコン一つだけでお金を稼ぐことが出来るようにもなっていきます!

うさきち

今は、動画の時代なので、動画編集が出来るとお小遣い稼げるようになっちゃいます。

MacBook Air M1口コミレビューブログ!何ができるかまとめ

MacBook Air口コミレビューまとめ
良い口コミ
悪い口コミ
  • とにかく動作が快適
  • バッテリー持ちが長い
  • 価格面のコスパが良い
  • USB-Cポートが2つのみ
  • MacBook Air M2が発売するかも
  • 外部ディスプレイは1つまで

10万円ちょっとでMacBook Air M1みたいなパソコンが買えるようになったのは、本当にいい時代だと思います。

今まで10万円のノートパソコンなら、快適に使うことが出来なかったですが、この機種ならほとんどの人が満足出来る機種として仕上がってます。

これだけ良いパソコンが出るのは、なかなか無いので発売して結構経ってからでも記事を書くことにしました。

あわせて読みたい
MacBook airと一緒に買うもの周辺機器のおすすめ【2022年版】 今回は、「MacBook air/Pro」と一緒に買いたいおすすめの周辺機器をまとめて紹介していきます。 現在のマックブックは、USB-Cポートがメインで追加で周辺機器が無いと出...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる