すきま時間で聴く読書「Audible」今なら30日間無料

トライガン新作リメイクこれじゃない?旧作と違う?評判は?

トライガンの新作アニメが2023年冬アニメで『TRIGUN STAMPEDE』として25年ぶりに新しく描かれます!

しかし、新作アニメは「これじゃない」という声も多く、どうやら原作や旧作アニメと設定がかなり違う模様。

旧作ファンの中でも賛否意見が激しく分かれる理由をまとめてみました!

目次

トライガンの評価が悪い意見とは?

ネガティブ意見のほとんどは旧作アニメ or 原作漫画と設定を大きく変えたところに寄せられています。

何せ旧作アニメは、原作があまり進んでいない内のアニメ化だったため2クールだけで終わり、オリジナル要素も多かったにもかかわらず今でも評価がかなり高く、伝説となっている作品

トライガンは、人類が別の惑星に移住したはるか未来を舞台にしたSFガンアクション

とはいえ、その惑星は人類が持ち込んだロストテクノロジー・プラントにより作られた集落以外は一面の砂漠地帯

荒涼とした大地に無骨なガンアクション…SFでありながらウェスタンじみたハードボイルドな雰囲気を併せ持つ作品でした。

それをリニューアルするだけでも大博打なのに、3Dアニメにまでしたのですから、これはかなり覚悟を決めてあえて根本的に作り変えようという強い意志を感じますよね!

キャラデザが全然違う

『TRIGUN STAMPEDE』で真っ先に驚かれるのは、キャラデザを大きく変えてきたところではないでしょうか。

主人公のヴァッシュも、天を突くようにまっすぐ逆立てた金髪に、ジグザグのツルが特徴のサングラス、顎まで届く襟と深いスリットの入った赤いロングコートがアイコンだったのですが、

新作では金髪がへにゃり、サングラスのツルはストレート、コートに至っては普通の裾にフードと襟が一体化している至極シンプルなデザインに。

https://www.animatetimes.com/

旧作では義手であることも最初は明かされていなかったし、その義手も油の臭いが漂いそうな無骨なデザインだったのが、

新作では丸出しで、アスリートの義手のように軽量化され、ゲーミングな光もちらつくSFチックなデザインに。

デザイン変更はヴァッシュだけでなく、メリルもナイブズも…ほとんど変わらないのはウルフウッドだけではないでしょうか。

特にヴァッシュの独特なシルエットの赤コートが荒涼とした大地に大きくはためきながらのガンアクションはトライガンの代名詞でもあったため、多くのファンが驚きを隠せないようです。

3Dアニメでは再現しにくかったのでは?

これは私の勝手な推察ですが、キャラデザ改変の大きな理由は3Dアニメとして成立させるためという理由も大きいのではないでしょうか。

3Dでは長い髪複数枚の布の動きを表現するのは難しいと聞きます。

ゲームしなれている人なら、その辺の動きに不自然さを感じたことのない方はいないのではないでしょうか。

そのうえ、アニメは毎週新しい話を更新し続けなければいけません。

毎週毎週、あの弾痕が増えていくコートの裾の翻りにこだわり続けるのは無理があったのでしょう。

https://www.animatetimes.com/

3Dアニメというと映画『SLAM DUNK』も記憶に新しいところですが、あの作品も3Dモデルの「汚れた感じ」「ガサガサした感じ」を追求するのに大変苦心したと聞きます。

それだけ、3Dアニメは元来「汚れた感じ」「ガサガサした感じ」を表現するのに不向きな表現方法なので、地上波アニメならなおさらどこかに妥協点を見出さなければならなかったのだと考えられます。

メリルの旧作のシンプルなコクーンシルエットのコートも、シンプル過ぎて自然に3D化するの難しそうなデザインですものね…

ミリィがリストラ!!??

驚くべき改変はキャラデザだけではありません。

というか、キャラデザの次に、キャラデザのことなど吹っ飛ぶショックをファンは皆感じたことでしょう。

どこを探しても、レギュラーキャラがまるっと一人いません。

代わりに知らないおっさんがいます。

https://www.animatetimes.com/

誰!!!!!????

メリルの隣に必ずいた、愛すべき天然怪力後輩ミリィの姿がどこにもないのです。

なんで!!!!????

そもそもメリルが保険屋じゃない

なんでミリィがいないの!? と情報を探ると、また次の驚きが待っています。

メリルが保険屋じゃありません

新人記者です。

うぅん…

トラブルメーカーな主人公に一般人がつきまとう理由づけとして、記者という立場がすごく自然で便利なのはわかるのですが、

わかるのですが―――

https://www.animatetimes.com/

―――ちと、安直過ぎませんか?

メリルとミリィが『保険屋』『OL』であったことも、トライガンという物語に含まれる一つのメッセージとして受け取っていたファンは多いはずです。

あの治安がいいとはとても言えない、人間が住むには厳しい過酷な世界で、女二人で男顔負けの戦闘と根性を見せ、ヴァッシュにつきまとい続けるガッツ。

記者でも警察でも何でもない一介の『保険屋』の『OL』の奮闘っぷりに和まされたり励まされたりした人は多いはず。

それが飲んだくれとは言え『年配の男性社員』に従う『新人記者』では、メリルというキャラクターの持つメッセージ性が別物になってしまうんですよね…

話的に女性キャラが邪魔なら、いっそメリルごと削ってしまう方が潔くはあったのでは、とすら思ってしまうくらい『メリル&ミリィ』だからこその良さがあったので、これは至極残念です。

おっさんがいてもいいけど、ミリィも出してほしかった…

1話からオリジナル展開

ストーリーも、1話から完全にオリジナル展開で始まりました。

これだけ設定を変えてきているのですから、原作遵守でないのは当然ですが…

オリジナル展開なので賛否は様々ですが、やはり「話のクオリティが見劣りする」という意見もちらほら。

トライガンのポジティブ意見

これだけ原作&旧作アニメから大幅改変しているにも関わらず、TRIGUN STAMPEDEにはポジティブな意見も多く寄せられています。

動きや表情がいい!

https://www.animatetimes.com/

なにせ製作スタジオが、アニメ化は難しいと思われていた『宝石の国』を美麗な3Dで再現して高く評価されたオレンジ

3Dとは思えない繊細な動き表情、3Dだからこそのダイナミックにくるくるよく動くアクション等はさすがの一言です。

ヴァッシュがヴァッシュだった

動きや表情もですが、受け答え声優さんの演技もヴァッシュがすごくヴァッシュらしかった

特に初登場でいきなりさかさまに吊り下げられている情けなさ。これはすごくヴァッシュ。

あと、さかさまになると髪型が原作を彷彿とさせるものになるのも狙っていますよね。細かい。

ヴァッシュは普段のちゃらんぽらんなキャラとシリアスな時の胃が冷たく重くなるような影の深さのギャップ、そのはざまに垣間見える愛や哀が魅力的なのですが、それもすでに匂わせてくれていてドキリとします。

おっさんのキャラもなかなかいい

ミリィの代わりにメリルの隣にいるおっさん。

名をロベルト・デニーロと言います。

ミリィがいないのは不服ですが、おっさんはおっさんでなかなかいい存在感ではあります。

卑怯は恵まれたやつが使う言葉」というセリフ、すごくトライガンっぽくないですか?

3Dアニメは「汚れた感じ」「ガサガサした感じ」が苦手だと前述しましたが、そのため年を重ねた雰囲気を出すのも難しいのですよね。

それなのにあえて、3Dが苦手なものを寄せ集めたようなのんだくれたおっさんキャラを増やし、見事に表現しているのはすごいことだと思います。

ラジオDJが旧作ヴァッシュ

そしてそして、にくいファンサービスがこちら。

バックに流れるラジオのDJが、なんと旧作トライガンのヴァッシュを演じた小野坂昌也さん!!

旧作トライガンが名作と謳われる理由の一つが小野坂さんの名演だったため、これには旧作ファンも歓喜喝采でした。

少年期ナイブズの名演

これは個人的に高評価だった点ですが、少年期ナイブズの振り向きざまの「ヴァアアアアッシュ」が理想的な「ヴァアァァァァァッシュ」で鳥肌が立ちました。

https://www.animatetimes.com/

現在ナイブズにも期待しています!

まとめ

https://www.animatetimes.com/

賛否両論激しいTRIGUN STAMPEDEですが、製作スタッフにかなり気合が入っているのは間違いありません。

大きく変えた設定が今後吉と出るか凶と出るか、ストーリーもアニメの評価も目が離せませんね!

TRIGUN STAMPEDEは、「プライムビデオ」「DMM TV」「dアニメストア」などで視聴することが可能です!

\ 初回31日間無料で利用可能/

*31日以内に解約すれば料金は一切発生しません

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次