4Kテレビかプロジェクター1人暮らしにどっちがおすすめ?

4Kテレビかプロジェクター

最近、自宅にいることが多いので、家の環境を色々と改善してみました。

そこで特に重視したのは、よくアニメを視聴するため50インチの4K液晶テレビとプロジェクターを購入して、毎日動画を視聴してました。

今は、もっと大画面のテレビが欲しいと思って、どんどん沼ってしまい75インチの4k液晶テレビを購入してしまうぐらいの状況になってしまいました。

そんな経験から、今回はテレビかプロプロジェクターどっちがおすすめかについて色々とまとめてみました。

ちなみに画像の写真は、MacBook Pro13インチとプロジェクターになります。

比較すると、かなり大画面ですよね。

目次

4Kテレビかプロジェクター1人暮らしにはどっちがおすすめ?

まず、自分の設置している環境を語ると6畳の部屋に4k液晶テレビ50インチを設置してました。

今は、75インチの液晶テレビにしたので、大画面のテレビが気になる方は、こちらの記事でまとめてます。

▶「テレビ大きすぎて後悔する?6畳75インチでも余裕だった件」

プロジェクターも6畳の部屋においていて、この部屋のサイズだとスクリーンに映すとだいたい100インチぐらいのサイズになります。

どちらも一人暮らしの人でも最低同じぐらいの部屋のサイズはあるかと思います。

4K絵賞テレビとプロジェクターの比較

4K絵液晶テレビ4k液晶テレビプロジェクター
価格6万円ほど13万円ほど2万円ほど
画面大きさ50インチ75インチ100インチ
画質4K画質4k画質フルHD

4Kテレビとプロジェクターの簡単な比較は、こんな感じです。

これは、中華ブランドの価格比較になりますので、国内の有名ブランドになると相場の価格は、1.5〜2倍だったりします。

ブランドは気にせずコスパ重視なら、今は中国メーカーの製品の品質もなかなかよくなってます。(初期不良率は、高いので返品交換がスムーズに出来るAmazonでの購入がおすすめです)

▶「ハイセンスのテレビが初期不良で液晶割れしてた件」

テレビもプロジェクターもどちらもメリット・デメリットがある商品ですが、コスパ重視ならプロジェクターの方が満足度が高い商品でおすすめです。

というか、大画面での動画視聴がいいぞ!っていう感じになります。

この評価は、地上波放送は一切見ない代わりに動画配信サービスをメインで動画視聴しているからという理由もあります。

そのため、同じ様に地上波放送を視聴しないゲームや動画配信サービス視聴がメインという方は、自分みたいにプロジェクターを購入した方が満足度が高くなるかと思います。

ある程度資金に余裕がある人は、75インチなら満足出来ますが、そこそこ高く付きます。

4Kテレビのメリット・デメリット

5つのポイント
  • 部屋を暗くしなくても視聴出来る
  • 地上波テレビ放送が視聴出来る
  • NHK受信料を払う義務が出来る
  • 4K動画は本当に綺麗
  • HDDがあれば地上波放送の録画可能

基本的には、こんな感じになります。

ちなみに50インチのテレビは、それほど大画面というレベルではないので、大画面で動画を楽しみたい方は、もう少し大きいサイズを選んが方がいいかもしれません。

というか、自分もプロジェクターの100インチを体験してしまったので、50インチのテレビでは、物足らないと感じてしまったので、最終的には75インチの大画面テレビを購入するまでになりました。

テレビは、NHK受信料を払う必要も出てきますが、プロジェクターでテレビがない場合は払う必要性がありませんので、浮いたお金で動画配信サービスに加入した方が色々動画を楽しむことが出来ます。

テレビを所持していても、NHKと契約しなければNHKの料金を支払う必要性ないですけどね。

NHKの訪問人には、テレビを持ってるかどうかなんて判断することが出来ないので、こちらがテレビを所持してることを言わなければわかりません。

うさきち

NHK訪問人は、人によって嘘をついてでも契約を迫る人も居るので、あまり好きじゃないんですよね。

プロジェクターのメリット・デメリット

プロジェクター
4つのポイント
  • 100インチの大画面は本当に大きい
  • ファンは少々うるさい
  • 2万円程度で導入出来てコスパ最高
  • 部屋を暗くしないと視聴出来ない

プロジェクターがあると、自宅が映画館にすることが可能になります。

どんな動画を視聴しても迫力満点で満足度が本当に高いですね。しかも、プロジェクターの価格は、2万円程度で導入することが可能です。

大きな画面で動画を楽しみたいという方は、50インチのテレビと比べてもプロジェクターの方が絶対に良いとおすすめしたい商品です。

さすがに今購入して利用している75インチのテレビと比較すると、かなり大きなサイズなのでもう75で満足してプロジェクターの稼働率は減りました。

格安プロジェクターだと動画の画質は、フルHDまでになりますが、現状4K動画は、ほとんど配信されておりませんしコンテンツ不足です。

フルHDなら、普通に綺麗に見えますので、画質に関しては問題ありません。

デメリットに関しては、少々ファンがうるさいところですが、これは音を出せば気にならないレベルになります。一番の欠点は、部屋を暗くしないと動画を視聴することが出来ない点です。

部屋の暗さは、昼間でもカーテンを締め切ったら視聴することが出来るレベルになります。

4Kテレビかプロジェクターまとめ

使い方にもよりますが、動画配信サイトの視聴がメインなら、是非プロジェクターの大画面を体験してみて欲しいと思います。

テレビで大きな画面を楽しみたいという方は、65インチ〜以上は欲しいところかなと思うところですが、それぐらいのサイズだと結構テレビ台も大きな物が必要になりますし、価格もかなり高くなるところがネックですよね。

プロジェクターは、安いのなら1万円でも導入することが出来るので、コスパ最高ですね。

でも、出来たら2万円ぐらいのプロジェクターの方が画質がよくなるので、せっかく購入するなら2万円のプロジェクターをおすすめします。

今どきニュースとかは、ネットニュースで見ることが出来るので、今の時代はテレビってなくても大丈夫だなって思えますね。

最近は、スマホで全てを済ませてしまう人も多いかと思いますが、たまには大画面で動画を視聴したい人とかは、プロジェクターは丁度いい商品だと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる