MacBook Airにアップルケア入るべきか?不要と判断した理由

アップルケア

これからMacBook ProやAirを購入する人は、アップルケアの保証に入るかどうか悩む人も多いかと思います。

アップルケアは、デバイス端末の購入日から30日以内なら後から加入することが可能です。

自分自身は、今まで「MacBook Air・Pro」を10台ほど乗り換えしてきたり、「iphone」や「ipad pro」などのアップル商品を揃えてますが、今まで一度もアップルケアに加入したことはありません。

今回は、アップルケアが不要と判断した理由や他のおすすめ保険なども紹介します。

目次

MacBook Airにアップルケア入るべきか?

MacBook Airにアップルケア入るべきか?

AppleCare+「アップルケア」とは、通常製品購入後1年間の保証がありますが、アップルケアに入ると保証期間を3年に延長することが出来るようになります。

料金は商品ごとに違いますし故障しても内容によって追加料金が掛かるため調べた感じ正直割高でした。

基本的に新品購入後1年間の保証があるので、初期不良的な問題はこれで解決することが可能です。 

今まで、アップル製品はMacBook ProとAirとiMac合わせると10台近く使って来ましたが、一度も途中で故障したことはありません。

iphoneも5台ぐらい乗り換えしてきましたが、故障したことがないのでアップル製品の耐久性は高いと感じてます。 

デジタル機器の故障で一番多いのは、初期不良ぐらいなので1年使ってたら不良品ならわかると思います。

もちろん、デジタル機器なので運が悪いと自然故障する可能性はありますが、通常使用していれば、頻繁に故障することは少ないかなと思います。

iPhoneバキバキ

知り合いとかは、よく「iPhone」の画面をバキバキに割ったまま使ってる人が居たりしますが、アスファルトにガッツリ落とさない限り割れることとかは、あまりないです。

自分の場合、iPhoneをたまに落下させてしまうことがありますが、「ガラスフィルム」と「スマホケース」に入れてたら、iPhone本体の画面が割れたことはないので、頻繁に使うスマホでも対策することは可能です。

アップル製品を購入しても平均1〜3年ほど使ったら、新しく買い替えすることが多いので、保険料払うぐらいなら新品で最新機種に切り替える方を選んでるって感じなんですよね。

売却しなくても、家電はほとんど延長保証サービスとか入ったことが無かったりします。

初期不良は、たまに当たりますが日常的に使ってるものがいきなり故障して使えなくなったっていうのは、あまり経験がありません。

今の所、アップル製品で初期不良には当たったことがないので、かなり確率も低いと思います。

アップルケアは、費用対効果は微妙なので、もし故障が不安なら他の保険の利用がおすすめです。

特定の機種の不良は保証期間外でも無料対応

基本的に故障の心配をするほど、故障率は高くないですし、もし特定の型番の不良トラブルの場合は、保証外になっても対応してもらえます。

これは、一時「MacBook Pro」で採用されていた浅めのバタフライキーボードで、ホコリがキーボード内に入って勝手に文字入力されたり、入力することが出来ないボタンが出てしまう不具合でした。

この場合、キーボード修理プログラムとかで対応してくれたりするので、明らか不良品だったりした場合は無料で対応してくれます。

過去にこの

「iPod nano」交換プログラムを利用して、新品のipod nanoを交換してもらった経験もあります。

割とアップルは、不良品トラブルが起きた時の対応をしっかりやってくれるイメージがあるので、商品が多少割高でも仕方がないかなと思ってます。

重大な不良が起きる可能性がある端末に関しては、ちゃんと対応してもらうことです。

修理・交換は直接アップルストアに行くか宅配で対応することが出来るので、全国のどこでも大丈夫になります。

モバイル保険なら3台の端末まで保証可

「モバイル保険」とは、月額700円で3端末まで年間最大10万円まで保証可能のサービスになります。

月額700円の1契約で3端末まで保証が効くので、スマホ、MacBook Pro、iPad Proなど複数端末を所持している人なら、万が一のために「モバイル保険」を検討する価値があると思います。

保証については、こんな感じとなりますが詳細に関しては、「モバイル保険」の公式サイトを見てもらった方がわかりやすいので、気になった方は確認してみてください。

「モバイル保険公式」はこちら(初月無料)

個人的に家電の保証に関しては、要らないと考えてるタイプで、今まで修理に出したことは一眼カメラぐらいです。

雑な使い方さえしなければ、問題がないことが多いので、よく故障させてしまうっていう人は、普段から物の取り扱いに少し注意した方が無駄な費用を払わなくて済むようになるかもしれません。

アップルケアまとめ

アップルケアの保証も数千円程度で加入することが出来たら、安心料として入ってもいいかなと思いますが、アップルケア加入に1〜2万円程度掛かってしまうので、今まで一切入ったことがありません。

一般的には、アップルケアに入る人は半々程度ぐらいかなと思います。保険は、基本的に企業に取っては採算が取れるような価格帯なので、入って損することの方が多いです。

安心料と思って払うにしては、アップルケアは値段も高めですしね。

もし、保険に入るなら、今回紹介したような「モバイル保険」に加入するぐらいが良いかなと思います。

自分の場合は、買い替え前提である程度綺麗に商品を使って、新機種が出るたびに新商品を購入して古い端末は売却する形を取ってます。

ちょっと無駄にお金を使うことにはなりますが、毎年ガジェットを更新することが出来るのはいいですよ。

Macbook Air/Proと一緒に使いたいおすすめ周辺機器【2022年版】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる