Macはトラックパッドかマウスどっちがおすすめ?結論が出た

トラックパッド

Macを使いはじめて5年以上経ちますが、トラックパッドの操作性はWindowsのパソコンと比べて圧倒的にいいですね。

しかし、トラックパッドを使い続けて感じたデメリットがあったので、今はマウスメインで作業するようになりました。

今回は、トラックパッドとマウスの使い分けについてとどんな人にどっちがおすすめかについてまとめました。

目次

Macはトラックパッドかマウスどっちがおすすめ?

長時間の作業には、マウスのが向いていてトラックパッドは、1時間も満たないちょっとした作業向けかなと判断しました。

トラックパッド
マウス
  • 場所を取らない
  • ジェスチャーでスムーズな操作
  • 手が疲れやすい
  • 操作性が良い
  • ボタンが多いマウスなら機能性○
  • 安定した場所が必要

トラックパッドとのマウスの簡単な比較ですが、トラックパッドで一番デメリットだと感じる部分が長時間使用すると手が疲れてくるというか痛くなってくることが多かったです。

これは、個人差もあるかもしれませんが、自分はトラックパッドを使い続けていくと腱鞘炎になる可能性があると感じたので、基本的にマウスでの操作にしたという感じです。

長時間トラックパッドを使っていて、手首や指先に違和感を感じないという人は、トラックパッドをメインにしても良いかと思います。

実際、トラックパッドの使い勝手自体は非常に良いですしね。

マウスを買うならおすすめはMX MASTER 3

ワイヤレスマウスを購入するなら、ロジクール MX MASTER 3が非常におすすめです。

スクロールも非常にスムーズにすることが出来て、ボタンも色々カスタマイズすることが出来るので快適に操作することが出来ます。

このマウスは、かなりお気に入りなので2台購入したぐらいです。(1台は、外出用として)

バッテリー持ちも一度充電したら、毎日使用して1ヶ月以上持つのでストレスがありません。

充電式のワイヤレスマウスは、すぐにバッテリーが切れる機種もありますが、その心配が無いところもおすすめ出来ます。

また、3台までブルートゥースデバイスの登録することが可能なので、ガジェットを複数所持してる人にもいいです。

Mac用ですが、普通にWindowsパソコンでも接続して使用することが可能です。

トラックボールマウスは使いこなせなかった

腱鞘炎対策だとトラックボールマウスがおすすめされたりしますが、2回ほど購入してどちらも使いこなすことが出来ずに通常のマウスに戻ってしまいました。

トラックボールマウスは、細かな作業をするには向いてないのとドラッグ&ドロップの操作が非常にやりにくいと感じました。

慣れたら通常のマウスに戻ることは難しいという人も居るみたいですが、ブルートゥースに接続出来る端末も1台までだし、複数端末所持してる自分にとっては「MX MASTER 3」の方が最適だったっていうところですね。

トラックパッドは外出時にちょっとした作業の時に

トラックパッドは、MacBook Proに標準装備されているので、外出時なるべく荷物を減らしたい時にマウスを持っていかずにトラックパッドで操作するようにしてます。

ちょっとした作業なら、手が痛くなることもないので、MacBook Pro1台だけで作業を完結させることが出来るのはいいですね。

ジェスチャーさえ覚えて使いこなすことが出来たら、マウスに使い操作性があります。

トラックパッドの操作性が良いから、MACを使うという人も居るかと思うぐらい快適さです。

Apple(アップル)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

外出時と自宅での作業を同じにしたいという人は、ワイヤレスの「Apple Magic Trackpad」を使うという人も居ます。

自分もトラックパッドのみで作業することが出来たら良いなと思ったので、一度購入して使ってた時期もありますが、手の疲れ的にマウスに切り替えてしまいました。

日常的にMacBookのトラックパッドを使用していて疲れないという人には、ワイヤレス「Magic Trackpad」はおすすめです。

こちらもバッテリー持ちは、1ヶ月以上余裕で使えたイメージです。

充電ケーブルが未だにライトニングケーブルさんというのは、デメリットですけどね。

ユニバーサルコントロールの連携のスムーズさとかは、さすが純正製品ということもあり、ストレス無く端末の切り替えが出来るみたいなので、アップル製品との連携は良いです。

まとめ

手の痛みさえ出なければ、トラックパッドの使い心地は良いですが、一度腱鞘炎になるとパソコン作業が一気にツラくなるので、長時間作業する人は通常マウスがおすすめです!

普通のマウスに戻してからは、手が疲れるということは無くなったので、1日中パソコン作業することが出来るようになりました。

現代は、手を酷使する環境が多いので、出来るだけ負担が少ない周辺機器を使うというのは大切だと思います。

一度、腱鞘炎になったことがある経験があるからこそ、無理は良くないということがわかってます。

Macbook Air/Proと一緒に使いたいおすすめ周辺機器【2022年版】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる