NHKの受信料が高すぎる合法的に支払いをしないようにするには?

NHKは、テレビを置くだけでNHK受信料の契約を迫ってくるアコギな商売を令和の時代でもやってくる企業です。

個人的には、こういうNHKのやり方が嫌いなので高すぎるNHK受信料を合法的に支払いしないようにする方法を調べてまとめました。

2022年7月の時点でNHKの受信料が地上契約だけで月額1225円、衛星放送もあると2170円というのは内容を考えると高すぎます。

さっさとNHK契約していない人には、視聴することが出来ないスクランブル化するべきだと思います。

NHKを視聴したいと思って、NHK受信料をしっかり払ってる人だけが視聴することが出来て、テレビを持ってるだけでNHKを視聴しないのにも関わらずお金だけは支払うっていうのは納得出来ないですよね。

NHKを契約せずに無料で視聴している人達も居るので不公平過ぎる内容です。

目次

NHKの受信料が高すぎる合法的に支払いをしないようにするには?

NHK受信料を支払いしたくないという方は、とにかくNHKと契約しないに限ります。

もし、既にNHKを契約してしまってる人は、一旦テレビを処分してからNHKの窓口に放送受信契約届けの書類を送ってもらい解約します。

一度、NHKを契約してしまうとテレビを所持しているけど、NHKを視聴しないからという理由での解約は出来ないため、一旦テレビを処分してからになります。

NHKの受信料を支払いしたくないためにテレビにNHKだけが映らないようにする「イラネッチケー」を取り付けた裁判もありましたが、最終的にNHK側が勝訴したという判例もあるので、確実に合法的に行くならテレビを処分するのが一番手っ取り早い形になります。

テレビを処分>NHK解約>その後テレビを買う>契約しない限り支払い義務はない(その後、NHKが来ても相手は一切しない)

それかこれを機にテレビを持たない生活にするのもありです。

正直、テレビって無くてもそんなに困るものでもない贅沢品なので、持たなくても困る家電じゃないんですよね。

テレビを持たない節約効果は、年間3万円ほどと言われてます。

今の時代、一番重要なガジェットはスマホです。

スマホが普及したせいでテレビを持っていてもあまり視聴しない人が増えてましたね。

テレビが無くても困らないけど、スマホが無いと困るという人の方が圧倒的に多いですし、代わりになります。

自分は、アニメとかの動画を頻繁に視聴するので、大型の75インチ液晶テレビを持っていますが、地上波放送は一切視聴しないので、アンテナすら付けておりません。

また、インターネット動画配信サイト(VOD)を契約しておけば、好きな動画を自分のタイミングで一気見することが出来るので、地上波放送見る意味は、ほぼ皆無なんよね

最近の若いもんは、パソコンすら持ってなくてスマホだけで何でもやってしまう人もいるらしいですが、さすがにパソコンぐらいは持っておいた方がいいと思ってます。

NHKはテレビを持たない人スマホだけの人からも受信料を取るかも

NHKは、今テレビを持っていない若者が増えていることがわかっているので、インターネット番組配信を実施して、スマホだけしか持っていない人からもNHK受信料を取るような政策を進めているみたいです。

2022年の現状では、スマホだけの所持ならNHK受信料を支払う必要性は、全くありませんが、そのうち本当にスマホを持ってるだけでも受信料を取ってくるような可能性があるのがNHKです。

さすがにスマホを持たない生活っていうのは、考えられないですがそこまでやられたら、絶対おかしいですよね。

ただでさえ、通信費を支払いしているのに無駄なNHK受信料の支払いを強制的にしないといけないっていのは許せないですね。

今のところは、スマホだけではNHK受信料を取られるわけではないので、今後の展開を見ていきたいと思ってます。

最近は、月額1000円程度でもスマホの通信を運用することが可能になって来てるため、それを考えると本当にNHK受信料は、現在の金額も見合ってないなって感じますね。

今時、月額2000円も出せばスマホの通信費になったり、ネットの動画配信サイトも月額2000円程度で、色んな動画を視聴し放題なので、そう考えるとNHK受信料コスパ悪すぎです!何よりテレビが受信出来るだけで強制的なのが嫌い

まとめ

NHK受信料を合法的に支払いをしないためには、テレビを処分するかアンテナを処分したりして、テレビの地上波放送自体を受信出来ない状態にする必要性があります。

最近は、大画面のテレビもかなり安くなって来たので、購入しやすい時代になりましたが、本当にNHK受信料を強制的に契約しないといけない法律っていうのは時代遅れですね。

契約しないことの罰則はないため、NHK受信料を支払いしたくないという方は、とにかくNHKと契約しないことが大切です。

自宅で大画面で動画を視聴したいという方は、ネット動画配信サイトを契約しつつ、プロジェクターで視聴するのもいいかもしれません。

プロジェクターなら、100インチ程度なのに格安で動画を視聴することが出来ます。

「アニメをプロジェクターの大画面で視聴するには?」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる