iPad ProM2買い替えメリットはある?M1でも問題ない?

2022年10月26日に新しく「iPad Pro M2モデル」の発売が決定しました。

画面サイズは、11インチと12.9インチといつもと同じモデルのみの販売です。

また、ほぼ同じで性能もM1からM2チップに変わったぐらいで、他の機能的な部分は変わらないマイナーアップデートです。

今回は、iPadの買い替えについてまとめてみました。

目次

iPad ProM2買い替えするメリットはある?

既にM1チップのiPad Proを持ってる場合は、わざわざM2チップに変える必要性はないかなと思いました。そのため、今回新しく買い替えはしないことに決めました。

M2チップとM1チップの性能は、たしかにパワーアップしてますが、iPadだとその性能差を体感することが出来る機会が少ないです。

体感出来る人は、iPadで動画編集をガッツリやるという人ぐらいかなという感じです。

絵を描く人は、「クリップスタジオ」を使う人が多いですが、クリスタの場合、M1で十分ですし

CPUよりもメモリの方が大事になってくるので、メモリ16GBになるSSD1tbモデル以上を選択した方がいいと思います。(現在、このモデル使ってますが、かなり快適です。)

iPad Proは、第3世代のも使ってますが、普段使いだと第5世代との差もほとんど感じることがないので、がっつりiPadでクリエイティブ作業をしない限り、iPadは最新機種にするメリットはそこまでないかなと考えてます。

今年こそ14インチや15インチの大画面サイズの登場を期待してましたが、それが無かったのが残念でした。また、ワイヤレス充電も期待してましたが、それもありませんでした。

今回はマイナーアップデート

新型「iPad Pro」待ってたのは、もっと大きな画面サイズの登場だったり、バッテリー持ちの増加などを期待してました。

今回は、M2チップとアップルペンシルのポイントが出るようになったぐらいで、他は全く変化がないという状況です。

今年は、円安の影響でアップル商品の値段がめちゃくちゃ上がっているので、よほど新機種にしたいというこだわりがある人じゃない限りはスルーで良さそうなレベルです。

512GB以下はメモリ8GB

M2チップのiPad Proを購入しようと考えてる人は、がっつり使う人だと思うので容量は、1TB以上がおすすめになりそうですね。

値段は高いですが、仕事に使うなら元は取れると思いますし、アップル製品は売却する時も高く売れるので損することは少ないです。

iPadは整備品がおすすめ

2022年10月の値段

iPadは、最新の機種じゃなくてもストレスフリーで使えるレベルなので、アップル公式の整備済製品がおすすめだったりします。

整備品は、バッテリーが新品になってるほぼ新品に近い機種になってます。

新品より安く購入することが出来るけど、1年間の保証付きでほぼ新品が買える感じです。

出来るだけ安くiPadを手に入れたいという人は、整備品済みもおすすめです。

それにしても最近のアップル商品は、値上げが凄いのでコスパ悪い感じがしてますね。

アップル製品に拘らないならTab S8もおすすめ

アンドロイド端末であるタブレット「Galaxy Tab S8 Ultra」ですが、14.6インチという大画面サイズでありながら、13万円台で購入することが出来ます。

アップル製品が高くなったので、非常にコスパが良いと感じられます。

Sペンが付いて来たりと、別途購入する必要性がないので、スマホがiPhoneじゃなかったりする人は、選択肢に入れていいと思います。

容量に関しては、後からSDカードで増やすことも可能なので安心です。

12.4インチでいいなら、「Galaxy Tab S8+」が10万円台で購入することが出来ます。

まとめ

M1とM2の差は、ほとんど感じることが出来ないと思うので、仕事でがっつり「iPad Pro」を使う人じゃない限り買い替えする必要性は無いと感じました。

iPadは、アプリ側がマシンスペックに追いついていない感じなので、そこまで体感出来るほどのパワーアップはないです。

周辺機器を揃えるとiPadは、より活用出来るようになるので本体だけの購入以外にもお金がかかります。

Macbook Air/Proと一緒に使いたいおすすめ周辺機器【2022年版】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる