MacBook Pro買い替えタイミングのおすすめはいつがベスト?

MacBook Pro買い替えタイミング

2020年11月に発売されたM1チップが搭載されたMacBook ProとAirが話題になって、今回2021年10月にグラフィック性能をかなり上げてきた本当にプロ向け仕様の「MacBook Pro」14インチと16インチが発売することになりました。

パソコンのスペックは、年々上がって来ているので、どれぐらいのタイミングで購入すれば良いのか気になるところですよね。

今回は、「MacBook Pro」の買い替えタイミングのおすすめ時期についてまとめました。

目次

MacBook Pro買い替えタイミングのおすすめはいつがベスト?

先に結論からまとめると2年ごとに変えるのが一番おすすめになります。(パソコンを仕事で毎日使っているという方)

ぴよきち

これは、スペックとバッテリー持ちも考慮すると2年ごとがベストかなっていう感じです。

頻繁にMacBook Proを利用していて、常に最新のスペックで利用したいという方は、毎年買い替えしても問題はありません。

自分もむしろ毎年買い替えてます。

このレベルは、一部のガジェオタぐらいですけどね。

「MacBook Pro」は、2台持っているので、毎年新しいのを買ったら2年前のを売るという感じで回してます。

しかし、毎年買い換えるとかは、一般の人がそこまでする必要性もないと思いますので、一般的な使い方なら、2年ごとで買い換えるのがベストです。

一般ユーザーの軽くパソコンを使う人なら、4,5年ぐらい使っても大丈夫です。

たまに仕事で毎日使うのにも関わらず、5年以上ずっと同じパソコンを使っているっていう方が居ますが、仕事で使う商売道具にはある程度お金を投資しても良いんじゃない?と思います。

パソコンを遊びで使ってる人は、そんな頻繁に買い換えるメリットは少ないので、5年ぐらいで買い替えていけば良さそうですね。

パソコンの平均寿命は、約6〜7年と言われているので、何か不具合がある前に乗り換えるという感じで良さげです。

ノートパソコン何年使ってる?買い替え寿命のおすすめはどれぐらい

アップル製品はリセールバリューが高い

アップル製品を利用していて思うのが、中古として売却した時すぐに売れて比較的高く売れるということです。これがあるからこそ、毎年新品に買い換えることが出来てます。

これは、windowsのパソコンになかったことですね。

Windowパソコンは、売ることはせずに毎回使い切ってます。(売っても本当に安い)

そのため、アップル製品を頻繁に買い換えている人は、どんどん売却して新しいのに買い換えてると思います。

アップル信者は、何個も端末を所持してたりしますが、日常的に使わないなら浪費になってしまうので、使わないなら売却がおすすめです。

そんな感じで、使わなくなったMacBook Proは、新しいのを買ったらすぐに売却することをおすすめします。放ったらかしにしておいても、どんどん値段が下がっていきますからね。

使わないパソコンを自宅に置いてるのは、正直無駄です。

運用としては、サブに1台パソコンを持っておいて常に2台体制ぐらいがベストかもしれません。

ぴよきち

同時期に5台パソコンを持ってた時期もありますが、データの管理とか手間なので結局メインとサブパソコンぐらいしか使いませんでした。

2年ごとにパソコンを買い換える理由

2年ごとぐらいに買い替えをしてれば、常に良いスペックのパソコンを使うことが出来て、快適にパソコンライフを送ることが出来るようになります。

パソコンを毎日使ってると無駄に使ってないデータとか貯まり出すので、一度整理するためにも2年で買い換えると丁度良いぐらいでした。

2年ぐらいで新品に交換していくと、バッテリー持ちに関しても全く心配せずに使うことが出来るのもいいですよ。

ノートパソコンは、バッテリーの寿命がどんどん短くなっていきます。

売却するならメルカリかヤフオクで

リサイクルショップの買取は、簡単に売ることが出来ますが、どうしても売却料金が安くなってしまいます。

高く売るなら、メルカリやヤフオクが一番簡単に販売出来て高く売ることが出来ますので、どちらかで売ってもらればと思います。

フリマアプリなどで心配になるのは、トラブルかと思いますが、今まで10台近くMacBook Proを販売していて、一度もトラブルは起こっておりません。

大事なことは、しっかりありのままのことを明記しておくことが大切になります。

高く売るために、傷がついてるのについてないとか不具合があるのに何も書かないのはトラブルの元になりますので、そこだけ注意が必要です。

その辺をしっかりしてれば、何の問題もありません。

インテル製からM1チップのMacBook Proは買い替えする価値あり

2020年に発売したM1チップのMacBookは、Airでも、2019年のMacBook Pro 16インチのスペックに匹敵するレベルです。

2021年の14インチは、デザインが少し気に入らないので、サブパソコンとしてまだまだしてます。

モバイルパソコンで大事なバッテリー持ちが、今までの2倍以上持ったり、スペックも非常に高いので、今年のMacBookだけはすぐ買い替えてもいいなって思います。

これだけ評判がいいMacBookも珍しいですし、革命的なレベルで変わってるので、久しぶりにワクワク出来るようなパソコンです。

MacBook Pro13インチ2020年の1年使用レビューまとめ

MacBook Air(2020年)M1モデルも最強なコスパなので、出来るだけ値段は抑えたいけどスペックの良いパソコンでストレス無く作業したいという人は、エアーが良いと思います。

MacBook Air M1口コミレビューブログ!何ができる?

MacBook Pro買い替えタイミングまとめ

MacBook Proは、2〜3年で買い替えして今までの機種は売却で入れ替えするのがおすすめです。

2020年M1チップ以降は、大幅にスペックアップもしていないですし

一般の人なら、普通に作業するのにストレスにならないクオリティなので、M1モデルが搭載されてる機種を選べば後悔はないかなと思います。

今、インテル製のMacBook Proを購入するのは、値段が安くてもバッテリー持ちや処理速度的に不満が出るかと思うので、個人的にはおすすめしません。

サブパソコンとして、予備で安いパソコンを持っておきたいという人ならいいですが、メインパソコンで使うのは微妙ですね。

Macbook Air/Proと一緒に使いたいおすすめ周辺機器【2022年版】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる