スイッチはソフトが少ない?やるゲームがないという方におすすめ紹介

ニンテンドースイッチは、やるゲームソフトが少ないと言われることがありますが、スイッチは独占タイトルのゲームが多いです。

そのため、PS4やPS5ではプレイすることが出来ないゲームがあるため、そのためにスイッチを購入する人も多いと思います。

今回は、スイッチで出来る買って良かったおすすめのゲームソフトを色々紹介していきます。

目次

ゼルダ無双 厄災の黙示録

ブレスオブザワイルドが好きな人には向いているなと思ったのが最初の印象です。

三国無双の様に敵をバッタバッタ倒す爽快感はややおとなしめですが戦闘で入手したアイテムで各地のスポットを解放するシステムも世界を広げていき面白いです。

キャラクターも個性的な技があるのでユニークで面白いと感じています。

攻略順序もある程度自由がきくので自分なりの縛りプレイ(タイムアタック)などチャレンジをしやすく面白さをさらに上げる事もしています。

ロード時間が長い事や画面が見ずらい所はありますが総合的に面白い作品になってるので好きです。

モンスターハンターライズ

モンスターハンターシリーズは初めてプレイしましたが、ゲームが苦手な私でも楽しくプレイすることができたのがとても意外でした。

夫婦で購入し一緒に練習したり狩りに行ったりするのが楽しくて、家にいる時間が増えていた期間の暇な時間がなくなったのもすごく助かりました。

キャラクターの服装を自由に変えられるので、欲しい装備を調べてゲットするために頑張ってモンスターを討伐して着替えるのも楽しかったです。

狩りに行く前のお団子を食べるアニメーションもすごく可愛くて気に入っています。

新しいシリーズが出たら購入したいなと思ったゲームはモンハンが初めてです。

マインクラフト

マインクラフトを購入して良かった点ですが、先ずは金額です。

非常に人気ソフトで安く購入出来るのは本当に有り難いと思います。

次にゲームの内容ですが、自分が想像したものを実際に形に表現する事が出来る点になります。

操作もしやすく効率よく短時間で造り上げる事が出来るのでその点は非常に良いと思います。

後はこのゲームの世界観が大好きです。何かゆっくりした時間が流れていて何時間していてもあまり疲れず没頭する事が出来て楽しいです。

また子供も大好きで親子一緒にプレイして楽しめるのもこのソフトの魅力だと感じています。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

正真正銘のオープンワールドであるところ。基本的に見えている景色のところまでは歩いてでも行くことができ、ただの景色という概念がない。

進める順番も自由に選ぶことができ、自分が進みたいように進めることができる。

敵の倒し方も、正攻法で正面から向かっていかなくても良くて、自分が気に行ったのは、坂の上から爆弾を転がして倒すことができるなどの工夫が無限にできるところ。

それだけ自由度が高く、その世界にいるだけでも十分に楽しめるだけの完成度がある中で、さらに、十分に練られたストーリーが存在しており、心が揺さぶられることは間違いないという、恐ろしく高い完成度で、最高のゲームと言っても過言ではない。

あつまれどうぶつの森

対戦ゲームではないので、本当にゲームの中の世界はずっと平和です。

RPGとかのようにストーリーがあるわけではないので、自分が好きなように自由に家を建てたり、家具を置いたり、村も好きなようにアレンジできるのがいいなって思います。

基本的には終りがないゲームなので、目標を決めて何かをコレクションしたりとか、コツコツと地道な作業が好きな方には向いているゲームだと思います。

さらには年代や性別問わずに人気なので、一緒に遊んでくれる友達の幅が広がったりと、今までのゲームよりは、他の人も誘いやすいところがいいです。

桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜

友人とそれぞれ自宅にいながら実施できたのがすごくよかった。

他のゲーム機での桃鉄は数えるほどしかやったことなかったのですがそれでも久しぶりにスイッチでやってみてこういうルールあったなー!とかこういうやついたなー!とか懐かしいきもちになると同時にあたらしい機能やカードなども増えていたりして新しい新鮮なきもちでもたのしむことができたのですごくよかったです。

あとは他のゲーム機でもやっていた分、映像がきれいになったなという印象でそこもふくめてよかったです。

スーパーマリオパーティー

家族で楽しめるところです。このゲームにはすごろく、リズムゲーム、ミニゲームなどがあるので飽きずに遊べます。

ミニゲームにはコントローラーを振るだけで出来るゲームもたくさんあるので3歳児でもルールを理解できると楽しんでできました。

すごろくは場所や何ターンなど選べるので長くやりたいときなど調整が出来るのが良いです。

6歳児はすごろくでアイテムをゲットしたり仲間を増やしたりするのが楽しいみたいです。

大人はリズムゲームにはまっています。

レベルも3段階選べゲームもランダムでくるので何になるかわからないところもいいです。想像以上に家族で楽しめるので買って良かったと思いました。

KINGDOM HEARTS Melody of Memory

本作は過去のKINGDOM HEARTSシリーズにはミニゲーム程度しか要素として含まれなかった音楽を中心にした、いわゆる音ゲーにあたる作品です。

本シリーズに使われる楽曲はどれもクオリティが高く有名作曲家や世界的アーティストが制作したものもあり楽曲面でも非常に人気が高かったこともあり、そこをターゲットにしつつシリーズならではの要素や演出も含まれているため歴代の作品のファンにはとても楽しめるものになっています。

また、過去のシリーズを触れていない人が次期作を触れる前にプレイすることで過去のストーリーを楽しむことができる総集編のような一面も含むため、今までKHシリーズをプレイしたことがない人が初見で触れてみてもしっかりと楽しめる、そういった面も含むところが非常に楽しかったです。

フィットボクシング2

在宅勤務に切り替わり、外出することがほとんどなく、おうち時間が増えたことにより体重が増加したが、フィットボクシング2を一か月間ほぼ毎日継続したら3.2キロ痩せました。

普段は使わない筋肉を使っているという実感があり、効果も出ているので達成感もあります。

前作よりインストラクターの声優も増え、より豪華になりました。励ましてくれたり褒めてくれたりとモチベーションも上がります。

初めての時は汗ばむくらいだったのが、継続していると30分もやれば滝のように汗が出てくるようになりました。代謝も上がったので体質自体が改善されている気がします。

広いスペースがなくても、畳半畳ほどのスペースがあればできるのも良いです。

ルーンファクトリー4スペシャル

牧場物語の派生シリーズですが、クラフトだけでなくRPG要素が入っています。

当然、レベル上げも必要となってくるので忙しく感じるかもしれませんが、スローライフを過ごしても(歩くだけでも)スキルのレベルが上がる仕様になっていますので、案外苦労(メインストーリーを極めるならかなり苦労します。)しません。

さらに本作では、武器やアイテム、作物が余ったり、不要なっても、自分でお店持つことも出来るので、あらゆるものを売ることが出来ます。

これらは住民と仲良くなればなるほど更にアイテムを売れます。

また、その住民たちもセリフや行動パターンも多く生き生きとしているのも特徴です。あげるアイテムにも好みがあり、反応のパターンも多いです。(恋愛要素もあります。)

また、4つの季節の畑が存在しており、それぞれ春夏秋冬の作物をそれぞれの畑で作る事ができます。(台風には注意しなければならないですが。)

モンスターも多く種類が多く、そのほぼ全てが仲間にできます。(ボスモンスターも仲間にできます。)仲良くなったモンスターは副産物を持っており、卵や羊毛は勿論、蜂蜜やツノなどが採取できます。

刀剣乱舞無双

もともとPC・スマホゲームで刀剣乱舞のゲームをやっていて、SWITCH版にも興味があるので購入しました。

アクション系のゲームは操作の難しさもあって、得意ではないので楽しめるか不安でしたが、普段無双シリーズをやらない客層が購入することを見込んで、初心者モードで楽に操作できるモードがあり、難しい操作をしなくてもゲームを進めることができて楽しめました。

PC・スマホ版では静止画の立絵だったキャラが自分の操作で動き回り敵を切ったり、仲間同士の絆が深まったりする要素が加わり、刀剣乱舞の世界観が広がりました。

ポケットモンスターアルセウス

オープンワールドで本当に自分がトレーナーになっているようで面白かった。

ポケモンがまだ人と仲良くなる前の世界なので可愛いだけじゃない怖い部分も見れて良かった。

今のポケモンのような便利な機能についても昔感を表すため多少不便になっているところも現実味があった。

例えば道具の所持数に制限がある、増やすためにはお金がいる、しかし道具はお金だけで買えるのではなく素材を集めて作っていかないといけない部分など、同時期に出たダイアモンドとパールに話が繋がるのも良いですし、初めて買う人にも昔のポケモンの世界から始めるという意味ではおすすめしたいです。

among us

値段は安いのに長期的に遊ぶことができる。

宇宙船の中でクルーとインポスターに別れ、クルーはミニゲームのようなタスクの完了を目指し、インポスターは隠れてクルーをキルしていく。

合間で議論をしながら誰がインポスターかを探すゲーム。

一人でプレイするのは全く楽しくはないが、友人などと集まってオンラインでプレイすれば、毎回違った結果になるので何回でも楽しむことができる。

また、なかなか人が集められない場合でも「野良」と呼ばれる知らない人とプレイすることも可能なので、暇な時間に手軽に議論ゲームをすることができる。

ポケモンソードシールド

新しいポケモンや様々な戦闘システムが盛りだくさんでダイマックスというポケモンが大きくなるというシステムでフォルムがかっこいいところにあります。

今回のテーマはイギリスを舞台にしていまして、イギリスに関するネタが充実しています。例えば、綿花をモチーフにしたヒメンカや紅茶をモチーフにしたポットデスなどイギリスネタで知識欲がわきます。

さらになんといっても、画期的なのが草むらに入ることは変わりませんが、シンボルというポケモンが歩いていて目当てのポケモンが狙いやすくなったことにあります。

まとめ

今回は、ニンテンドースイッチで買って良かったと思うゲームソフトを紹介しました。

スイッチは、2017年3月に発売されて、もう5年も経つのでPS5と比較するとやるゲームは結構多いと思います。

独占タイトルも非常に多いので、ニンテンドースイッチを持ってるなら、色々ゲームをやってみて欲しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる