スイッチでしか出来ないおすすめの独占タイトルは?【ゲームまとめ】

ニンテンドースイッチを購入したら、スイッチでしかプレイすることが出来ない独占タイトルがやりたいところだと思います。

今回は、おすすめの独占タイトルということで、スイッチユーザーがおすすめするソフト紹介をまとめていきます。

どのゲームを購入するか迷ってる方の参考になればと思います。

目次

あつまれ どうぶつの森

のんびりできるゲームなので大好きです。ブームは過ぎた感はありますが、のんびり自分の好きなように無人島をデザインしたり、季節のイベントを楽しんだりと穏やかな気分でゲームができるのでおすすめです。

どうぶつの森シリーズはニンテンドー64やDSなどたくさん発売されていますが、今作は料理が作れたり家具のデザインが多いなど歴代シリーズに比べて長く遊べる要素も多いのではないかと思います。

日常生活に疲れたり、仕事がうまくいかない時などにほどよく現実逃避もできます。

微妙な点といえば、ある程度までやりこんでしまうとそれ以上発展が無く単調なので、飽きる方は飽きるゲームではあります。

スプラトゥーン3

発売すぐに購入し、子供たちと一緒に盛り上がっています。

オンライン対戦ゲームは複数プレイしていますが、スプラはマッチ時間が3分と短いのが良い!

バトルもスピード感がある!フォトナはビクロイまでのバトル時間が長いし、フォールガイズはマッチメイクや画面転換の待ち時間が間伸びしてしまうので、子供と交代でサクッと遊ぶには不向きでした。

スプラはローカルプレイを使えば、友達同士でも遊べるし、通信プレイでチーム戦も出来るし、毎日家族の誰かが長時間遊んでいます。

イチオシポイントは、やっぱりスピード感のあるバトルだと思います。

リングフィット アドベンチャー

ゲームを楽しみながら、思っている以上にハードに体を動かせるところが良いです。

自分がどんな姿になりたいか、あるいはこなせる運動のハードさを細かく選べるので、無理なく効率的かつ効果的に鍛えることができるゲームだと思います。

ただ、専用のリングコンやレッグバンドを含めたソフトの値段はそこそこします。

そして何より結構きついので、続けられない人も多いかも。

そうなるとお金が無駄になるので、ソフトの値段がそこそこするからこそがんばって続けよう。

そう思えるソフトのやや高めな価格設定も、個人的には絶妙だと思いつつ、ハマっています。

マリオカート8DX

おすすめする理由はオンラインでの対戦が充実していることが挙げられます。
インターネット環境さえあれば世界中のプレイヤーと家にいながら対戦することができる事が大きな魅力の一つだと思います。
また、レート戦がある為やり込み要素が非常に高く、ずっとやり続ける事ができるのも良い点です。
また、有料課金制にはなりますが新コースもどんどん追加されており、飽きずにゲームをプレイすることができる点も良いです。
発売日からもう数年経過していますが今なお多くのユーザーがプレイしているのは上記のこのような点が大きいでしょう。

星のカービィ ディスカバリー

一つのソフトで二人でプレイできるので友達と遊ぶのもおすすめです。

二人プレイのときに操作するバンダナワドルディも動きが可愛くてプレイしている間中とにかく癒やされます。

カービィのコピー能力もたくさんあって、ステージを進むのに適度に頭をつかうのでプレイしていて飽きるということがないです。

懐かしいゲームのイメージのカービィですが世界観が現代風にアレンジされているのでとても新鮮な気持ちで楽しくプレイすることができます。

難易度も選べるのでアクションが苦手な私でもクリアできてとても面白かったです。

テトリス99

オンラインを購入しないとできないのですが、テトリス好きな人たちが集まって99人で対決ができて自分の実力がわかるのがいいなとおもいました。

そして、順位が出るので1位をとった時の嬉しさが楽しめるのでいいなと思いました。

1位を2回以上取ったらもっと強い人たちが集まっているグループのところでできるので、テトリスを上達させたい人にはいいなと思いました。

スピードも尋常じゃないくらい早くなるので脳トレにもなってすごく楽しいです。

そして、パスワードを決めてやったら友達とも対決することができて楽しめるのでいいなと思いました。

メトロイド ドレッド

従来のメトロイドと毛色が異なり、サムスを探して追跡してくる、通常は倒せない敵「E.M.M.I.」からの逃亡が恐怖感を掻き立て、それがさらなる面白さを生み出しています。

探索している中での、E.N.M.I.のSEが聞こえてくるとつい身構えてしまい、捕まった時の低確率のパリィの回避にかける緊張感が何よりのエッセンスです。

そのため、今作は難易度が若干高めになっているのでそれが人を選ぶ部分としてはネックかもしれません。

シリーズおなじみの踏破率やアイテム取得率、クリアタイムによる評価とやりこみ要素もあるのでプレイしごたえがある作品であると思います。

ゼノブレイドDE

ゼノブレイドDEはゼノブレイドのリマスターでHD画質になったり追加ストーリーなど決定版ともいえる内容になってます。

やり込み要素も豊富でがっつりRPGをやりたいという人には特にお勧めです。ストーリーも序盤から早く次に進めたいと思わせる内容で伏線回収もお見事。

さらにエンディング後の追加ストーリーも本編ほどではないが並みのRPG作品くらいはあるのでボリュームはたっぷり。

本作はフィールドを歩き回るだけでも楽しめるしフィールドの作り込みが凄いんです。

昼夜の雰囲気の違いを楽しんだり思いがけないルートを発見したりと探索がとにかく楽しい。

天獄ストラグル

乙女ゲームの中でも新作のゲームで発売前から週刊ファミ通の新作クロスレビューでゴールド殿堂入りを受賞していることがまず一つで、声優も攻略キャラ5人中4人は有名声優を起用している。(ちなみにおすすめは石川界人さん)

イラストレーターも有名な乙女ゲームに携わっている「さとい」さんを起用しており、イラストも発売前から期待が高かった。

シナリオも謎解き要素があるような仕様になっているので、全員の攻略を最後まで楽しむ仕様になってる。

ひとつ微妙さを出すなら今流行りの主人公にもボイスを入れて欲しかったと思いました。いいゲームだからこそ

ポケモン アルセウス

野生のポケモンに直接モンスターボールを投げて捕まえることができる点が今までのポケモンにないところで面白かったです。

色違いのポケモンなど見つけるとテンションも上がります。

初心者でも操作も簡単なので楽しめます。もちろん従来のポケモンゲームのようにバトルしてポケモンを捕まえることも出来ます。

微妙な点は、アルセウスというポケモンを捕まえるのにポケモン図鑑を揃えなければならない点です。

揃えるまで同じことの繰り返しで結構大変です。

ポケモンも鍛えてもジムリーダーのとバトルなどもないのであまり積極的にレベル上げもしないです。

ポケットモンスター ソード&シールド

今までのポケットモンスターを遥かに超えるクオリティで、キャラクターたちが立体的になり、主人公を操作するのもとても楽しいです。

ダイマックスというポケモンが巨大化する演出もプレイヤーとしてはかなり熱いです。

風景や街、キャラクターのデザインも個性的かつ綺麗で、ずっと見ていたいほどです。

ライバルとの関係性やストーリーも当時新しいポケットモンスターとして納得のいく仕上がりでした。

ポケットモンスターは初代しかプレイしてない方や、現代っ子で初めてポケットモンスターに触れようとしてる方にもとてもオススメなのがこのSwitchのソード&シールドです。

ポケットモンスター レッツゴーイーブイ

初代ポケモンのフルリメイク。ポケモンGOの要素が取り入れられ、ポケモンを捕まえる楽しさを感じられるゲーム。

簡単操作なので、初代をプレイしていた世代も、これからポケモンを始める世代もどちらも楽しめるようなゲーム。

付属のモンスターボールPlusにポケモンを入れて、持ち歩く事も可能でポケモンGOとも連動している。

ポケモンの可愛らしさを重視したゲームなので、野生ポケモンとのバトルがなく、オンライン対戦などバトル戦略を楽しみにしている人には向かない。

ジョイコンを振ることでボールを投げてポケモンを捕まえるが、左右にポケモンが動いたときはなかなか当たらずストレスを感じた。

まとめ

ニンテンドースイッチは、独占タイトルのゲームが特に多いです。

他にも多数のニンテンドースイッチソフトがあるので、これだけ人気ソフトがあるとスイッチが売れる理由もわかりますね。

Amazonでニンテンドースイッチの現在売れているゲームソフトを探す

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次へ戻る
戦闘へ
目次
閉じる